カナメ先生
大事な資産を年5~7%で安全に増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(19)メリット(9)リスク(8)投資力向上(106)BLOG(404)掲示板運営者紹介
SL事業者ランキング人気事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒
最新ファンド横断比較Pick資産運用シミュレーター本当の利回り計算機

Fundsが「抽選での投資申込機能」をリリース!投資家のメリットとデメリットを解説

投稿日:2019年7月1日 | 執筆者:カナメ先生
2019年6月26日、Funds(ファンズ)が抽選方式の導入を発表しました。

Fundsの抽選方式

抽選方式とは

抽選方式は、応募した人の中から事業者が抽選で投資できる人を決める方式です。多くの人に平等な機会を提供できる点が特徴です。

対して多くのソーシャルレンディング事業者は先着方式を採用しています。先着方式はその名の通り「早い者勝ち」の方式で、秒単位で投資枠が争われます。ソーシャルレンディング投資家の間では「クリック合戦」と呼ばれています。

Fundsの抽選方式の特徴

・必ず先着方式での募集も併用される
・募集額の大きいファンドのみ抽選方式を採用
・抽選方式は1ファンドにつき1人100万円が上限(先着方式は上限なし)

Fundsの抽選方式 一覧画面・詳細画面

抽選方式の投資家メリット

・決められた時間にスタンバイしていなくて良い
・パソコンやスマホの素早い操作が苦手でも投資できる可能性がある
・Fundsの募集ファンドが増える(かも)

一見すると平等な機会の提供を目的としているようですが、本質としては「より多くの人がFundsの案件に興味を示すこと」が重要なのだと思います。それにより借手の宣伝効果が高まれば、Fundsの募集ファンドが増えることになります。

抽選方式の投資家デメリット

・先着方式の募集額が小さくなってしまう
・投資の可否が運頼みになってしまう

デメリットは少ないように感じます。借手(企業)、貸手(投資家)、Fundsの三者が得をする素晴らしい解決策です。ただし、「募集開始 → 抽選 → 運用開始」の期間は出来るだけ短くしてほしいと思います。

カナメ先生の見解

良い解決策だと思いますが、募集ファンドが増えなければ根本的な投資家メリットにはなりません。抽選式になるということは、より多くの投資家に時間を使わせるということです。Fundsの募集ファンドが増えることを願っています。

私も抽選方式のファンドには積極的に参加していきます。

評価AFunds(ファンズ)の公式ホームページ

関連記事:Funds(ファンズ)

Funds(ファンズ)の評価と評判
藤田雄一郎さんの経歴・評判 | Funds
利回り3.0%!Fundsの「底地くんファンド#1」を徹底分析
Fundsの「割引クーポン付き大阪王将ファンド」が倍率7.63倍超えの大人気
Funds・ファンド組成企業「アイフル」の安全性を徹底調査
Funds・ファンド組成企業「フィルまちづくりファンディング」の安全性を徹底調査
Funds・ファンド組成企業「デュアルタップ」の安全性を徹底調査
Funds・ファンド組成企業「明豊エンタープライズ」の安全性を徹底調査
Funds・ファンド組成企業「LENDY(レンディ)」の安全性を徹底調査
Fundsの世田谷区MIJASファンド#1は上場企業に5.0%で融資できる優良ファンド
Fundsのイントランス・バケーションズ 京町家ファンド#1を徹底分析
Fundsの「Kudan Deep Techファンド #1」に投資するべきか?
Funds(ファンズ)のセミナー情報 2019年1月~2月
Funds・デュアルタップ第2弾は利回り4.5%×12ヶ月の手堅い案件
Funds(ファンズ)のおすすめファンドを徹底解説
Funds「リースバック事業あんばいファンド#2」の倍率と私の抽選結果
Funds(ファンズ)が約7億円の資金調達でサービス拡大を加速
Fundsが伊藤忠商事と業務提携!Fundsの目的、投資家のメリットは?
FundsとM&Aクラウド社が業務提携!Fundsの業務提携履歴をまとめました
Fundsの貸付先「明豊エンタープライズ」による不適切会計問題の影響は?
Funds(ファンズ)の口座開設手順
Funds掲示板

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディングへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ

12/06
NEW!
2019年「ふるさと納税」のポイント解説!今年も金券・商品券が熱いのか?
12/05
NEW!
ソーシャルレンディングセミナー情報!Fundsは12月・オーナーズブックは1月
12/03 おすすめソーシャルレンディング事業者のランキング [2019年12月版]
12/02 クラウドクレジット人気No.1!ユーラシア金融事業者ファンドの利回り実績を分析
11/30 利回り3.0%!Fundsの「底地くんファンド#1」を徹底分析
11/29 クラウドクレジットのファンド全19種類の人気チェック [2019年11月後期]
11/28 またしてもmaneoの京都案件が一部返済のお知らせ!完済の可能性が高まる
11/26 ソーシャルレンディング「ファンド横断比較ツール」がパワーアップしました
11/26 SAMURAIの新規会員登録キャンペーン!Amazonギフト券1,000円分が全員もらえる
11/25 CREALの仕様変更!事前に契約成立前書面を閲覧してファンド購入をスムーズに
全記事の一覧
一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
ソーシャルレンディング格付けランキング
SBIソーシャルレンディング
Twitter