カナメ先生
大事な資産を年3~5%で増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(18)メリット(9)リスク(8)投資力向上(160)ブログ(740)掲示板運営者紹介
SL事業者ランキング人気事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒確定申告
最新ファンド横断比較Pick資産運用シミュレーター利回り計算機ふどクラ研究所姉妹サイト

クラウドクレジットがカメルーンファンドの回収活動終了!Ovamba社を訴えない理由

初回:2021年9月7日 | 更新:2021年9月9日 | 執筆:カナメ先生
Ovamba社(オバンバ)のスタッフ

2021年8月23日にクラウドクレジットがカメルーンファンドの回収活動終了を発表しました。これによりカメルーンファンドのデフォルトが確定となりました。

詳細について解説していきます。

参考記事

カメルーン・ファンド2021年8月時点の状況(公式・PDF)
クラウドクレジットのカメルーン案件で大規模デフォルト(2020年3月の記事)
カメルーン中小企業支援プロジェクト25号
カメルーン農業支援ファンド8号

カメルーンファンドとは

カメルーンファンドのスキーム図

ファンド名カメルーン中小企業支援プロジェクト、カメルーン農業支援ファンド
総募集額13.1億円(実際の運用額とは異なる)
平均利回り11.8%
募集時期2016年=22本、2017年=22本、2018年=6本
内容トレードファイナンス取引への投資

トレードファイナンス取引の説明
① 事業のために資金を必要としているカメルーンの中小事業者がいる。
② 事業者が取り扱う商品をOvamba社が市場価値の40~60%の価格で購入すると共に、事業者に対して一定期間後に売り戻す契約をします。
③ ②で得た資金を事業者は運転資金に回します。
④ 一定期間後にOvamba社は契約に基づいて、商品を事業者に売り戻します。
⑤ Ovamba社は購入時よりも高い価格で当該商品を売り戻すことで利益を確保する。

Ovamba社グループによる状況認識

当該ファンドのビジネスパートナーであるOvamba社の認識は以下の通りです。
状況を認識しやすくするために1ユーロ125円に換算して表示しています。

項目 金額
①Ovamba社グループの借入金額12.50億円
②完済したトレードファイナンス取引による利益0.36億円
③カメルーンにおけるトレードファイナンス取引の貸倒金額2.79億円
④Ovamba社グループのこれまでの返済済み金額7.40億円
⑤トレードファイナンス取引の回収費用2.14億円

①認識相違なし
②コメントなし
③取引自体(または貸倒れ)が架空だったという証拠を当社では検知せず
④認識相違なし
⑤納得しづらい点あり&証拠を請求するも提出されていない

Ovamba社からの償還率は約62%です。

ただし、一律ではないので大きく毀損している方は特に納得できない状況です。

貸倒金額(③)の妥当性について

現地の調査会社に依頼し、かかるトレードファイナンスの取引先より5社を選んでサンプル・チェックを行いました。その結果、5社ともについて、Ovamba社グループが当社に対して行った報告内容と矛盾する情報はありませんでした。
【クラウドクレジットの公式発表より引用】

トレードファイナンス取引の貸し倒れについては妥当性があるという結果です。

Ovamba社を訴えないのか?

Ovamba社に対する法的な請求余地はあり得るものの裁定結果が予測できず不確実性が残ること、および、もし一定の請求金額が確定するとしても、本件債務者およびOvamba社グループが小規模であるために、十分な現金を回収できる蓋然性が高くないことから、法的措置にかかる費用が現金回収額を上回る可能性が高く、そのため当社は、法的措置をとることが得策ではないと判断しました。
【クラウドクレジットの公式発表より引用】

・米国ニューヨーク州法における当社の顧問法律事務所
・エストニア法における法務顧問弁護士(CCエストニアグループの共同代表)

