カナメ先生
大事な資産を年5~7%で安全に増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(17)メリット(9)リスク(10)上級レッスン(47)BLOG(138)掲示板運営者紹介
会社格付ランキング事業者データ比較最新ファンド比較NEW!経営者分析延滞・貸倒

クラウドリース掲示板

[2785] カナメ先生(2019-01-17 15:52:22)
> 2784さん
ありがとうございます。
調べてみたところ昨年5月にも募集していました。
パチ屋系なんですね。
https://www.maneo.jp/apl/fund/detail?fund_id=5300
※投稿ページ : クラウドリース掲示板
[2784] no name(2019-01-17 15:31:23)
クラウドリースとの関係は知らないですが
DM社案件は以前から15億くらいの規模を1〜6ヶ月ものに分けてこれぐらいの金利で定期的に募集してますよ
パチ屋系の認識です
※投稿ページ : クラウドリース掲示板
[2783] カナメ先生(2019-01-17 15:00:17)
maneoで大量のファンド募集が行われています。
リース事業を行っているDM社ってクラウドリースの関連会社でしょうか?
https://www.maneo.jp/apl/fund/detail?fund_id=6792
※投稿ページ : クラウドリース掲示板
[2771] kako(2019-01-16 20:20:08)
3通目のコピペです。
ーーーーーーーーーーーーー
【クラウドリース】本日の分配金額に関しまして (3)
投資家の皆様へ

1月16日の分配金額につきまして、
一部ローンの分配金額が誤って分配されており、
異動明細上に誤った情報が記載されていた件に関しまして、
調査の結果、2019年1月4日に期限の利益を喪失した案件(ローン)の分配額が
加算された金額が表示されておりました。

それにより、MyPageの払戻可能金額の表示にも誤りがございましたので、
大変恐縮ですが、本日10時以降にご依頼いただきました払戻依頼を全てキャンセルとさせていただきます。

また、本件事象の改修作業に伴い、以下のとおりシステムメンテナンスを実施いたします。


■日時
2019年1月16日(水) 20時30分~22時30分

■メンテナンスに伴う影響
サイトの閲覧およびご利用ができなくなります。


なお、メンテナンス終了後は、改修が完了いたしまして、正しい金額が表示されます。

誠にお手数ではございますが、払戻依頼をご希望の投資家様は、
メンテナンス終了後、My Pageにて払戻可能金額をご確認いただき、
改めまして払戻依頼を行っていただきますようお願い申し上げます。

投資家の皆様には多大なご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんが、
ご理解賜りますようお願い申し上げます。

maneoマーケット株式会社

※投稿ページ : クラウドリース掲示板
[2770] kako(2019-01-16 19:04:25)
本日2通目のメールです。
ーーーーーーーーーーーーーー

【クラウドリース】本日の分配金額に関しまして (2)

投資家の皆様へ

1月16日の分配金額につきまして、
一部ローンの分配金額が誤って分配されており、
運用予定表および異動明細上に誤った情報が記載されていた件に関しまして、
継続して原因の詳細を調査中でございます。

それに伴い、誠に申し訳ございませんが、
本日のデポジット入金の反映および払戻依頼のお手続きに関しましては、
対応を行うことが出来ず、正しい情報への改修が完了次第、改めてご連絡させていただきます。

一両日中の復旧に努めておりますので
皆様にはご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんが、
ご理解賜りますようお願い申し上げます。

maneoマーケット株式会社

※投稿ページ : クラウドリース掲示板
[2767] no name(2019-01-16 16:57:36)
私のとこもおかしくなっています。なんか口座残高に期失分が
ほとんどもどっている感じ。やけになったのかしら。
※投稿ページ : クラウドリース掲示板
[2764] no name(2019-01-16 14:40:40)
>>2759
私も確認しました、私はクラリスでいろいろ分散投資(意味無し)
してましたが確かに元本戻ってました、これは18日の発表で詳細が
確かになるとは思いますが、何なのでしょうか・・・・

この際全ての元本を返済して1から出直して低利(3~7%)でも良いから
また再開してくれても良いです。

クラリスは保全措置が3~5の多重保証で投資家を信用させる
手法を採っているようですが、その保全が効いたのでしょうか?

