カナメ先生
大事な資産を年5~7%で安全に増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(17)メリット(9)リスク(10)上級レッスン(41)BLOG(118)掲示板運営者紹介
会社格付ランキング各社データ比較最新ファンド一覧経営者分析延滞・貸倒評判

SBIソーシャルレンディングの安全性と評価

投稿日:2018年7月2日 | 更新日:2018年10月23日 | 執筆者:カナメ先生

圧倒的な信頼性と十分な利回りを誇るベストサービス

安全性A+SBIソーシャルレンディングの公式ホームページ

SBIソーシャルレンディングのトップ画面

基本情報

運営SBIソーシャルレンディング株式会社
設立2008年1月(サービス開始は2011年3月)
住所東京都港区六本木一丁目6番1号
株主 SBI FinTech Solutions株式会社の100%子会社
(SBI FinTech SolutionsはSBIホールディングスの77.5%子会社)
役員 [代表取締役] 織田 貴行
[取締役] 渡部 一貴
[取締役] 佐藤 聡
[監査役] 阿部 純一郎
利回り6.5~9.0%(目安)
手数料1.0~2.0%(平均 1.26%)
口座種類都度入金
入金銀行三井住友銀行
行政処分なし

特徴(1) 圧倒的な信頼性

SBIグループというブランド力で、圧倒的な信頼性を誇るソーシャルレンディング会社です。素っ気ないデザインのWEBサイトの評判はイマイチですが、丁寧で見やすい情報公開に好感が持てます。

2018年1月に募集開始したファンドからは、定期的な「ファンド報告書」を受け取れるようになりました。また、貸借対照表と損益計算書も公開しており、2018年3月期では黒字化を果たしています。

特徴(2) バランスの良い商品構成

・オーダーメード型ローンファンド(6.5%~9.0%)
・不動産担保ローン事業者ファンド(3.2%~4.7%)
・カンボジア技能実習生支援ローンファンド(10%)

現時点では上記3ファンドを提供しています。高利回りが魅力の「オーダーメード型」、気軽に投資できる「不動産担保ローン」、ソーシャルレンディングの可能性に挑戦した「カンボジア支援」と、非常にバランスの良い構成になっています。

特徴(3) オーダーメード型ローンファンドが主軸

とにかく「オーダーメード型ローンファンド」が人気です。他ソーシャルレンディング会社が提供する案件に劣らない6.5~9.0%の利回りに加えて、SBIグループの圧倒的な信頼性があるので当然のことです。

以前は開始2~3分で完売することもありましたが、最近は募集規模が大きくなったことも影響して、募集開始から数日間は投資できるようになりました。募集開始日は、当サイトのTOPページ、SBIソーシャルレンディング公式のTwitte、メールなどで事前に知ることができます。

特徴(4) 投資するたびに入金する必要がある

SBIソーシャルレンディングにはmaneoのようなデポジット口座がありません。そのため、投資するたびに資金を入金する必要があります。私の利用している「住信SBIネット銀行」であれば、条件に応じて振込手数料が無料になります。

デポジット口座が無いというのは少々面倒でもありますが、リスク対策の面から考えるとプラス要因となります。

特徴(5) 延滞時の誠実な対応で信頼度アップ

SBIソーシャルレンディングは2018年7月9日に延滞を報告しています。しかし、十分に回収可能な担保があること(融資割合70%程度)と、頻繁かつ丁寧な情報公開により、投資家の評価は延滞発生前よりも上がっています。

ソーシャルレンディング投資において延滞や貸し倒れは必ず発生することです。大切なのはその際にソーシャルレンディング事業者が迅速かつ誠実な対応をしてくれることです。

私の見解

私はSBIソーシャルレンディングに3,450万円以上を投資しています。単純に安全性で考えると「オーナーズブック」には劣るかもしれませんが、6.5~9.0%の案件を扱う会社の中では断トツの安心感です。

安全性A+SBIソーシャルレンディングの公式ホームページ
口座開設に不慣れな方は「口座開設の手順と所要時間」を参考にしてください。

関連記事:SBIソーシャルレンディング

織田貴行さんの経歴・評判 | SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディングの口座開設手順
SBIソーシャルレンディングが業界1位に!融資残高300億円突破
NEW!(12月11日)
SBIソーシャルレンディングの進化が止まらない
SBISLで投資すべきファンドはどれ?おすすめ案件ランキング
SBISLかけはしシリーズの玄海インベストメントアドバイザーを徹底解説
SBIソーシャルレンディングの案件が利回り上昇した理由
SBIソーシャルレンディングはノンリコースローンとは無縁
私が「SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus19号」を購入する理由
SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus18号についての見解
SBISL不動産ディベロッパーズローンファンド6号についての見解
SBIソーシャルレンディングの新規募集案件を分析 2018年8月分
ソシャレンとは?SBIソーシャルレンディングがテレビCMを開始
SBISLメガソーラーブリッジローンファンド15号が不成立だった理由
SBIソーシャルレンディング・法人口座の作り方

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディングへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
1 SBIソーシャルレンディングの安全性と評価
2 オーナーズブックの安全性と評価
3 クラウドクレジットの安全性と評価
4 クラウドバンクの安全性と評価
5 CREAL(クリアル)の安全性と評価
6 LCレンディングの安全性と評価
7 FANTAS funding(ファンタス)の安全性と評価
8 LENDEX(レンデックス)の安全性と評価
9 Renosyクラウドファンディングの安全性と評価
10 タテルファンディング(TATERU)の安全性と評価
11 maneo(マネオ)の安全性と評価
12 クラウドリースの安全性と評価
13 SAMURAI(サムライ)の安全性と評価
14 トラストレンディングの安全性と評価
一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
ソーシャルレンディング格付けランキング
SBIソーシャルレンディング
Twitter