カナメ先生
大事な資産を年5~7%で安全に増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(17)メリット(9)リスク(10)上級レッスン(41)BLOG(119)掲示板運営者紹介
会社格付ランキング各社データ比較最新ファンド一覧経営者分析延滞・貸倒評判

SBIソーシャルレンディングの延滞&貸し倒れ案件まとめ

投稿日:2018年10月15日 | 更新日:2018年11月1日 | 執筆者:アキユキ
延滞&貸し倒れ レポート
SBIソーシャルレンディングの延滞対応に対する評価のポイント
回収の進捗を逐一報告してくれる誠実な姿勢
大規模延滞を素早く解決したという実績
怪しい会社に貸し付けていた事もあり油断は禁物

SBIソーシャルレンディングの延滞に対する対応は非常に素晴らしいと言えるでしょう。

2018年7月の不動産バイヤーズローンにおける延滞発生時には、素早く投資家へ報告を行い、その後も逐一進捗を報告しています。 約30億円という大規模な延滞案件でありながらも、延滞発生から約4ヶ月後には貸付額の90%近い金額を償還し、投資家を驚かせました。

現在、不動産バイヤーズローンでは7案件中4件が元本相当額の償還。2件が元本割れでの償還。1件が延滞中となっています。延滞したまま回収できずにいる事業者が多い中、例え元本割れであっても素早く償還させたと言う実績がSBISLの評価を大きく上げました。

SBIソーシャルレンディングに不安材料があるとすれば、不動産バイヤーズローンで延滞を起こした会社が「トウキョウ運河」だったという所です。

少し調べると「トウキョウ運河」という会社の代表である佐藤哲也氏に関する怪しい情報が出てきます。そのような会社に貸付審査を通してしまったという事実は、SBIソーシャルレンディングの落ち度と言っても良いでしょう。

今回の失敗を糧に、今後は厳重な審査体勢の整備を期待したいところです。

▼ 詳細は以下へ続きます ▼
これまでに起きた延滞(2018年11月1日調べ)

これまでにSBISLでは、下記の3ファンドで延滞が発生しています。

① 不動産バイヤーズローン(7案件)
② 証券担保ローン(1案件)
③ カンボジア技能実習生支援ローン(7案件)

以下では、SBISLのサイトに掲載されている各延滞案件に関する現在の運用状況を簡単にまとめます。

① 不動産バイヤーズローン(2018年11月1日調査)

今回の延滞は、SBISLのオーダーメード型ローンファンドにおいて初めての延滞となりました。

具体的な延滞内容は、借り手との連絡がつかなくなり、利息金の回収ができなくなったという状況です。

担保には十分と言っても良いLTVが設定されていましたが、とある事情により担保の売却に時間がかかると予想されたため、元本相当額での債権譲渡を持って一部の案件は償還となりました。 (とある事情の詳細は「SBIソーシャルレンディングの延滞案件はなぜ完本割れとなったのか?」)

不動産バイヤーズローンの延滞&貸し倒れ時系列
2018年7月9日「不動産バイヤーズローン16号~22号」で延滞発生のお知らせが届く。
2018年8月31日「16号」の元本3,500万円償還のお知らせが届く。(16号延滞額の約7.1%)
2018年9月20日「16号,17号,18号,20号」元本償還のお知らせ。これにより「17号,18号」の元本は全額償還となった。
2018年10月31日残りの案件である「16号,19号,20号,21号,22号」で元本償還のお知らせ。この時点で「22号」以外の案件が償還完了。利息等を含めると事実上「16号,17号,18号,21号」は、投資額を上回る償還となったが、「19号,20号」については残念ながら元本割れでの償還となってしまった。

オーダーメードローン全体から見た延滞&貸し倒れ比率
貸付総額(10月時点)現延滞額延滞額比率貸し倒れ額合計貸し倒れ額比率
53,726,950,000円270,000,000円0.5%129,987,000円0.24%

各案件の延滞&貸し倒れ額
案件名借手社数延滞社数貸付額延滞額状態
不動産バイヤーズローン16号3社1社952,000,000円22,176,000円元本以上償還
不動産バイヤーズローン17号4社2社585,000,000円0円満額償還
不動産バイヤーズローン18号2社1社160,000,000円0円満額償還
不動産バイヤーズローン19号3社2社311,000,000円44,510,000円貸し倒れ
不動産バイヤーズローン20号2社2社191,500,000円34,252,000円貸し倒れ
不動産バイヤーズローン21号4社1社670,000,000円24,700,000円元本以上償還
不動産バイヤーズローン22号2社1社320,000,000円270,000,000円
延滞中

※案件は複数あるが、延滞を起こしている会社は2社(SBISLのQ&Aより)

② SBISL証券担保ローンファンド(2018年10月20日調査)