改めて思うのは、SL業者は高利率で投資家を呼び込むことよりも低利でも良いから担保・保証を嘘偽り無く提示し、もしものときの投資家保護を最優先にして運営して欲しいことです、けど現実はそうなってませんよね!?マネオファミリーがいい例です。

今低金利政策で定期預金が0.01レベルなので、少しでも働いて稼いだお金を
より利率の良い商品に投資したいと思うのは当然のことです、政府も「貯蓄から
投資へ!」と煽っていたことは誰でも認識しています、NISAやIDECOなど、
当然ながらSL業界も含まれています、しかし今までの業界の酷さを見てください・・・
グリーンインフラレンディング・ラッキーバンクなど・・・。

ここで気付くのは、延滞・未償還はほとんどが「マネオファミリー」であるということです、統制が利いてないのか、最初から事業を発展させる気がないのか、それとも遠大な年月をかけて最初に信用させて、後に投資資金がさらに集まり、頃合を見計らって一気にはしごを外して大量期失させるのが狙いだったのか、これは詐欺じゃないのかと
疑っています。

私はもう・・・・・・・
この国を信じない、金融庁を信じない、法律を信じない、日本人を信じない。
そう言いたくもなりますよ。

※投稿ページ : クラウドリース掲示板
[2762] kako(2019-01-16 13:52:27)
コピペですが
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1月16日の分配金額に関しまして
1月16日の分配金額につきまして、
一部ローンの分配金額が誤って分配されており、
運用予定表および異動明細上に誤った情報が記載されていることが判明いたしました。

併せて口座情報の「口座残高」、「払戻可能金額」、「新規投資可能金額」にも誤った表記がございます。

ただいま、原因の詳細を調査中でございますので、
状況がわかりしだい改めてご連絡させていただきます。

また、上記に基づき、払戻依頼のお手続きを一時中断しております。

皆様にはご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんが、
ご理解賜りますようお願い申し上げます。

※投稿ページ : クラウドリース掲示板
[2759] no name(2019-01-16 10:43:10)
期失となっていた「2794サマーキャンペーンローンファンド11号 3ヶ月運用②」が、1/16付で元本とも返済されているのですが、どうなっているのでしょうかね?クラウドリースに電話で問い合わせたところ、案件2の分だけはは返済されていますとの事でしたが、間違って戻ってきたのでしょうか?
※投稿ページ : クラウドリース掲示板
[2751] no name(2019-01-16 00:12:43)
ありがとうございます。
[2746] なぜ一気に期失になったかの回答(2019-01-15 19:32:11)
延滞の経緯につきましては、メールにてお伝えした内容でしか現在のところお伝えができずにおります。
その内容を改めてお伝えいたしますと、クラウドリース社のファンド成立における金額や成立までの期間といった資金調達環境の変化を受けて、
クラウドリース社としても代替対応をしてまいりましたが、最終資金需要者の追加のファンド資金の募集につきましては、対応がしきれない状況となりました。

その前提として、一部の資金需要者である中小企業者は、運転資金として、
クラウドリースの関係会社から一定の金額の資金調達を定期的に継続することで事業運営の安定性を確保しておりましたので、
その中で今回ファンド募集含めて資金調達に影響がでてまいりました。

事業者の中には、審査上継続してファンド募集をすることが可能な案件ももちろんございますが、
全体の案件を満額成立させるだけのファンド募集ができなくなり、今回のような延滞の措置となりました。

