カナメ先生
大事な資産を年5~7%で安全に増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(18)メリット(9)リスク(8)投資力向上(137)ブログ(600)掲示板運営者紹介
SL事業者ランキング人気事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒確定申告
最新ファンド横断比較Pick資産運用シミュレーター本当の利回り計算機事業者お知らせ

おすすめソーシャルレンディング事業者のランキング [2020年9月版]

投稿日:2020年9月3日 | 執筆:カナメ先生
おすすめソーシャルレンディング事業者のランキング 2020年9月版

おすすめソーシャルレンディング事業者ランキング

※集計期間:2020年7月1日~2020年8月31日
※有効データ数:556件
※集計方法:当サイト内の投票フォーム

過去のランキング一覧 : 2018年10月版~現在)

順位事業者名投票数利回り目安
1位 クラウドバンクのアイコン クラウドバンク 96票 5.0~7.0%
2位 SBIソーシャルレンディングのアイコン SBIソーシャルレンディング 87票 6.0~8.0%
3位 オーナーズブックのアイコン オーナーズブック 63票 4.0~5.0%
4位 CREAL(クリアル)のアイコン CREAL(クリアル)注目 57票 3.0~5.0%
5位 Funds(ファンズ)のアイコン Funds(ファンズ) 46票 1.5~5.0%
6位 クラウドクレジットのアイコン クラウドクレジット 45票 6.0~13.0%
7位 CRE Fundingのアイコン CRE Funding注目 27票 2.5~3.0%
8位 SAMURAI FUND(サムライファンド)のアイコン SAMURAI FUNDキャンペーン中 21票 4.0~9.0%
9位 FANTAS(ファンタス)のアイコン FANTAS(ファンタス) 20票 4.0~8.0%
10位 ジョイントアルファのアイコン ジョイントアルファ 17票 3.5~5.0%
11位 LENDEX(レンデックス)のアイコン LENDEX(レンデックス) 15票 6.0~12.0%
11位 ネクストシフトファンドのアイコン ネクストシフトファンド 15票 4.5~6.5%
13位 ポケットファンディングのアイコン ポケットファンディング 13票 4.5~6.5%
14位 Renosy(リノシー)のアイコン Renosy(リノシー) 12票 4.0~8.0%
15位 CAMPFIRE Ownersのアイコン CAMPFIRE Owners 10票 3.0~5.0%
16位 シーラファンディングのアイコン シーラファンディング 9票 4.4~4.6%
17位 COOLのアイコン COOL(クール) 3票 1.0~4.5%

その他の注目のソーシャルレンディング事業者(2社)

1位
クラウドバンク(Crowd Bank)のアイコン
クラウドバンク(Crowd Bank)

ファンド募集が多いので「クリック合戦に不慣れなライトユーザー」から人気を集めています。再生可能エネルギーファンド(太陽光発電、バイオマス発電など)を得意としていますが、カリフォルニア不動産ローンファンドや不動産担保ローンファンドも募集しています。

最近の注目は東証一部上場企業「スター・マイカ・ホールディングス」とのコラボレーションファンドです。

黎明期からSBIソーシャルレンディングと共にソーシャルレンディング業界を牽引してきた老舗ですが、即時入金サービスの導入、アプリのリリース、全国放送のテレビCM開始などを次々に打ち出す勢いもあります。

最もソーシャルレンディングらしいサービスを提供している会社だと思います。

クラウドバンク(Crowd Bank)の詳細情報

2位
SBIソーシャルレンディングのアイコン
SBIソーシャルレンディング

ソーシャルレンディング業界のリーディングカンパニーです。人気ファンドのクリック合戦は避けられませんが、募集額が大きいので開始時間に準備が出来ていれば投資はそれほど難しくありません。

投資できなかった場合は募集完了後に発生するキャンセル枠で投資してください。
意外と頻繁に出るので狙い目です。

SBIソーシャルレンディングがサービス終了したら、私もソーシャルレンディング投資を止めてしまうかもしれないほど影響力のある事業者です。

6月26日に純利益3.43億円、総資産481億円という非常に好調な決算(2020年3月期)を発表しました。4期連続の増収増益です。

SBIソーシャルレンディングの詳細情報

3位
オーナーズブック(OwnersBook)のアイコン
オーナーズブック(OwnersBook)

