カナメ先生
大事な資産を年5~7%で安全に増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(18)メリット(9)リスク(8)投資力向上(129)ブログ(565)掲示板運営者紹介
SL事業者ランキング人気事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒確定申告
最新ファンド横断比較Pick資産運用シミュレーター本当の利回り計算機事業者お知らせ

Fundsの貸付先「明豊エンタープライズ」による不適切会計問題の影響は?

投稿日:2019年9月26日 | 執筆:カナメ先生
ソーシャルレンディング業界ではあまり話題にされていませんが、Fundsのファンド組成企業である明豊エンタープライズが不適切会計を指摘されていたので、その影響を調査してみました。

明豊エンタープライズの不適切会計問題について

この度、当社は、当社の中国プロジェクトに係る貸付金等債権に関する過年度の貸倒引当金の計上(以下「本件会計処理」といいます。)に疑義があるという外部からの指摘を受け、調査の必要性があると判断いたしました。

当社は、調査の客観性・中立性・専門性を確保するため、当社とは利害関係を有しない外部の弁護士及び公認会計士から成る特別調査委員会の設置を、本日開催の取締役会において決議するとともに、同委員会による調 査を開始いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

なお、当該中国プロジェクトに係る貸付金等債権残高は、本日時点で 847 百万円ですが、2018年7月期期末までに、その全額について貸倒引当金を設定済みであります。

【明豊エンタープライズのプレスリリース(2019年7月10日)より引用】

あくまで不正ではなく、会計処理が不適切だったという話です。

Fundsも速やかに「明豊エンタープライズで不適切会計問題があったこと」「Fundsで募集したファンドは全額返済済みであること」「ファンドの早期償還と公表内容に関係がないこと」をメール報告しています。

影響チェック(1) どの程度の不適切会計だったのか?

2019年6月14日に提出された第51期第3四半期報告書(2019年2月1日~2019年4月30日)の修正箇所を確認してみます。

当期間に修正は無く、前連結会計年度の部分(2017年8月1日~2018年4月30日)に修正がありました。

項目修正前修正後
貸倒引当金(流動資産)-2,908,000-2,308,000+600,000
貸倒引当金(固定資産)-847,200,000-846,550,000+650,000
営業外収益合計34,457,00035,907,000+1,450,000
四半期純利益2,000,445,0002,001,895,000+1,450,000
純資産額4,579,704,0004,001,854,000-577,850,000

あまり大きな修正はありません。

純資産額の修正幅が大きいのですが、どちらにしても第51期第3四半期報告書では40.8億円のまま変化無しなので問題はありません。

影響チェック(2) 市場評価(株価)はどうなのか?

明豊エンタープライズの株価チャート

2019年7月10日の不適切会計問題発表後も下がっていません。
むしろ、上がっています。
市場は「不適切会計について大きな問題はない」と判断しているようです。

影響チェック(3) 明豊エンタープライズの監査法人は?

明豊エンタープライズの監査法人はアーク有限責任監査法人です。
大手クライアントは大日本印刷や日産東京販売HDなど。

名称アーク有限責任監査法人
設立2016年1月(明治監査法人とアーク監査法人が合併)
海外提携先クレストン・インターナショナル(世界13位)
クライアント93社(上場企業30社以上)
業務収入業界11位
人員数116名

影響チェック(4) Funds(ファンズ)に落ち度はないのか?

個人的には「Fundsに落ち度はない」と考えています。

Fundsの立場から今回の不適切会計問題を見極めるのは無理だと思いますし、明豊エンタープライズに融資している銀行も見逃しています。また、本件による影響は小さいものでした。

私の会社でも税理士さんのミスから修正申告をしたことがあります。
その際に余計にかかった費用は税理士さんが全額負担してくれました。
経験豊富な税理士さんでもミスをするのだと思いました。

カナメ先生の感想

当記事は掲示板投稿者さんのリクエストにより書きました。

このような問題に投資家が興味を持ち、調査や議論を重ねていくことは極めて健全な状態だと思います。いつも様々な情報や意見をくださる掲示板投稿者さん達に感謝しています。ありがとうございます。