今後につきましては、クラウドリース社及びその関係会社の事業者M、事業者Fと協力し、
一刻も早く投資資金の回収が図れるよう努めてまいります。

あわせてお示したしたように継続して投資家の皆様に状況を報告してまいります。

※投稿ページ : クラウドリース掲示板
[2723] no name(2019-01-14 18:58:49)
マネマの情報統制がすごい。今までクラウドリース本社に直接かけたことがあったがファンドの内容について説明問い合わせてもきちんと答えてもらえていた。
だが今回、クラウドリースに直接問い合わせてもマネマとの取り決めでクラウドリースが直接答えることはできないのでマネマ側に問い合わせるよう言われた。
ただマネマの電話番は困るとダンマリ、最後は自分では回答できる立場にいないと説明責任放棄。延滞起こしたこともそうだがそれと同じくらい投資家への態度の悪さに腹が立ちます
※投稿ページ : クラウドリース掲示板
[2674] no name(2019-01-12 16:05:07)
遅延対象となった最終資金需要者は11社ということで複数社が被弾となりました。
ほぼ同業種の会社ですが、地域も規模も様々だったはず、どうして同時期に期失となるのか疑問です。アミューズメント業界は全てこうなる運命か。最終貸付先がわかるようにならないと分散もできない。
[2671] M(2019-01-12 11:12:39)
初めてのソーシャルレンディグ投資、最悪!昨年12月からの投資で、まだ分配もらってません、これからどうなる?私の大半財産、泣きたい。利子はいいから、元本だけで早く返して欲しい。
※投稿ページ : クラウドリース掲示板
[2657] コロ助(2019-01-11 20:02:57)
自分も2017年秋からマネオの実績、回収率100%を信じて投資した者です。グリフラ、ガイヤ、クラウドリースと全部被弾。1700万弱ほど返ってきません。
一度NHKをぶっ壊せの立花孝志先生に相談しますか?
マネオをぶっ壊してくれると思いますが。
YouTubeに流したり色々と事を大きくしてくれると思いますが。弁護士より立花先生の方が信頼出来るんじゃないでしょうか?
ご迷惑なら削除してください。
ご意見宜しくお願いします。
※投稿ページ : クラウドリース掲示板
[2643] no name(2019-01-10 22:57:48)
株やFXより安心と思っていたので、気分的にはラキバンで被弾してガイアで瀕死になった所をクラリでトドメをさされた感じ。
いくら分散投資しても、これだけ立て続けに起きると「うんざり」です。
とりあえず毒ガエルGrからは撤退。クラバン、クラリ、SBIへの新規投資も見送り予定。
※投稿ページ : クラウドリース掲示板
[2636] カナメ先生(2019-01-10 12:55:21)
本当です。現時点で把握できた最終資金需要者別の遅延額を掲載しておきました。
合計25.7億円あります。
[2635] no name(2019-01-10 12:50:23)
初めてのソシャレで100万の被弾・・勉強と割り切っても
痛い。回収見込みあるんでしょうかね・・?
※投稿ページ : クラウドリース掲示板
[2634] るーく(2019-01-10 12:32:20)
これ、本当ですか?
くらからは遅延した額は3.5億と言われてますが。
[2620] no name(2019-01-09 23:30:33)
クラウドリースでも大規模延滞発生ですか。
担保があいまいな案件はやるべきじゃない

ていうか、SBI銀行でも融資の改ざん発覚!
SBISLに影響ない!?
https://www.asahi.com/articles/ASM184CHLM18UUPI003.html

※投稿ページ : クラウドリース掲示板
[2612] カナメ先生(2019-01-09 22:16:22)
メール転載ありがとうございます。
非常に助かります。
※投稿ページ : クラウドリース掲示板
[2610] no name(2019-01-09 22:12:53)
メールコピペしすぎて事業者PAが他のメールに残っとるがなw
※投稿ページ : クラウドリース掲示板
[2609] ひさめっち(2019-01-09 22:06:43)
◯クラウドリース
PAも追加であぼーんメールきました・・・
※投稿ページ : クラウドリース掲示板
[2605] no name(2019-01-09 21:23:04)
以下の案件があぼーん(21:20時点)

◯クラウドリース
ME社、TC社、DB社、C社、MC社

◯キャッシュフローファイナンス
千葉県我孫子市 不動産ローンファンド(3、7、10号)