手堅い不動産担保付きファンド&上場企業の運営(ロードスターキャピタル)&経営者の実績で信頼を集めるソーシャルレンディング事業者です。

当サイトでは公開当初から「初心者から上級者までオススメできる事業者」として紹介してきました。個人的には手堅さはNo.1だと考えています。

1億円超えのファンドを次々に募集できるのは地力の高さが伺えます。さすが、不動産に関する幅広い情報収集力と高度な評価能力を有するプロフェッショナル集団です。

新型コロナの影響で4月以降はファンド募集数が激減していましたが、8月20日に6億円の大型ファンドを募集しました。

オーナーズブック(OwnersBook)の詳細情報

4位
CREAL(クリアル)のアイコン
CREAL(クリアル)注目

後発組(2018年11月のサービス開始)ながら安定して上位を維持しています。

「安定的な大型ファンドの募集」と「独自性のある物件への投資」で不動産クラウドファンディング業界で人気ナンバーワンの事業者となっています。ファンド募集開始時のサーバーの安定感にも定評があります。

※SBISL、クラウドクレジット、クラウドバンクなどはソーシャルレンディング事業者

9月に大型ファンドの告知が予定されています。イメージ画像に海の写真が使われているのでリゾートホテル関連の可能性が高いと考えられます。

CREAL(クリアル)の詳細情報

5位
Funds(ファンズ)のアイコン
Funds(ファンズ)

ソーシャルレンディングというよりは「上場企業×宣伝効果×融資」という新しい投資サービスを提供している事業者です。投資家にとっては上場企業への融資なのでリスクが低く、借手企業にとっては有望な投資家に自社サービスを知ってもらえるというメリットがあります。

ここ数ヶ月はコンスタントに毎月1億円規模の募集を続けています。

利回りは低めですが、融資先は手堅い上場企業が多いため、保守的な資産運用を望んでいる方には悪くないサービスです。融資先の詳しい財務状況が公開されている点も嬉しいところです。

Funds(ファンズ)の詳細情報

6位
クラウドクレジット(Crowdcredit)のアイコン
クラウドクレジット(Crowdcredit)

高利回りの海外案件を提供している貴重なソーシャルレンディング事業者です。高利回りを狙えること、いつでも投資できること、分散投資(リスク分散)がしやすいことから人気を集めています。

伊藤忠商事、第一生命、三菱UFJキャピタル、SBIインベストメント、LINEベンチャーズなどの大手から出資を受けている有望企業であり、2020年5月には丸井グループからの出資も受けています。

為替リスクが大きいため玄人向きのサービスと言えます。
初心者投資家は為替ヘッジ付きファンド(日本円建て)から挑戦しましょう。

クラウドクレジット(Crowdcredit)の詳細情報

7位
CRE Fundingのアイコン
CRE Funding注目

2020年2月にサービスを開始したばかりの新しいソーシャルレンディングサービスです。J-REIT(資産総額約736億円)と私募ファンド(資産総額約836億円)を運用する東証一部上場企業であるシーアールイーが運営しているため信頼性は抜群です。

なんと言っても物流不動産のプロによる物流不動産ファンドに投資できる点が一番の魅力です。私が頻繁に利用する関越自動車道沿いにも非常に立派なCREの物流施設が建っています。

利回りは低め(3.0%程度)ですが、堅実な資産運用を目指している方には魅力的な投資先の1つとなります。今後もランキングを上げていくことが予想されます。

CRE Funding(シーアールイーファンディング)の詳細情報

8位
SAMURAI FUND(サムライファンド)のアイコン
SAMURAI FUND(サムライファンド)キャンペーン中

maneoを買収したJトラストグループ傘下ということで良くないイメージを持っている投資家も多いのですが、「安定したファンド募集本数」「それなりの利回り」「日本保証の保証付き」といった特徴で人気を集めています。

上場企業&保証付きというスキームはLCレンディングに似たものを感じさせます。
個人的には「悪くはないが完全には信用できない」という評価です。

全てはグループ会社である「Jトラスト」と「日本保証」次第です。

新規口座開設するとAmazonギフト券500円分プレゼントのキャンペーン中です。

SAMURAI FUND(サムライファンド)の詳細情報

9位
FANTAS(ファンタス)のアイコン
FANTAS(ファンタス)

安定したファンド募集、魅力的な空き家ファンド、投資物件が明確な不動産クラウドファンディングのスキームなどを武器に人気を集めてきた事業者です。

再生断念となった「空き家再生ファンド 第6号」を無事に元本回収したことで信頼性が大幅に高まりました。今のところ元本回収率100%です。

以前は不動産クラウドファンディング業界を支える中心的な事業者でしたが、最近は利回り3.5~4.0%のファンドを募集する特徴のない事業者という位置付けになっています。

