カナメ先生
大事な資産を年5~7%で安全に増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(18)メリット(9)リスク(10)上級レッスン(60)BLOG(171)掲示板運営者紹介
SL事業者格付ランキング事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒
最新ファンド横断比較Pick本当の利回り計算機New資産運用シミュレーター

maneoの太陽光発電案件が延滞!サプライズな担保の登場

投稿日:2018年11月2日 | 執筆者:カナメ先生
2018年11月1日、maneoが事業性資金支援ローンファンド(EO社)で延滞が発生したことを発表しました。大規模延滞(20億円・CU社)と同日の発表となりました。

延滞対象ファンドと規模

対象ファンド 延滞元本 借手 募集開始
【事業者EO社向け 第1弾】
事業性資金支援ローンへの投資・第1次募集
2,750万円 EO社 2018年3月7日
【事業者EO社向け 第1弾】
事業性資金支援ローンへの投資・第2次募集
2,750万円 EO社 2018年3月9日

経過説明・回収の見込み

2018年10月上旬、事業者EO社の代理人弁護士から、債権者であるmaneo社を含む取引先金融機関に対して返済猶予の申し入れがありました。申し入れに対し、支払いを求めるよう折衝してまいりましたが、10月29日時点での支払いがございませんでした。以降も代理人弁護士との連絡は続けておりますが、本日時点で入金がございません。また、締結済みの売買契約に基づく引き渡し予定について、maneo社から、代理人弁護士にも確認を求めましたが、明確な回答が得られませんでした。

本件は、投資家の皆様へはローンファンド詳細画面において保全策として、以下の2点を表記いたしております。
・事業者EO社が所有する不動産(太陽光用地)に対する第1順位の根抵当権登記
・公正証書での融資契約
また、融資条件欄においては、担保及び保証は「無し」と表記しております。

こちらについて、表記以外の保全策もmaneo社として講じておりました。

具体的には、事業者EO社及び事業者EO社の関係者が所有する太陽光発電所の開発プロジェクトに係る不動産への第1順位での根抵当権設定登記も行っておりました。また、売電権利に対する譲渡担保契約、太陽光発電設備の売買代金債権を対象とした集合債権譲渡担保契約、並びに事業者EO社代表者との連帯保証契約の締結を実施しておりました。

ただ、これらの保全措置は融資金の全額を確実に担保できるものとは言い難く、投資家の皆様には保守的観点からご投資の判断をいただきたく、募集に際しては一部を除き開示いたしませんでした。

【maneoホームページより引用・経過説明】

本件融資の対象である太陽光発電所開発プロジェクトの工事進捗状況や既に契約済みの売買契約の履行状況の把握に努めておりますが、現時点では回収の具体的な時期及び金額の明示に至りません。
【maneoホームページより引用・回収の見込み】

サプライズな担保の登場

ファンド説明ページには担保が土地だけと書いてあったので、「太陽光発電用地の担保評価額なんて怪しいものだ」と酷く心配になりました。

上記の経過説明を読むと実際には以下の担保もあるそうです。

(1) EO社と関連会社が所有する太陽光発電用地への第1根抵当
(2) 売電権利に対する譲渡担保契約(FIT権)
(3) 太陽光発電設備の売買代金債権を対象とした集合債権譲渡担保契約
(4) 事業者EO社代表者との連帯保証契約

連帯保証契約はともかくとして、少しでも担保が増えるのは嬉しい情報です。
maneo投資家の被害を減らすことができます。

maneoお得意のサプライズ担保ですね。
全担保の詳細情報も公開して欲しいところです。

関連記事:maneo(マネオ)

maneo(マネオ)の安全性と評価
瀧本憲治さんの経歴・評判 | maneo(マネオ)
味形衛さんの経歴・評判 | maneo(マネオ)
maneoの大規模遅延で表面化した問題点
maneo手数料の実態を調査
maneoで20億円を超える大規模延滞!貸し倒れは避けられない状況
maneoの遅延率が12.8%!ガイアセレクトファンドで20.5億円の遅延発生
maneoの2019年3月期・第2四半期決算!トラブル続出でも黒字の理由
maneo掲示板

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディングへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ
03/22
NEW!
LENDEXがキャッシュバックキャンペーンを実施中!利回り8.0%案件にも注目
03/18 ポケットファンディングが上場企業との資本提携により信頼性アップ
03/16 LENDEX(レンデックス)社長交代の意味を完全解説
03/15 SBISLメガソーラーブリリアントローンファンド(利回り3.0%)の狙いは?
03/15 CREAL(クリアル)の資産運用応援キャンペーンを最大限活用する方法
03/15 ラッキーバンク事件は詐欺なのか?被害額33億円の時系列まとめ
03/14 金融庁がソーシャルレンディング業者に貸付先の情報開示を促す
03/12 SBISLのファンド募集は増えていくのか?利回りは維持できるのか?
03/11 SBISLの人気が凄い!10分で12億円のファンドが完売
03/11 maneoファミリーの運用状況(貸付額・完済額・延滞額)を全掲載
全記事の一覧
一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
[752] no name(2018-11-02 17:25:54)
FITの担保なんて意味ないでしょう。
実際に名義変更しないと実効性ありませんので。
GILの件でよく分かったと思いますが、お人好しですね。。。
ソーシャルレンディング格付けランキング
SBIソーシャルレンディング
Twitter