カナメ先生
大事な資産を年5~7%で安全に増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(18)メリット(9)リスク(10)上級レッスン(55)BLOG(156)掲示板運営者紹介
SL事業者格付ランキング事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒
最新ファンド横断比較Pick本当の利回り計算機New資産運用シミュレーター

ソーシャルレンディング各社の運用期間の比較

運用期間に対する考え方

まずは簡単に長期運用期間のメリットとデメリットを説明します。一言で言えば「利回りや手間の面でメリットがあるが、小回りが利かなくなる」ということです。

メリット ・表面利回りと実質利回りが近い数値になる。
・投資案件を選ぶ手間が少なくて済む。
デメリット ・経済状況の変化への対応速度が遅れる。
・トラブル発生時の資金引き上げに時間がかかる。
・投資方針変更を反映させるまでに時間がかかる。

私は「中利回り×不動産担保あり×運用期間1年以上」という長期運用スタイルを中心にしています。ソーシャルレンディング初心者の方、高利回り案件が好きな方、とにかく安全性を重視する方には短期運用をオススメします。

平均運用期間ランキング

過去3ヶ月間の募集案件データを集計した数値です。

※集計期間:2018年11月29日~2019年2月28日

会社名 平均
運用期間
平均
利回り
月平均
募集額
月平均
件数
1案件
募集額
オーナーズブックのロゴ
25.4ヶ月 4.43% 8.6億 5.0 1.73億
クラウドクレジットのロゴ
21.2ヶ月 9.16% 5.7億 32.0 0.18億
SBIソーシャルレンディングのロゴ
18.2ヶ月 7.91% 25.1億 3.7 6.85億
SAMURAIのロゴ
13.8ヶ月 7.21% 0.4億 4.0 0.09億
LENDEXのロゴ
11.8ヶ月 7.40% 0.5億 1.7 0.27億
ポケットファンディングのロゴ
10.4ヶ月 6.62% 0.4億 6.0 0.07億
maneoのロゴ
10.0ヶ月 7.25% 24.3億 102.3 0.24億
Fundsのロゴ
10.0ヶ月 4.33% 0.3億 1.3 0.26億
CREALのロゴ
9.8ヶ月 4.16% 4.8億 3.0 1.62億
クラウドバンクのロゴ
9.0ヶ月 6.82% 17.0億 94.7 0.18億
LCレンディングのロゴ
6.7ヶ月 5.95% 8.4億 28.0 0.30億
クラウドリースのロゴ
5.5ヶ月 11.31% 1.6億 30.3 0.05億
FANTASのロゴ
5.5ヶ月 8.35% 0.6億 5.7 0.11億
Renosyのロゴ
3.0ヶ月 8.00% 0.1億 0.3 0.15億
TATERUのロゴ
- - - - -
トラストレンディングのロゴ
- - - - -

ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ
1 利回り比較ランキング
2 募集額の比較ランキング
3 運用期間の比較
4 募集件数の比較
5 デポジット口座の有無
6 ファンド手数料の比較
7 出金手数料の比較
8 振込先銀行の一覧
9 決算発表カレンダー
10 監査法人の一覧
11 サービス開始時期の一覧
一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
ソーシャルレンディング格付けランキング
SBIソーシャルレンディング
情報共有のお願い