カナメ先生
大事な資産を年3~5%で増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(17)メリット(9)リスク(8)投資力向上(189)ブログ(901)掲示板運営者紹介
SL事業者ランキング人気事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒確定申告
最新ファンド横断比較Pick資産運用シミュレーター利回り計算機ふどクラ研究所姉妹サイト

SBIソーシャルレンディングの延滞案件はなぜ完本割れとなったのか?

投稿日:2018年11月10日 | 執筆:カナメ先生
延滞したSBISL不動産バイヤーズファンドについて、75%程度のLTVにも関わらず元本損失が発生したことについて疑問を感じている人も多いと思います。

その件について読者さんが、SBISLに問い合わせた情報を教えてくれました。
非常に勉強になる内容でしたので記事としてシェアします。

理由の1つは租税公課滞納による差し押さえ

理由の1つとして挙げられるのは「貸付先の租税公課滞納による差し押さえにより、SBISLの担保実行に悪影響が出た」ことです。他の事情もあったとの事ですが、その点については「申し訳ないのですがお伝えできません」との事でした。

いつでも租税優先なのか?

税金の法定納期限以前に抵当権を設定していれば、抵当権のほうが優先されます。

[参考ページ] 抵当権と国税等との優劣 - 不動産流通推進センター

SBIソーシャルレンディングは租税に確認をしなかったのか?

貸付先の法人税に関しては、以前から納税証明書での確認を審査項目としていたそうです。しかし、不動産所得税に関しては「発生時期」「差押え時期」の問題で全てを把握することは困難だったようです。

SBISLは今まで通りの「審査及び担保評価の厳格化」に合わせて、途上与信、モニタリングを一層強化していく予定とのことです。

経緯を知るかぎり、SBISLとしては「してやられた感」のある事案だったようです。
今回の経験が今度に繋がることを願っています。

読者さんのコメント

SBISLが事業者として審査をしっかりやっている事や、サービス提供の一つとして説明責任を果たしている事、具体策の記載はないものの審査とモニタリングの強化を改善点として考えている事を伝えているところから、やはり信頼性の高い事業者という印象が強まりました。

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴21年。ソーシャルレンディング歴6年。運用資産3.5億円以上。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ

オーナーズブック

ブログの同カテゴリ記事一覧

クラウドクレジットの現状!パフォーマンス推移やウクライナ侵攻の影響を解説
不動産クラファンの投資物件に根抵当権が設定されていても大丈夫なのか?
不動産ファンド投資家なら学ぶべき!日本エスコンによるJ-REITの不祥事
日銀が利上げした場合のソーシャルレンディング&不動産クラファン投資戦略
SAMURAI FUNDがJトラストグループから外れた影響を詳しく解説
全記事の一覧

一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
ソーシャルレンディング格付けランキング
Twitter