上記2者と協議を重ねた結果の判断とのことです。

コストと期待回収額を考慮して法的措置を取ることを断念したという結果です。

追記:2017年10月の販売再開の決断

時期期間募集総額
前期2016年3月~2017年4月7億2,800万円
後期2017年10月~2018年2月5億8,550万円

2017年5月以降販売を一時中断させていただいていた、当ファンドの再販を開始させていただきます。

販売中断の理由であった、現地の提携会社であるOvamba社における運用体制の改善がなされ、信用リスク管理、実質担保物である商品在庫管理及び資金需要者からの回収業務の品質に一定の向上が見られたことを運用担当者が現地訪問を通じて確認できたことから再販の運びとなりました。

【カメルーン中小企業支援プロジェクト17号より引用】

新興国でのハイリスク投資なので一定の損失は仕方ないところもありますが、販売再開したことで後期に投資した方が割を食った形になりました。

[参考] 各カメルーンファンドの募集日・募集額・予想分配率

カナメ先生の見解

トレードファイナンス取引が全くうまくいかなかった(約2.79億円の貸倒)うえに、回収費用として大金(約2.14億円)を取られてしまう結果となりました。

投資家 → maneo → グリフラ
投資家 → maneo → キャッシュフローファイナンス → A社など
投資家 → クラウドクレジット → Ovamba社

どれも似たような構図になっています。
特にOvamba社は海外にあるので監視がしづらいスキームです。

融資ビジネスは「所在地の明確な不動産担保」といった確固たる裏付けがないと本当に難しいのだと感じます。

クラウドクレジットは不動産クラファンや不動産担保付きソーシャルレンディングに比べて、非常に難しいことに挑戦しています。全体としてプラスを維持できるように頑張ってほしいと思います。

関連記事:クラウドクレジット・海外投資案件

クラウドクレジットの評価と評判
杉山智行さんの経歴・評判 | クラウドクレジット
クラウドクレジットは儲かるのか?2021年9月時点のパフォーマンスを分析
クラウドクレジットの徹底攻略!3つのポイントでハイリターンを目指す
クラウドクレジットが約11億円の資金調達!出資企業は三井住友海上とGMO
クラウドクレジットの既存投資家向けキャンペーン!アマギフが最大12万円分
クラウドクレジットの人気ファンドランキング!全18種類・2020年11月
実績ある社外取締役はソーシャルレンディング事業者の信頼性をアップさせるか?
クラクレの新ファンド「ペルー女性事業主向け協同組合支援ファンド」を徹底分析
利回り7.2%!クラウドクレジットから円建て中心の先進国通貨パッケージが登場
クラウドクレジットとSBIグループの連携ファンドが新登場!本日販売開始
クラウドクレジットが約7億円の資金調達!個人投資家にとって朗報か?
クラウドクレジットにおいて為替変動と投資リターンを分けて考えるべきか?
クラウドクレジット「ユーラシアオンライン金融事業者ファンド」の変更点
クラクレの「米国セキュリティベンチャー事業者ファンド」を徹底分析
クラウドクレジットのカメルーン案件で大規模デフォルト!Ovamba社と認識相違
クラクレで為替損失!?円高をキッカケにドルコスト平均法の大切さを見直そう
クラウドクレジットが大手証券会社の資金運用を開始!プロが認める投資商品
クラウドクレジットの杉山智行社長がファンド全張りを推奨
クラウドクレジットがファンドパッケージ機能をリリース
クラウドクレジットで扱うファンドの通貨一覧&為替チャート [随時更新]
為替リスクとは?為替ヘッジはかけるべきか?
ソーシャルレンディングの海外案件をFXで為替ヘッジする方法
クラウドクレジットの新規案件募集は月2回
人気No.1!ユーラシア金融事業者ファンドの利回り実績を分析
人気No.2!東欧金融事業者支援ファンドの利回り実績を分析
クラウドクレジットの東欧金融事業者支援ファンドを徹底解説
クラウドクレジットのマイクロローン事業者ファンドを徹底解説
クラウドクレジットのユーラシア金融事業者ファンドを徹底解説
クラウドクレジットのユーラシア個人向け小口融資事業者支援ファンドを徹底解説
クラウドクレジットのシンガポール広告代理店ベンチャー企業支援ファンドを解説
クラウドクレジットの第7期決算公示は5.6億円の赤字!黒字化はいつか?
クラウドクレジットが2019年12月期決算で赤字幅縮小!前期と比較しました
クラウドクレジットのペルー小口債務者支援プロジェクトファンドで遅延発生
順調に返済中!クラウドクレジット・ペルー案件は遅延中の金利も支払われるの?
クラウドクレジットのペルー案件が再延長!私の投資元本は返ってくるのか?
クラクレのマイクロローン事業者ファンドで延滞発生!デフォルトの危険性は?
朗報!クラウドクレジット・マイクロローン事業者ファンドの延長解消が進む
クラウドクレジットの口座開設手順
クラウドクレジット掲示板

