カナメ先生
大事な資産を年5~7%で安全に増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(18)メリット(9)リスク(10)上級レッスン(55)BLOG(156)掲示板運営者紹介
SL事業者格付ランキング事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒
最新ファンド横断比較Pick本当の利回り計算機New資産運用シミュレーター

Funds・デュアルタップ第2弾は利回り4.5%×12ヶ月の手堅い案件

投稿日:2019年2月11日 | 執筆者:カナメ先生
大型の新規ソーシャルレンディング事業者として注目を集めているFundsからデュアルタップ案件の募集が発表されました。

XEBEC ID ASAKUSA

組成企業デュアルタップ(解説記事
融資先株式会社Dualtap Property Management(DPM社)
利回り4.5%
運用期間12ヶ月
募集額2,135万円
保証担保なし・保証なし
資金使途資産運用型マンション「XEBEC(ジーベック)」の購入

前回(第1弾)と同じく東証二部上場企業デュアルタップの子会社であるDPM社(不動産賃貸管理・仲介事業)に対する融資です。

資金使途は「XEBEC(ジーベック)の購入」ですが、この不動産に担保設定するわけではありません。また、この不動産の価値が暴落しようともDPM社に返済能力さえあれば問題ありません。

私の見解 … 0.5%の利回りダウンは仕方ないところ

以前の記事(Funds(ファンズ)のおすすめファンドを徹底解説)で「Fundsの中ではデュアルタップ案件に一番魅力を感じる」と書いていたので、0.5%の利回りダウンは残念に感じると同時に仕方ないとも思います。Fundsオープン記念利回りだったのでしょう。

それでも4.5%であれば十分に魅力的です。最近はオーナーズブックでも5.0%案件はほとんど出ませんし、運用期間が1年である点はプラス要素です。

評価A+Funds(ファンズ)の公式ホームページ

関連記事:Funds(ファンズ)

Funds(ファンズ)の安全性と評価
藤田雄一郎さんの経歴・評判 | Funds
Funds(ファンズ)の口座開設手順
Funds・ファンド組成企業「アイフル」の安全性を徹底調査
Funds・ファンド組成企業「デュアルタップ」の安全性を徹底調査
Funds・ファンド組成企業「LENDY(レンディ)」の安全性を徹底調査
Funds(ファンズ)のセミナー情報 2019年1月~2月
Funds(ファンズ)のおすすめファンドを徹底解説

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディングへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ
02/22
NEW!
期間ロスを意識してソーシャルレンディングの実質利回りを上げよう
02/18 投資信託やロボアドの本当のコストを理解することで投資成績を向上できる
02/16 ソーシャルレンディング投資家の平均投資額や年齢など [2019年2月版]
02/15 SBIソーシャルレンディングが振込手数料無料のクイック入金サービスを開始
02/15 iDeCoの運用商品を変更しました!SBI証券でおすすめの商品を紹介
02/14 オーナーズブックの売上2.2億円ってどういう意味?
02/12 オーナーズブックの運営元ロードスターキャピタルの2018年12月期決算解説
02/12 LCホールディングス・2019年3月期 第3四半期決算の解説
02/11 ウェルスナビのキャンペーン情報!最大10万円がキャッシュバック
02/11 Funds・デュアルタップ第2弾は利回り4.5%×12ヶ月の手堅い案件
全記事の一覧
一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
ソーシャルレンディング格付けランキング
SBIソーシャルレンディング
Twitter