カナメ先生
大事な資産を年5~7%で安全に増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(17)メリット(9)リスク(10)上級レッスン(41)BLOG(118)掲示板運営者紹介
会社格付ランキング各社データ比較最新ファンド一覧経営者分析延滞・貸倒評判

LCレンディングの延滞&貸し倒れ案件まとめ

投稿日:2018年10月15日 | 執筆者:アキユキ
延滞&貸し倒れ レポート
LCレンディングの延滞対応に対する評価のポイント
現在延滞は起きていないので具体的な判断はできない
上場企業の保証付きなので安心感がある
今後起きる延滞対応次第では最大評価になる可能性も

現在LCレンディングで延滞は起きていないため、具体的な延滞対応を評価する事はできません。しかし、LCレンディングの親会社は上場企業のLCホールディングスです。事業者としての信頼度はかなり高いと言えるでしょう。

もし今後延滞が発生したとしても、一部のLCホールディングス保証付き案件に関してはスムーズな償還が期待できます。保証付きでない案件に関しても、「LC」の名を使っているのですから、あまりにも不誠実な対応をすればLCホールディングス全体の印象が悪くなってしまいます。おそらくどのような状況であっても真摯な対応を見せてくれるでしょう。

不安な要素をあげるとすれば、「貸付先がすべてLC関連会社」、「資金用途の多くがリファイナンス資金」、「LC保証の具体的な条件がよく分からない」など、色々と気になる点があるのも事実です。しかし、それらの不安は今後延滞が起きた時に良しも悪しもはっきりします。延滞案件の対応によっては一気にソーシャルレンディング界トップクラスの信頼度を得る事でしょう。

これまでに起きた延滞(2018年11月26日調べ)

現在LCレンディングで延滞している案件はありません。

LCレンディングは、過去にも延滞が起きた事はありません。

累計ローン成立額現延滞額比率
24,479,300,000円0円0%

今後、LCレンディングで延滞が起こった場合はこのページに掲載していきたいと思います。

遅延・貸し倒れ情報の見るべきポイント
遅延や貸し倒れは必ず起こるものです。今でこそ、遅延の起きている事業者も起きていない事業者も存在しますが、いずれはどの会社も遅延案件を抱えるようになるはずです。

必ず起きるのですから、遅延が起きた時に事業者がどのように対処するかという点はソーシャルレンディングにおいて最も注視するべき重要なポイントです。

遅延や貸し倒れが起きていない事業者だから安心だと考えずに、下記のような点を考慮しながら大切な資産を預けられる誠実な事業者を選びましょう。

情報公開までの速度
公開された情報の質と量
最終的な元本償還額
投資家に対する対応の誠実さ

安全性ALCレンディングの公式ホームページ

アキユキ
この記事を書いた人
2018年に結婚式と新婚旅行で貯蓄が…。まずは300万円をソーシャルレンディングで運用することを目標にがんばります!自ら学びつつ皆さんに役に立つ情報を発信します!
ソーシャルレンディング格付けランキング
1 SBIソーシャルレンディングの延滞&貸し倒れ案件まとめ
2 オーナーズブックの延滞&貸し倒れ案件まとめ
3 クラウドクレジットの延滞&貸し倒れ案件まとめ
4 クラウドバンクの延滞&貸し倒れ案件まとめ
5 LCレンディングの延滞&貸し倒れ案件まとめ
6 LENDEX(レンデックス)の延滞&貸し倒れ案件まとめ
7 Renosy(リノシー)の延滞&貸し倒れ案件まとめ
8 タテルファンディング(TATERU)の延滞&貸し倒れ案件まとめ
9 maneo(マネオ)の延滞&貸し倒れ案件まとめ
10 クラウドリースの延滞&貸し倒れ案件まとめ
11 トラストレンディングの延滞&貸し倒れ案件まとめ
一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
ソーシャルレンディング格付けランキング
SBIソーシャルレンディング
Twitter