FANTAS(ファンタス)の詳細情報

10位
ジョイントアルファ(Jointo α)のアイコン
ジョイントアルファ(Jointo α)

東証一部上場企業で売上996.7億円、利益33.9億円、自己資本224億円という素晴らしい業績を誇る穴吹興産が運営する不動産クラウドファンディング事業者です。
創業50年を超える社歴の長さも重要なポイントです。

利回りは低め(3.4~3.8%)ですが、圧倒的な事業者信頼度とファンドの安全性を高める劣後出資比率(30%)により注目を集めています。

2020年8月3日に募集開始のスーパーマーケット再生ファンドは、珍しさと好条件であることから高い注目を集めました。

[参考記事] 2.74億円の大規模ファンドが登場!スーパーマーケット再生ファンド

ジョイントアルファ(Jointo α)の詳細情報

11位
LENDEX(レンデックス)のアイコン
LENDEX(レンデックス)

2019年7月に深沢克己氏が新社長就任してから、Youtube動画による方針発表、事務所移転&人員増強、格闘イベント「RIZIN」との業務提携、超高利回り×短期ファンドの募集など積極的な動きが見られます。

以前(筧代表時代)は「小規模で堅実」というイメージでしたが、今は「派手なファンドを募集する小規模事業者」というイメージに変化しました。

利回り10%を超えるファンドを提供する数少ない事業者ですが、その分のリスクは考慮しておく必要があります。5月のファンド募集数は10本と積極的に動いています。

LENDEX(レンデックス)の詳細情報

11位
ネクストシフトファンド(NEXT SHIFT FUND)のアイコン
ネクストシフトファンド(NEXT SHIFT FUND)

鳥取銀行や山陰放送が株主となっている信頼性の高い事業者です。
会社は鳥取県八頭郡八頭町にあります。

投資方針を「金銭的リターンと社会貢献を両立させること(社会的インパクト投資)」に定めており、海外のマイクロファイナンス機関に融資することで、貧しい人々の経済活動や将来をサポートします。

ファンド数は月3本程度と少ないのですが、即完売にはならないので余裕をもって投資することができます。クラウドクレジットと組み合わせることで海外ファンド投資の分散性を高めるといった使い方がおすすめです。

ネクストシフトファンド(NEXT SHIFT FUND)の詳細情報

12位
ポケットファンディング(Pocket Funding)のアイコン
ポケットファンディング(Pocket Funding)

地道に実績を積み上げているソーシャルレンディング事業者です。インバウンド需要で経済成長を続けている「沖縄」の企業に融資することができます。また、沖縄特有の軍用地担保ファンドを募集している唯一の事業者です。

運営元の財全グループは沖縄では名の知れた企業です。2019年3月に上場企業ジェイホールディングスと資本・業務提携したことにより、東京不動産ファンドの募集も開始しました。

コロナの影響による観光客の減少が経済に大打撃を与えているため、不動産担保のしっかりしたファンドを見定めて投資してください。

ポケットファンディング(Pocket Funding)の詳細情報

13位
Renosy(リノシー)のアイコン
Renosy(リノシー)

マザーズ上場のGA technologiesが運営する不動産クラウドファンディング。8.0%という高利回りで注目を集めてきましたが、最近の利回りは4.0%に落ちています。運用期間の短さ(3ヶ月)を考えると実際の利回りはさらに下がってしまいます。

個人的には投資する意味を感じませんが、安全性の高い利回り4.0%ファンドなのでそれなりの人気を集めています。

Renosy(リノシー)の詳細情報

14位
CAMPFIRE Ownersのアイコン
CAMPFIRE Owners

国内最大クラウドファンディング「CAMPFIRE」の兄弟サービスとして、鳴り物入りでソーシャルレンディングに参戦してきましたが、ファンドの魅力の低さから驚くほど注目を集めていません。

5月21日に募集を開始した「ゼロすむファンド」は応募額414万円(13%)、同じく5月21日に募集を開始した「アルコール除菌剤開発ファンド」は応募額564万円(28%)と非常に苦戦しています。

購入型クラウドファンディングと融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)を利用しているユーザーの属性が異なることが伺えます。

CAMPFIRE Ownersの詳細情報

15位
SYLA FUNDING(シーラファンディング)のアイコン
SYLA FUNDING(シーラファンディング)

売上200億円を超える企業グループが運営する不動産クラウドファンディング事業者です。SYLA(シーラ)という名前は滝藤賢一さん主演のテレビCMでご存知の方も多いと思います。