※投稿ページ : クラウドリース掲示板
[2604] kako(2019-01-09 21:21:26)
クラウドリース続々の最後の部分です。
ーーーーーーーーーーーーーーー
LLP(有限責任事業組合)が、売上金からの粗利の管理を行います。
運転資金等の融資については、その融資の保全策として事業者Cの代表者を連帯保証人とし、公正証書による金銭消費貸借契約を締結いたしました。
公正証書での契約をすることで、返済ができない場合には裁判を行わず、強制執行を行うことができますので、事業者Cにとって返済へのプレッシャーを与える効果がございます。
また、融資金額全てをカバーすることができないことから募集金額に対する保守的観点から担保なしと表記しておりますが、
事業者Cが所有する不動産に根抵当権1順位設定をしております。
以上二つのスキームによる資金支援に取り組んで参りましたが、この数か月間の資金調達環境の影響もあり、
最終資金需要者の資金ニーズに即応できるだけのファンド募集がしがたい状況となって参りました。
かかる状況を踏まえまして、CrowdLease社としては、投資家の皆様からのファンド資金に加えて、
別ルートによりCrowdLease社が調達した資金を原資とするといった代替対応策を採りながら、
事業者Cを含む最終資金需要者の資金ニーズに対応し、資金支援を行ってまいりました。
しかしながら、資金調達環境の変化については更に急激なものとなって参りました。
これを受け、2018年12月以降はCrowdLease社としても新規ファンド募集に係る審査を継続しつつも、
事業者Cを含む数社の最終資金需要者に対しては、事業者Fを介して、新規ファンド募集以外の別ルートでの資金調達を促す等の対応もして参りました。
事業者Cからは、支払猶予等の申し入れもございましたが、そもそも、事業者Fによる対象設備の購入原資はファンド資金に由来するとの性質上、
上記申し入れは応諾いたしがたいものであり、1月4日の支払期日が迫る中で代替案の検討に十分な時間的余裕もないまま、
結果として、1月4日時点で一部の期日の支払がなく、総額での延滞の取り扱いとなりました。

3.回収の見込み
上記2にも記しましたが、事業者Cから事業者Fに対して、事業収益による長期での分割支払いの申し出がありました。
事業者Fは、事業者Cに対し、1月16日を目途に支払計画を提出するよう要請しております。
事業者Cからの提示があり次第、内容を精査し、その諾否を検討いたします。
なお、念のため申し添えますが、事業者Cは倒産等の法的整理はしておらず、今後も営業を継続する意向です。
本件の投資回収につきまして、事業者Fが取り得る方法は、募集時にお伝えしたように以下(1)~(4)が想定されます。
(1)事業者Cの事業が継続されることを前提とした連帯保証人であるLLP(有限責任事業組合)からの回収
(2)事業者Fが所有する対象動産を第三者に売却したうえで、その売却代金からの回収
(3)担保権を実行し、担保不動産を競売にかけることにより融資資金を回収
(4)事業者Cの代表者連帯保証人からの回収
CrowdLease社は、事業者Cから提示を受ける予定の支払計画を精査し、事業者Fと協議したうえで対応方針を決定する予定です。
maneoマーケット社は、CrowdLease社に対して、投資家への定期的な回収状況の報告と回収促進を継続して要請して参ります。
投資家の皆様には一刻も早く分配が行えるよう、また、回収の最大化が図れるよう、上記の回収方法の実行状況とともに、お伝えすべき事実につきまして、速やかにメールやホームページで報告いたします。


4.今後の状況報告について
(1)支払い計画の提出を受けて内容を精査した後の1月18日を目途に、再度、状況のご報告をさせていただきたく存じますが、
仮に提出がなくとも、少なくとも同日には、一度状況をご報告いたします。
(2)回収の進捗状況等につきましては、(1)以降、定期的にメールにてご報告いたします。

該当しない投資家の皆様には
(1)「返済実績一覧」ページの「延滞債権/デフォルト債権一覧はこちら」にて状況報告をさせていただきます。
(2)また、(1)に加えて状況報告することが適当と考えられる事項が生じた場合には、「お知らせ」にてお伝えさせていただく予定です。

5.その他
該当投資家の皆様の「MyPage」内の「運用予定表」には2019年1月9日までは「正常」と表示されます。
2019年1月10日以降は「期失」と表示されます。
「返済実績一覧」ページの「ローンファンド運用状況」の該当ページも、2019年1月9日までは「運用中」と表示されます。
2019年1月10日以降は「期失」と表示されます。
上記「1.融資案件の概要」の案件のうち、案件名【事業者M社向け 第188弾】事業性ローンへの投資(4ヵ月物)につきましては、
2019年1月4日の債務者からの利息の入金はございましたが、元金の返済がなされず延滞となりました。
なお、1月4日に入金となりました利息につきましては、1月24日の分配を予定しております。
その他の案件につきましては、2019年1月4日の債務者からの元利金の未回収が発生し、
期限の利益を喪失しましたので、2019年1月16日の分配日には、分配は行われません。

