カナメ先生
大事な資産を年5~7%で安全に増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(18)メリット(9)リスク(10)上級レッスン(55)BLOG(156)掲示板運営者紹介
SL事業者格付ランキング事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒
最新ファンド横断比較Pick本当の利回り計算機New資産運用シミュレーター

FANTAS fundingの高利回り8.0~10.0%案件に投資妙味

投稿日:2019年2月4日 | 執筆者:カナメ先生
私は「ソーシャルレンディング投資において10%という利回り案件は恐ろしすぎて手が出せない」と考えています。普通に考えて金利10%以上で事業資金を調達している企業は危ないですよね。以下の表は私の利回りに対する感覚です。

~4.9%ソーシャルレンディングの中では手堅い案件。
5.0~6.9%それなりにリスクがある。私が主に投資している範囲。
7.0~8.9%かなりリスクがある。投資する際は少額を心掛けている。
9.0%~基本的には手を出さない。

高利回りを狙うのならこの2事業者

安全性重視の投資スタイルを大事にしている私ですが、ソーシャルレンディングを深く知るためには高利回り案件の勉強も欠かせないと考えています。

そんな中で高利回りでも投資に値する事業者は、海外案件のクラウドクレジットと特徴的な不動産案件のFANTAS fundingの2社です。今回は「FANTASの高利回り案件には妥当性がある」と考える理由を説明していきます。

FANTAS fundingのファンド基本条件

シリーズ利回り目安運用期間
FANTAS check(中古不動産流通)8.0%4ヶ月
FANTAS repro(空き家再生)8.0~10.0%7ヶ月

理由1:FANTAS fundingは融資型ではなく不動産投資型

ソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)は企業にお金を貸して金利を得るシステムです。それに対してFANTASの提供している案件は不動産投資型クラウドファンディングです。

不動産投資型には債務返済の義務がある借り手は存在せず、投資家は不動産投資をおこない、相応のリスクを背負います。融資よりも投資の方がリターンが高くなることは自然なことです。ただし、FANTASは優先劣後方式を採用しているため、ある程度のリスクは抑えることができます。

FANTASの優先劣後方式

理由2:利益が出る仕組みが明確

不動産相場が好調なせいで転売を目的にした資金調達が目立ちますが、個人的には「付加価値を生み出さない転売はあまり好ましくないビジネス」だと考えています。

FANTASのファンドでは付加価値(利益が出る仕組み)が明確です。

シリーズ付加価値
FANTAS check
中古不動産流通
ワンルームマンション買取り査定サービス「HAYAGAI」で物件を仕入れる。自社買取り(仲介手数料不要)&最短3日で現金化というユーザーメリットを提供することで相場より安く仕入れることができる。
FANTAS repro
空き家再生
再生家というサービスで放置されている空き家の「買取り・リフォーム・貸付・売却」を行う。所有者の手に追えなくなっている空き家を再生するノウハウが蓄積している。

FANTAS fundingに弱点はないのか?

FANTASの運営会社は売上80億円(2017年度)を誇る成長企業です。それだけに「勢いのある不動産会社特有のイケイケ感」には若干の不安を感じます。加えて、HAYAGAIは2017年開始、再生家は2016年開始という事業歴の浅さもリスク要因です。

私の結論

いくつかの不安材料はありますが、高利回りを狙うのであればFANTASが第一候補であることは間違いありません。知人の中古車屋さんも先日「あきらかに利益が出る車がたくさんあるのに仕入れ資金が追い付かない」と言っていました。勢いのある企業には投資チャンスがあるようです。

また、私は運用期間が長い案件が好きなのですが、FANTASのような高利回り案件の場合、4~7ヶ月の運用期間がちょうどよいと感じました。

評価AFANTAS(ファンタス)の公式ホームページ

関連記事:FANTAS(ファンタス)

FANTAS funding(ファンタス)の安全性と評価
國師康平さんの経歴・評判 | FANTAS Funding

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディングへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ
02/22
NEW!
期間ロスを意識してソーシャルレンディングの実質利回りを上げよう
02/18 投資信託やロボアドの本当のコストを理解することで投資成績を向上できる
02/16 ソーシャルレンディング投資家の平均投資額や年齢など [2019年2月版]
02/15 SBIソーシャルレンディングが振込手数料無料のクイック入金サービスを開始
02/15 iDeCoの運用商品を変更しました!SBI証券でおすすめの商品を紹介
02/14 オーナーズブックの売上2.2億円ってどういう意味?
02/12 オーナーズブックの運営元ロードスターキャピタルの2018年12月期決算解説
02/12 LCホールディングス・2019年3月期 第3四半期決算の解説
02/11 ウェルスナビのキャンペーン情報!最大10万円がキャッシュバック
02/11 Funds・デュアルタップ第2弾は利回り4.5%×12ヶ月の手堅い案件
全記事の一覧
一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
[3251] no name(2019-02-06 22:21:12)
損失補てんの議論は出ないのでしょうか。大丈夫ですか。
ソーシャルレンディング格付けランキング
SBIソーシャルレンディング
情報共有のお願い