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディングへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ

オーナーズブック

Funds(ファンズ)

ブログの同カテゴリ記事一覧

SBISLの損失補填14ファンド、追加2ファンド、運用中20ファンドをまとめました
クラウドクレジットがカメルーンファンドの回収終了!Ovamba社を訴えない理由
私のmaneoへの投資が完結!京都案件は231,381円の損失でした
SBIソーシャルレンディングの損失補填日(元本償還)が2021年8月2日に決定
クラウドバンクの公式発表!テクノシステム関連ファンドは大丈夫なのか?
全記事の一覧

一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
[7633] no name(2021-09-09 10:50:03)
>>法的措置にかかる費用が現金回収額を上回る可能性が高く、そのため当社は、法的措置をとることが得策ではないと判断しました。
訴訟よりも安価な詐欺なら認めるという会社の方針がハッキリした。
クラクレの提携会社の統治に対して特定ファンドから直接抜く必要ない。
[7631] no name(2021-09-09 10:03:49)
被害がやばいですね
[7629] カナメ先生(2021-09-09 09:44:44)
> 7491さん
お役に立てて嬉しいです。
オバンバ社に関してはファンド募集ページで以下のように説明されています。

Ovambaグループを統括するのはアメリカのOvamba Solutions Inc. で2013年4月に設立されています。Ovamba社はカメルーンのドゥアラで2014年6月よりサービスを開始しており、小売・資源・農業・インフラに関連する業者への与信審査のノウハウを蓄積しております。

[7628] カナメ先生(2021-09-09 09:40:15)
> 7551さん
ご意見ありがとうございます。
私もその部分は気になっていたので追記しました。
[7551] no name(2021-09-08 01:18:28)
今回のクラウドクレジット社からの説明、割とボカしてる部分があって、過去に一度このシリーズを打ち止めにしたのに、しばらくして確証持てないままに販売再開したから被害が10億円規模に拡大したんですよね。
その判断を主導したのが杉山社長です。
そういう責任の在処をはっきり言わないから、この会社には非常に不信感あります。
[7548] no name(2021-09-07 23:10:53)
これに懲りて二度と同じようなファンドは組まないことだね。
[7516] no name(2021-09-07 17:11:14)
⑤トレードファイナンス取引の回収費用 2.14億円
とは12.5億の17.12%ですから、しっかりとした調査とその結果を明示しなければ納得いくものではないでしょう。カメルーンで2.14億とは超大金でしょうから。
[7499] no name(2021-09-07 15:00:55)
米国セキュリティベンチャー事業者ファンド1号~5号も償還延期に、、自分は50ぐらいですけど、やっぱリスクが高いですね。クラウドクレジットなら実績のあるファンドのほうが安心です==
[7491] no name(2021-09-07 14:09:28)
とても分かりやすい記事ですね。勉強になりました。
日本から12億も貸付していたんですね・・・
オバンバ社は立ち上げ間もない会社だったんでしょうか。
ソーシャルレンディング格付けランキング
Twitter