カナメ先生
大事な資産を年5~7%で安全に増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(19)メリット(9)リスク(10)上級レッスン(67)BLOG(321)掲示板運営者紹介
SL事業者格付ランキング事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒
最新ファンド横断比較Pick本当の利回り計算機資産運用シミュレーター

maneoで3社同時の延滞発生!私も京都案件で300万円が期失となりました

投稿日:2019年9月3日 | 執筆者:カナメ先生
2019年9月2日、maneoから毎月恒例となった延滞発生が発表されました。
今月は「不動産担保付きローンファンド」の3社です。

借手残高担保エリア
不動産事業者FF0.4億円横須賀市
不動産事業者R2.9億円品川区
不動産事業者BJ7.4億円京都市

不動産事業者FF(横須賀市案件)の概要

maneo 横須賀市案件のスキーム図

・融資残高4,000万円
・対象不動産を3区画に分けて販売する計画
・1区画は2019年4月に売却完了(1,500万円の一部返済済み)
・1区画は売買契約を締結済みだが前面道路の通行承諾書取得に時間を要している
・1区画は契約締結に至っていない

≪コメント≫
合計で2,030㎡(614坪)の土地が第1順位抵当に入っているので大丈夫でしょう。

不動産事業者R(品川区案件)の概要

maneo 品川区案件のスキーム図

・融資残高2.9億万円
・対象不動産は「土地 約30.2坪&建物 延床約102.4坪」
・前回の書い手は資金調達が上手くいかずに契約解除
・新たな買い手を探している状況
・R社からの一部返済3,000万円は9月26日に分配予定
品川駅近くの地価データ

≪コメント≫
先の見えない状況ですが、第1順位抵当権なことが救いです。
また、少し(約1割)でも返済があったことは喜ばしいことです。

不動産事業者BJ(京都市案件)の概要

maneo 京都市案件のスキーム図

・融資残高7.4億万円
・当初は11億円の資金調達
・2017年12月にプロジェクトスタート → 2か所の土地購入
・1か所は売却完了(2018年5月に3.5億円を返済)
・残り1か所は解体工事と確定測量に予想より大幅な時間を要した
・2019年4月に確定測量完了
・2019年7月に契約締結したが決済期日が来春の予定(ホテル建築を予定)
・BJからの一部返済1,000万円は9月26日に分配予定

≪コメント≫
楽観視はできませんが、
・土地2か所の内の1か所は売却&返済済み
・原因が明確(確定測量の遅れ)
・確定測量が遅れた原因も明確 → 確定測量完了 → 契約締結
といった理由から返済される可能性は高いと考えています。

カナメ先生の見解

私は京都市案件で300万円が期失になってしまいました。maneoへの投資はこのファンドで最後だったのですが、残念ながら逃げ切れませんでした。

どの案件もリファイナンス制限がネックとなっただけで、致命的な問題はないように感じます。気長に朗報を持つことにします。

関連記事:maneo(マネオ)

maneo(マネオ)の評価と評判
佐藤友彦さんの経歴・評判 | maneo(マネオ)
安達義夫さんの経歴・評判 | maneo(マネオ)
瀧本憲治さんの経歴・評判 | maneo(マネオ)
味形衛さんの経歴・評判 | maneo(マネオ)
maneoマーケットの瀧本憲治社長が役員退任&保有株式の売却を発表
maneoマーケットの元代表である瀧本憲治氏が16ヶ月ぶりにブログを再開
瀧本憲治さんにmaneo・グリフラ・クラウドリースについて質問してみました
maneoマーケットの新たな筆頭株主はJトラストグループの藤澤信義氏
maneoマーケットの新社長&経営陣が決定!完全にJトラスト人員に移行
maneoの京都案件から一部返済(58,313円)のお知らせ!不安ばかりが高まる
maneoの大規模遅延で表面化した問題点
maneo手数料の実態を調査
maneoで20億円を超える大規模延滞!貸し倒れは避けられない状況
maneoの太陽光発電案件が延滞!サプライズな担保の登場
maneoの遅延率が12.8%!ガイアセレクトファンドで20.5億円の遅延発生
maneoの2019年3月期・第2四半期決算!トラブル続出でも黒字の理由
maneoの担当者別で延滞額(期失額)一覧を作成してみました
maneoファミリー各社が分別管理用銀行預金口座をmaneoマーケットに移管
maneo掲示板

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディングへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ

11/15
NEW!
CREALから大型ファンドの募集発表!利回り5.0%+キャンペーン特典の好条件
11/14
NEW!
ソーシャルレンディングにおける公正証書の意味や効力とは?
11/12 オーナーズブックの利回り4.0%大型ファンド!南青山土地が担保のシニアローン
11/11 FANTASの空き家再生ファンドが利回り8.0%を維持!今回は10万円の出資額上限付き
11/09 利回り10.0%!LENDEXの格闘技イベント案件「RIZINファンド」は危ないのか?
11/08 クラウドクレジットを通して社会インパクト投資に参加する [動画あり]
11/07 maneoが「ガイアファンディングに対する訴訟と延滞案件の経過報告を報告」
11/05 ソーシャルレンディングに関心が高い都道府県はどこ?4位は香川県、11位は宮城県
11/04 Fundsの「割引クーポン付き大阪王将ファンド」が倍率7.63倍超えの大人気
11/02 クラウドクレジットに新規登録で5,000ポイントが全員もらえるキャンペーン第2弾!
全記事の一覧
一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
[8339] カナメ先生(2019-09-03 13:48:19)
京都案件はすでに契約締結しているので、BJ社が土地買手からお金を受け取るのを待つことが最善手だと判断しています。

現時点で強制執行してしまうと、maneoが買手を探さなければいけなくなりますし、BJ社や(契約締結済みの)土地買手からも恨まれることになります。

[8337] no name(2019-09-03 12:39:57)
京都案件はC社と借り手のBJ社の間ではノンリコースローンではないんですよね。物件の売却の有無にかかわらず、C社はBJ社から強制執行含め取り立てることはできないのでしょうか。マネオのメールを見ると、まるで物件が売れなければ返せないような前提で書かれているように感じます。
ソーシャルレンディング格付けランキング
SBIソーシャルレンディング
Twitter