カナメ先生
大事な資産を年5~7%で安全に増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(18)メリット(9)リスク(8)投資力向上(129)ブログ(565)掲示板運営者紹介
SL事業者ランキング人気事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒確定申告
最新ファンド横断比較Pick資産運用シミュレーター本当の利回り計算機事業者お知らせ

FANTAS Technologyの2018年11月期決算を徹底解説

初回:2019年5月23日 | 更新:2019年5月25日 | 執筆:カナメ先生
2019年3月29日に発表されたFANTAS Technologyの決算公告を解説します。
まずは2018年11月期と2017年11月期の決算公示を掲載します。
2017年11月期は会社名が「株式会社Fan's」になっています。

FANTAS Technology 2018年11月期決算

FANTAS Technology 2017年11月期決算

注目ポイント

純利益
決算期純利益
2018年11月期1.50億円
2017年11月期1.87億円
少し下がっているものの順調に利益を重ねています。

株主資本
決算期利益剰余金株主資本株主資本比率
2018年11月期5.35億円6.06億円23.0%
2017年11月期3.90億円4.59億円16.5%
株主資本比率は企業の安全性を示す指標です。
まだ、十分とは言えませんが順調に改善してきています。

流動負債 / 固定負債
決算期流動負債固定負債
2018年11月期17.73億円2.51億円
2017年11月期13.27億円9.82億円
大幅に固定負債が減っています。一般的には流動負債(短期負債)は好ましくないものと言われていますが、銀行に頼らない資金調達を模索しているのかもしれません。

カナメ先生の見解

実際のところ貸借対照表だけでは信頼に足るものではありませんが、以下の要素を加味すると非上場企業の中では信頼性が高い部類に入ります。

(1) 実際のビジネスで実績を積み重ねてきている
(2) 納得感の高い不動産クラウドファンディングを提供
(3) 数年以内に上場を目指している

私は2019年中にはFANTASへの投資比率をSBISLに次ぐ2番手まで引き上げようと考えています。ちなみに今の2番手はクラウドクレジットです。

追記 : FANTASに問い合わせてみました

監査契約が監査人を開示していいものにはなっていません。申し訳ありません。
【監査法人を教えていただけますか?の回答】

借入が返済期日が長いものと短いものの入れ替えがあったようで大きな意図はありません。
【長期負債が減り短期負債が増えた理由は?の回答】

評価AFANTAS(ファンタス)の公式ホームページ

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディングへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ

ブログの同カテゴリ記事一覧

クラウドバンクの2020年3月期決算を解説!当期も黒字で純資産額は18億円
Fundsの2019年3月期決算情報を解説!7億円の資金調達と電通との提携もあり
SAMURAI FUND運営親会社の2019年12月期決算情報!今期はマイナス3.03億円
SBIソーシャルレンディングの2020年度決算情報!投資家に23.8億円の利益分配
FANTAS funding運営会社による2019年11月期の決算公告!今期も好決算
全記事の一覧

一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
ソーシャルレンディング格付けランキング
SBIソーシャルレンディング
Twitter