投資家の皆様には、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
今後、全力で回収に努め、進捗をご報告いたします。

2019年1月9日
株式会社Crowd Lease(営業者)
maneoマーケット株式会社(第二種金融商品取引業者)

※投稿ページ : クラウドリース掲示板
[2601] kako(2019-01-09 21:15:35)
クラウドリース続々です。
ーーーーーーーーーーーーーーー
投資家の皆様へ

いつもクラウドリースをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
この度、下記融資案件につきまして、2019年1月4日の元利金の未回収が発生いたしました。
期限の利益を喪失した対象ファンドの詳細と今後の債務者からの回収、及び投資家の皆様への分配について、以下のとおりご報告させていただきます。

1.融資案件の概要
ファンド名 不動産担保付きローンファンド 第11弾 1号
案件名 【事業者F社向け 第105弾】事業性割賦販売ローンへの投資(12ヵ月物)
ファンドID 1607
貸付実行日 2017年12月25日
融資金額 6,000,000
最終返済日 2019年1月4日
URL https://www.crowdlease.jp/fund/detail?fund_id=1607
残高 6,000,000

ファンド名 不動産担保付きローンファンド 第14弾 1号~2号
案件名 【事業者F社向け 第112弾】事業性割賦販売ローンへの投資(11ヵ月物~12ヵ月物)
ファンドID 1728~1729
貸付実行日 2018年1月25日
融資金額 12,000,000
最終返済日 2019年1月31日
URL https://www.crowdlease.jp/fund/detail?fund_id=1728 他
残高 12,000,000

ファンド名 不動産担保付きプレミアムローンファンド【第5弾】1号~3号
案件名 【事業者F社向け 第124弾】事業性割賦販売ローンへの投資(10ヵ月物~12ヵ月物)
ファンドID 1902~1904
貸付実行日 2018年2月26日
融資金額 30,000,000
最終返済日 2019年2月28日
URL https://www.crowdlease.jp/fund/detail?fund_id=1902 他
残高 30,000,000

ファンド名 不動産担保付きプレミアムローンファンド【第6弾】第1次募集~第6次募集
案件名 【事業者F社向け 第129弾】事業性割賦販売ローンへの投資(12ヵ月物)第1次募集~第6次募集
ファンドID 1997~2002
貸付実行日 2018年3月26日
融資金額 75,000,000
最終返済日 2019年4月1日
URL https://www.crowdlease.jp/fund/detail?fund_id=1997 他
残高 75,000,000

ファンド名 ホワイトデーキャンペーンローンファンド1号 第1次募集~第6次募集
案件名 【事業者F社向け 第131弾】事業性割賦販売ローンへの投資(12ヵ月物)第1次募集~第6次募集
ファンドID 2013~2018
貸付実行日 2018年3月26日
融資金額 75,000,000
最終返済日 2019年4月1日
URL https://www.crowdlease.jp/fund/detail?fund_id=2013 他
残高 75,000,000

ファンド名 プレミアムキャンペーンローンファンド73号 3ヵ月運用~12ヶ月運用
案件名 【事業者F社向け 第180弾】事業性割賦販売ローンへの投資(3ヵ月物~12ヵ月物)
ファンドID 2814、2865~2873
貸付実行日 2018年9月25日
融資金額 80,000,000
最終返済日 2019年9月30日
URL https://www.crowdlease.jp/fund/detail?fund_id=2814 他
残高 80,000,000

ファンド名 プレミアムキャンペーンローンファンド76号 第1次募集~第15次募集
案件名 【事業者F社向け 第186弾】事業性割賦販売ローンへの投資(2ヵ月物~12ヵ月物)
ファンドID 2966、2977~2985、3030~3033、3049
貸付実行日 2018年10月25日、31日、11月5日、13日
融資金額 79,971,606
最終返済日 2019年10月31日
URL https://www.crowdlease.jp/fund/detail?fund_id=2966 他
残高 79,971,606