評価AFunds(ファンズ)の公式ホームページ

関連記事:Funds(ファンズ)

Funds(ファンズ)の評価と評判
藤田雄一郎さんの経歴・評判 | Funds
Fundsの2019年3月期決算情報を解説!7億円の資金調達と電通との提携もあり
Fundsの融資先の全一覧!不動産業75%、東証1部企業57%!投資するべきか?
Fundsの新たな提携先はフリークアウト・ホールディングス!利回りはどうなる?
Fundsの「EL FAROファンド#2」が応募倍率700%突破!利回り3.5%の好条件
Fundsから利回り4.0%ファンドが登場!明豊エンタープライズの安全性を分析
利回り3.0%!Fundsの「底地くんファンド#1」を徹底分析
Fundsの「割引クーポン付き大阪王将ファンド」が倍率7.63倍超えの大人気
Funds・ファンド組成企業「アイフル」の安全性を徹底調査
Funds・ファンド組成企業「フィルまちづくりファンディング」の安全性を調査
Funds・ファンド組成企業「デュアルタップ」の安全性を徹底調査
Funds・ファンド組成企業「明豊エンタープライズ」の安全性を徹底調査
Funds・ファンド組成企業「LENDY(レンディ)」の安全性を徹底調査
Fundsの世田谷区MIJASファンド#1は上場企業に5.0%で融資できる優良ファンド
Fundsのイントランス・バケーションズ 京町家ファンド#1を徹底分析
Fundsの「Kudan Deep Techファンド #1」に投資するべきか?
Funds(ファンズ)のセミナー情報 2019年1月~2月
Funds・デュアルタップ第2弾は利回り4.5%×12ヶ月の手堅い案件
Funds(ファンズ)のおすすめファンドを徹底解説
Fundsが「抽選での投資申込機能」をリリース!投資家のメリットとデメリット
Funds「リースバック事業あんばいファンド#2」の倍率と私の抽選結果
Fundsのリースバック事業あんばいファンド#5が登場!投資先として魅力的は?
Funds(ファンズ)が約7億円の資金調達でサービス拡大を加速
Fundsが伊藤忠商事と業務提携!Fundsの目的、投資家のメリットは?
FundsとM&Aクラウド社が業務提携!Fundsの業務提携履歴をまとめました
Funds(ファンズ)の口座開設手順
Funds掲示板

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディングへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ

ブログの同カテゴリ記事一覧

不動産クラファン「ぽちぽちファンディング」ってどう?利回り・評価・特徴など
SAMURAI FUNDのオータムキャンペーンファンドが募集キャンセル!理由は?
利回り7.2%!クラウドクレジットから円建て中心の先進国通貨パッケージが登場
TREC FUNDINGが面白い!東証一部企業が提供する不動産投資サービスを解説
詐欺注意!ソーシャルレンディング事業者の名を謳ったコピーサイトが増加
全記事の一覧

一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
[9902] no name(2019-09-26 21:25:42)
株価は1年前の半分になってますね。。上場ゴール企業は株価がIPO時の公募価格を下回っており増資がしにくい状況なので、クラウドファンディングによる資金調達に頼るのでしょうけど、そもそも事業が伸び悩んでいることが原因で上場ゴールになってしまっているので、それをファイナンスで解決するのは無理な話かと。。。
[9877] カナメ先生(2019-09-26 14:51:04)
そうですね。
過失と言う言葉があるように、悪意が無ければ許されるわけではありません。今回の問題により内部統制が正常化されることを願っています。
[9876] no name(2019-09-26 14:44:08)
2019年09月13日に「財務報告に係る内部統制に関する事項は、財務報告に重要な影響を及ぼすことと なり、開示すべき重要な不備に該当すると判断いたしました。従って、当連結会計年度末日現在に おける当社グループの財務報告に係る内部統制は有効でないと判断いたしました。 」と発表されていますね。上場企業といえど、財務情報の正確性が担保されていないケースということでしょうか。Fundsに責はないのかもしれませんが出資する側としては安心できませんね。
ソーシャルレンディング格付けランキング
SBIソーシャルレンディング
Twitter