2017年9月を最後に募集を終了していた証券担保ローンファンドですが、その2017年9月に募集されていた案件で延滞が発生してしまいました。残念。

SBISLに問い合わせてみたところ、すでに元本の回収に成功しており、2018年11月には全て償還される予定だそうです。

証券担保ローンの延滞比率
貸付総額現延滞額比率
907,110,000円14,630,000円1.6%

案件名借手社数延滞社数貸付額延滞額状態
SBISL証券担保ローンファンド 2017年9月第2号4社1社16,330,000円14,630,000円償還予定

③ SBISLカンボジア技能実習生支援ローンファンド(2018年10月15日調査)

現在カンボジア技能実習生支援ローンファンドでは、17案件中7件で延滞が発生しています。最近運用を開始した案件も今後延滞するかもしれないので、そう考えるととんでもない延滞率です。

10%という高い利回りの案件へ投資するには相応の覚悟が必要です。

カンボジアローンの延滞比率
貸付総額現延滞額比率
31,850,000円3,411,398円10%

各案件の延滞額SBISLカンボジア技能実習生支援ローンファンドのページ
案件名借手数延滞借手数貸付額延滞額状態
SBISLカンボジア技能実習生支援ローンファンド 2017年7月5人1人2,620,000円61,895円延滞中
SBISLカンボジア技能実習生支援ローンファンド 2017年8月3人1人2,510,000円467,898円延滞中
SBISLカンボジア技能実習生支援ローンファンド 2017年10月2人2人1,120,000円653,684円延滞中
SBISLカンボジア技能実習生支援ローンファンド 2017年12月2人1人940,000円192,634円延滞中
SBISLカンボジア技能実習生支援ローンファンド 2018年1月4人2人2,200,000円512,406円延滞中
SBISLカンボジア技能実習生支援ローンファンド 2018年3月8人1人4,290,000円381,671円延滞中
SBISLカンボジア技能実習生支援ローンファンド 2018年6月8人2人4,200,000円1,141,210円延滞中


遅延・貸し倒れ情報の見るべきポイント
遅延や貸し倒れは必ず起こるものです。今でこそ、遅延の起きている事業者も起きていない事業者も存在しますが、いずれはどの会社も遅延案件を抱えるようになるはずです。

必ず起きるのですから、遅延が起きた時に事業者がどのように対処するかという点はソーシャルレンディングにおいて最も注視するべき重要なポイントです。

遅延や貸し倒れが起きていない事業者だから安心だと考えずに、下記のような点を考慮しながら大切な資産を預けられる誠実な事業者を選びましょう。

情報公開までの速度
公開された情報の質と量
最終的な元本償還額
投資家に対する対応の誠実さ

安全性A+SBIソーシャルレンディングの公式ホームページ

アキユキ
この記事を書いた人
2018年に結婚式と新婚旅行で貯蓄が…。まずは300万円をソーシャルレンディングで運用することを目標にがんばります!自ら学びつつ皆さんに役に立つ情報を発信します!
ソーシャルレンディング格付けランキング
1 SBIソーシャルレンディングの延滞&貸し倒れ案件まとめ
2 オーナーズブックの延滞&貸し倒れ案件まとめ
3 クラウドクレジットの延滞&貸し倒れ案件まとめ
4 クラウドバンクの延滞&貸し倒れ案件まとめ
5 LCレンディングの延滞&貸し倒れ案件まとめ
6 LENDEX(レンデックス)の延滞&貸し倒れ案件まとめ
7 Renosy(リノシー)の延滞&貸し倒れ案件まとめ
8 タテルファンディング(TATERU)の延滞&貸し倒れ案件まとめ
9 maneo(マネオ)の延滞&貸し倒れ案件まとめ
10 クラウドリースの延滞&貸し倒れ案件まとめ
11 トラストレンディングの延滞&貸し倒れ案件まとめ
一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
筆自慢(2018-11-04 09:56:22)
最近、各社で延滞が増えてきているように感じます。世の中の景気がもろに延滞率に影響しているのかな?
アキユキ(2018-10-20 15:55:21)
証券担保ローンとカンボジアローンのデータも追加してみました。
カナメ先生(2018-10-20 15:01:52)
情報ありがとうございます。
証券担保ローンは返済日が確定しているようです。
no name(2018-10-20 10:02:37)
証券担保で遅延してるのは担保になってる株式の評価額が昨年9月(日経平均が今より1割程安い時期)のもので、その総評価額の5-6割で組成された案件だから元本の確保は硬いんじゃないでしょうか。
カンボジアはSBI自身で「リスク高いよ」って赤くでっかい字で書いてるものなんで、なんとも・・・^^;
no name(2018-10-19 18:18:32)
SBIは証券担保ローンも最後の最後で延滞かましたみたいですよ
あとカンボジアファンドは延滞常習ですね
ソーシャルレンディング格付けランキング
SBIソーシャルレンディング
Twitter