ファンド名 成立ローン150億円突破記念ローンファンド【第1弾】1号~10号
案件名 【事業者F社向け 第195弾】事業性割賦販売ローンへの投資(3ヵ月物~12ヵ月物)
ファンドID 3072、3086~3094
貸付実行日 2018年11月26日
融資金額 100,000,000
最終返済日 2019年12月2日
URL https://www.crowdlease.jp/fund/detail?fund_id=3072 他
残高 100,000,000

ファンド名 夏祭りローンファンド【第1弾】15号
案件名 【事業者M社向け 第188弾】事業性ローンへの投資(4ヵ月物)
ファンドID 2692
貸付実行日 2018年8月27日
融資金額 5,000,000
最終返済日 2019年1月4日
URL https://www.crowdlease.jp/fund/detail?fund_id=2692
残高 5,000,000

2.経過
本件では、CrowdLease社の関連会社である事業者F(以下、事業者F)に対し、
事業者C所有の営業用動産設備(以下、対象動産)の買取資金を融資するため、
総額4億5,797万1,606円を、同じくCrowdLease社の関連会社である事業者M(以下、事業者M)に対し、
事業者Cに運転資金等の融資を行うための資金として総額500万円を募集させていただきました。
改めて本件二つの資金支援スキームをご説明いたします。
営業用設備の買取資金については、事業者Cから対象動産を商社経由で事業者Fが買い取ります。
事業者Fは事業者Cに対して同一の対象動産を割賦にて販売する内容の売買契約を締結致します。
この代金を事業者Cが支払い終えるまでは、事業者Fが対象動産の所有権を持つことになります。
事業者Cにとりましては、対象動産を一度売却したことにより売買代金を得る事で、
対象動産の使用を継続したままに、バランスシートの圧縮をしながら資金調達に相当する効果を得ることになります。
売買代金を支払い終えるまでの間、事業者PAの借入の連帯保証人である

※投稿ページ : クラウドリース掲示板
[2600] kako(2019-01-09 21:02:48)
クラウドリース続きです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
結果として、1月4日時点で一部の期日の支払がなく、総額での延滞の取り扱いとなりました。

3.回収の見込み
上記2にも記しましたが、事業者DBから事業者Mに対して、事業収益による長期での分割支払いの申し出がありました。
事業者Mは、事業者DBに対し、1月16日を目途に支払計画を提出するよう要請しております。
事業者DBからの提示があり次第、内容を精査し、その諾否を検討いたします。
なお、念のため申し添えますが、事業者DBは倒産等の法的整理はしておらず、今後も営業を継続する意向です。
本件の投資回収につきまして、事業者Fが取り得る方法は、募集時にお伝えしたように以下(1)~(3)が想定されます。
(1)事業者DBの事業が継続されることを前提とした連帯保証人であるLLP(有限責任事業組合)からの回収
(2)担保を設定している動産設備の外部への売却資金からの回収
(3)事業者DBの代表者及びグループ会社及び第三者の連帯保証人への請求による回収
CrowdLease社は、事業者DBから提示を受ける予定の支払計画を精査し、事業者Fと協議したうえで対応方針を決定する予定です。
maneoマーケット社は、CrowdLease社に対して、投資家への定期的な回収状況の報告と回収促進を継続して要請して参ります。
投資家の皆様には一刻も早く分配が行えるよう、また、回収の最大化が図れるよう、上記の回収方法の実行状況とともに、
お伝えすべき事実につきまして、速やかにメールやホームページで報告いたします。

4.今後の状況報告について
(1)支払い計画の提出を受けて内容を精査して後の1月18日を目途に、再度、状況のご報告をさせていただきたく存じますが、仮に提出がなくとも、少なくとも同日には、一度状況をご説明いたします。
(2)回収の進捗状況等につきましては、(1)以降、定期的にメールにてご報告いたします。

該当しない投資家の皆様には
(1)「返済実績一覧」ページの「延滞債権/デフォルト債権一覧はこちら」にて状況報告をさせていただきます。
(2)また、(1)に加えて状況報告することが適当と考えられる事項が生じた場合には、
「お知らせ」にてお伝えさせていただく予定です。