立地とデザインにこだわりを持つ自社ブランドマンションを投資対象としています。

運用期間3ヶ月&抽選方式という条件は明らかに「見込み客リスト集め」を目的にしていますが、逆に考えればファンドで投資家に損をさせる可能性は低いと思われます。
3割の損失まではSYLAが負担する仕組みになっています。

Renosy(リノシー)と同じく小規模不動産特定共同事業者なので、総ファンド募集額や投資家1人あたりの出資額に上限が設定されています。

SYLA FUNDING(シーラファンディング)の詳細情報

16位
COOL(クール)のアイコン
COOL(クール)

月間ページビュー1500万PVを誇る経済金融メディアを運営する上場企業「ZUUグループ」のサービスです。2020年8月にサービスを再開したばかりです。

サービス再開後の第1弾ファンドは「民泊・マンスリーファンド事業融資ファンド(貸付先は上場企業グループ企業)」です。上場企業の信頼性とコネクションを活かしたユニークなファンドの登場が期待されます。

COOL(クール)の詳細情報

その他の注目ソーシャルレンディング事業者

まだファンド数が少ないためランキング集計はしていませんが
注目している事業者が、

Rimple(リンプル)
TREC Funding(トレックファンディング)
の2つです。

Rimple(リンプル)は東証一部上場企業の「プロパティエージェント」が運営しており、安定性の高い都心ハイグレードマンションへの投資で投資家から非常に高い注目を集めています。

TREC Funding(トレックファンディング)も東証一部上場企業の「トーセイ」が運営しており、8月29日に第1弾ファンドを募集したばかりです。ファンド内容は魅力的でしたが、システムが不安定でアクセスしづらい状況となってしまいました。

おすすめソーシャルレンディング事業者ランキングの注意点

ランキングは当サイトのユーザー投票を元に作成しています。集合知の有用性は広く知られていますが、過去にはmaneoのように「一番人気だったけど大きなトラブルを起こしてしまった」というケースもあるので過信は禁物です。

また、投資商品というカテゴリ特性から「利回りが高い」「ファンド本数が多い」といった要素が高く評価されやすい点に注意してください。

私(カナメ先生)の個人的な事業者評価は「格付け比較ランキング」で公開しています。格付けランキングでは「初心者が損を出さないこと」を優先しているため、利回りやファンド本数よりも、安全性を重視しています。

ソーシャルレンディングとは

ソーシャルレンディングの仕組み図

ソーシャルレンディングとは「お金を借りたい個人や会社」と「お金を貸したい個人や会社」をマッチングするサービスです。

旧来の債券投資は国や上場企業を対象としており「ローリスク・ローリターン」という特徴があります。対してソーシャルレンディングは中小企業を対象としており「ミドルリスク・ミドルリターン」の投資商品となっています。

利回り4.0~6.0%、運用期間6ヶ月~24ヶ月あたりがメインです。

ソーシャルレンディング投資を成功させる3つのポイント

ソーシャルレンディング投資を成功させるには以下の3点が重要です。特に事業者選びは投資成功のカギになります。ファンド選びに関しては自分の判断を過信せず、淡々と複数ファンドに分散していくことをおすすめします。

ポイント(1) 信頼できるソーシャルレンディング事業者を選ぶ
ソーシャルレンディングにおいて最も大切なことは事業者選びです。上場企業が運営しているものや、実績が十分にあるものを選んでください。また、多くのソーシャルレンディング投資家は3つ以上の事業者に分散投資しています。

ポイント(2) ファンドを十分に分散すること
絶対に損失を出さないのではなく、損失を出しても投資継続できる状態にしておくことが肝心です。分散は「ファンド種類」「融資先」「投資時期」などを考慮してバランスよく行ってください。できれば10~20案件に分散することをおすすめします。

ポイント(3) できるだけ不動産担保付きのファンドを選ぶこと
不動産ファンド付きのファンドを選ぶと、貸し倒れが発生した場合でも元本の大部分が返ってきます。私は貸し倒れの発生したSBISL不動産バイヤーズローンファンド16号に300万円を投資していましたが、不動産担保があったおかげで2.3%の損失で済みました。運用額全体の0.1%程度です。
カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディングへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ
ブログの同カテゴリ記事一覧

クラウドクレジットの人気ファンドランキング!全18種類・2020年11月
おすすめソーシャルレンディング事業者のランキング [2020年9月版]
おすすめソーシャルレンディング事業者のランキング [2020年8月版]
クラウドクレジットの人気ファンドチェック!全16種類・2020年7月後期
おすすめソーシャルレンディング事業者のランキング [2020年7月版]
全記事の一覧

一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
ソーシャルレンディング格付けランキング
Twitter