5.その他
該当投資家の皆様の「MyPage」内の「運用予定表」には2019年1月9日までは「正常」と表示されます。
2019年1月10日以降は「期失」と表示されます。
「返済実績一覧」ページの「ローンファンド運用状況」の該当ページも、2019年1月9日までは「運用中」と表示されます。
2019年1月10日以降は「期失」と表示されます。
上記「1.融資案件の概要」の案件につきましては、2019年1月4日の債務者からの元利金の未回収が発生し、
期限の利益を喪失しましたので、2019年1月16日の分配日には、分配は行われません。

投資家の皆様には、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
今後、全力で回収に努め、進捗をご報告いたします。

2019年1月9日
株式会社Crowd Lease(営業者)
maneoマーケット株式会社(第二種金融商品取引業者)

※投稿ページ : クラウドリース掲示板
[2599] kako(2019-01-09 20:58:54)
クラウドリースです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
投資家の皆様へ

いつもクラウドリースをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
この度、下記融資案件につきまして、2019年1月4日の元利金の未回収が発生いたしました。
期限の利益を喪失した対象ファンドの詳細と今後の債務者からの回収、及び投資家の皆様への分配について、以下のとおりご報告させていただきます。

1.融資案件の概要
ファンド名 ウィンターキャンペーンローンファンド3号 12ヶ月運用
案件名 【事業者M社向け 第108弾】事業性ローンへの投資(12ヵ月物)
ファンドID 1677
貸付実行日 2017年12月28日
融資金額 8,500,000
最終返済日 2019年1月4日
URL https://www.crowdlease.jp/fund/detail?fund_id=1677
残高 8,500,000

ファンド名 成立ローン70億円突破記念ローンファンド【第2弾】1号~2号
案件名 【事業者M社向け 第114弾】事業性ローンへの投資(11ヵ月物~12ヵ月物)
ファンドID 1800~1801
貸付実行日 2018年1月30日
融資金額 17,000,000
最終返済日 2019年1月31日
URL https://www.crowdlease.jp/fund/detail?fund_id=1800 他
残高 17,000,000

ファンド名 不動産設備賃貸事業ローンファンド【第1弾】1号~3号
案件名 【事業者M社向け 第125弾】事業性ローンへの投資(10ヵ月物~12ヵ月物)
ファンドID 1923~1925
貸付実行日 2018年2月28日
融資金額 30,000,000
最終返済日 2019年2月28日
URL https://www.crowdlease.jp/fund/detail?fund_id=1923 他
残高 30,000,000

ファンド名 不動産設備賃貸事業ローンファンド【第2弾】1号~4号
案件名 【事業者M社向け 第137弾】事業性ローンへの投資(9ヵ月物~12ヵ月物)
ファンドID 2053~2056
貸付実行日 2018年3月30日
融資金額 40,000,000
最終返済日 2019年4月1日
URL https://www.crowdlease.jp/fund/detail?fund_id=2053 他
残高 40,000,000

ファンド名 不動産設備賃貸事業ローンファンド【第3弾】1号~6号
案件名 【事業者M社向け 第147弾】事業性ローンへの投資(12ヵ月物)第1次募集~第6次募集
ファンドID 2148~2153
貸付実行日 2018年4月27日
融資金額 60,000,000
最終返済日 2019年4月30日
URL https://www.crowdlease.jp/fund/detail?fund_id=2148 他
残高 60,000,000

ファンド名 成立ローン100億円突破記念ローンファンド【第4弾】1号~6号
案件名 【事業者M社向け 第163弾】事業性ローンへの投資(7ヵ月物~12ヵ月物)
ファンドID 2324、2327~2331
貸付実行日 2018年5月31日
融資金額 36,000,000
最終返済日 2019年5月31日
URL https://www.crowdlease.jp/fund/detail?fund_id=2324 他
残高 36,000,000

ファンド名 プレミアムキャンペーン ローンファンド69号 第1次募集~第7次募集
案件名 【事業者M社向け 第172弾】事業性ローンへの投資(6ヵ月物~12ヵ月物)
ファンドID 2477~2483
貸付実行日 2018年6月29日
融資金額 42,000,000
最終返済日 2019年7月1日
URL https://www.crowdlease.jp/fund/detail?fund_id=2477 他
残高 42,000,000

ファンド名 サマーキャンペーンローンファンド6号 第1次募集~第10次募集
案件名 【事業者M社向け 第185弾】事業性ローンへの投資(4ヵ月物~12ヵ月物)
ファンドID 2602、2615~2622、2638
貸付実行日 2018年7月31日、8月10日
融資金額 39,990,100
最終返済日 2019年7月31日
URL https://www.crowdlease.jp/fund/detail?fund_id=2602
残高 39,990,100


2.経過
本件では、CrowdLease社の関連会社である事業者M(以下、事業者M)に対し、
事業者DBに運転資金等の融資を行うための資金として総額2億7,349万100円を募集させていただきました。
その融資の保全策として事業者Mは、事業者DBが所有する動産設備(以下、対象動産)に譲渡担保を設定し、代表者をはじめとして、
グループ会社やLLP(有限責任事業組合)及び第三者の連帯保証人により保全を固め、約束手形を徴収することで返済の強制力を高めた上で、
公正証書による金銭消費貸借契約を事業者DBと締結して融資を実行いたしました。
完済までの間、事業者DBの借入の連帯保証人であるLLPが、事業者DBの売上金からの粗利の管理を行います。
以上の事業スキームによる資金支援に取り組んで参りましたが、この数か月間の資金調達環境の影響もあり、
最終資金需要者からの資金ニーズに即応できるだけのファンド募集がしがたい状況となって参りました。
かかる状況を踏まえまして、CrowdLease社としては、投資家の皆様からのファンド資金に加えて、
別ルートによりCrowdLease社が調達した資金を原資とするといった代替対応策を採りながら、
事業者DBを含む最終資金需要者の資金ニーズに対応し、資金支援を行ってまいりました。
しかしながら、資金調達環境の変化については更に急激なものとなって参りました。
これを受け、2018年12月以降はCrowdLease社としても新規ファンド募集に係る審査を継続しつつも、
事業者DBを含む数社の最終資金需要者に対しては、事業者Mを介して、新規ファンド募集以外の別ルートでの資金調達を促す等の対応もして参りました。
事業者DBからは、支払猶予等の申し入れもございましたが、そもそも、事業者Mによる運転資金融資の原資はファンド資金に由来するとの性質上、
上記申し入れは応諾いたしがたいものであり、1月4日の支払期日が迫る中で代替案の検討に十分な時間的余裕もないまま、

※投稿ページ : クラウドリース掲示板
[2595] no name(2019-01-09 20:25:13)
はいキター!
クラウドリースはじまったー!
※投稿ページ : クラウドリース掲示板
[2135] カナメ先生(2018-12-17 13:35:41)
武谷さんのFacebookページ存在していました。
facebookにログインしていないと見れないのかもしれません。
[2126] no name(2018-12-16 15:02:18)
グリフラ・マネマの処分後にマネオの期失、CFFの期失、
さらにはガイアの全期失が起こってることを考えれば、
金融庁の検査はグリフラのみに行われたと考えるのが妥当。
グリフラ以外のマネオファミリーは検査が行われていなものとして
投資の可否を考察しないと非常に危険。
[2125] no name(2018-12-16 13:50:18)
集めた資金が別に流れていたらマネマ処分
の時にとっくに公表されているのでは?
[2120] カナメ先生(2018-12-15 16:52:18)
情報ありがとうございます。
後で修正しておきます。
[2071] no name(2018-12-13 16:52:20)
>ちなみに武谷さんは2011年8月30日からFacebookで情報を公開しています。

リンク切れの表示が出ています、もうFacebookを辞められたのかもしれません。
マネオファミリーの代表陣はどんどん情報発信に消極的になっているので、
色々と心配です。

[1079] カナメ先生(2018-11-15 12:54:13)
みんクレのように詐欺的な行為(計画的なサービサーへの売却)をされてしまうと無意味になってしまいますが、通常のケースで無意味ということはないと思います。
[1077] 幸福賢者(2018-11-15 10:07:33)
>連帯保証人が設定されていることで、「みんクレ」や「グリフラ」のような事件の可能性を減らすことができます。

みんクレも代表者連帯保証が付いてましたので、連帯保証人がいるからといって違いが出るものではないと思います。

ソーシャルレンディング格付けランキング
SBIソーシャルレンディング
情報共有のお願い