カナメ先生
大事な資産を年3~5%で増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(17)メリット(9)リスク(8)投資力向上(189)ブログ(901)掲示板運営者紹介
SL事業者ランキング人気事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒確定申告
最新ファンド横断比較Pick資産運用シミュレーター利回り計算機ふどクラ研究所姉妹サイト

LCホールディングスがソーシャルレンディングにおける資金調達停止の問題を報告

投稿日:2019年8月15日 | 執筆:カナメ先生
2019年8月14日、LCレンディングの親会社であるLCホールディングスが「融資型クラウドファンディングからの資金調達停止の問題」を発表しました。

※融資型クラウドファンディング = ソーシャルレンディング

以下に原文を転載します。

当社は、本日公表の2020年3月期の第1四半期報告書における継続企業の前提に関する事項について下記のとおり注記することといたしましたので、お知らせいたします。

当社グループでは、不動産ファンドを組成する際のメザニン・ローンの調達や、医療法人の事業承継資金総額のうちの一部の調達にあたり、融資型クラウドファンディングを活用しております。

当社の連結子会社が、当社グループが行う投資についての分析を行い商品設計までを手がけ、その商品の具体的な取得勧誘行為(以下、「募集」と記載)については、募集を委託していた外部業者であるmaneoマーケット株式会社(以下、「募集外部業者」と記載)へと委託しております。

当社グループが行う投資は比較的長期間にわたるものが主体となっておりましたが、クラウドファンディングによる資金調達期間はその性質上短いことが多いため、投資を回収するより先にクラウドファンディングによる調達資金の償還期日が到来する場合、クラウドファンディングの投資家に対して再度募集をかけることによって償還資金を調達する、もしくは、当社グループが別途金融機関等からの融資等によって償還資金を調達する必要があります。

2019年6月末現在での1年以内償還期限のクラウドファンディング投資家からの匿名組合出資預り金残高は6,347百万円あります。

当社グループは、上述のように、比較的償還期間の短いクラウドファンディングによる資金調達の償還のために、クラウドファンディング投資家に対する再募集を予定しておりましたが、募集外部業者から募集行為を停止する旨の申出を受け、2019年8月より募集行為を全面的に停止するという決定を行いました。このため、今後1年間の資金調達状況によっては匿名組合出資預り金の償還が困難となるおそれがあります。

以上により、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が存在しております。当社グループは、これらの状況を解消するため、以下に記載の対応策を実施してまいります。

(1) 外部からの融資増資等による資金調達活動を予定しております。
(2) 販売用不動産の早期売却を予定しております。
(3) クラウドファンディング投資家に対する募集再開にむけ関係各方面への働きかけをしております。

しかし、これらの対応策に関する最終的な合意が得られていないため、現時点では継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められます。なお、連結財務諸表は継続企業を前提として作成しており、このような継続企業の前提に関する重要な不確実性の影響を連結財務諸表に反映しておりません。

以上

【LCホールディングス 適時開示情報PDFより引用】

状況まとめ

・1年以内償還期限のソーシャルレンディング借入残高が63.47億円
・ソーシャルレンディングでの借入はリファイナンスを前提としていた
・maneoマーケットを利用した資金調達が停止してしまった
・LCHDではこのことを事業継続に関する重要な不確実性と認識している

3つの対策

(1) 外部からの融資増資
(2) 販売用不動産の早期売却
(3) ソーシャルレンディング借入の再開(maneoマーケット以外)

株価の変化

前日終値から300円下落(1,383円→1,083円)のストップ安となっています。
株主はたまったものではありませんね。

カナメ先生の見解

決算情報を見ると販売用不動産が76.54億円、純資産は61.88億円となっています。
これだけを見れば、延滞の可能性はあるものの、致命的な問題がないかぎり返済は可能でしょう。

ただし、maneoマーケットの問題はかなり前から分かっていたはずなので、今まで何も対策を取っていなかったのか疑問です。本来であれば、自社サービスを立ち上げたり、他社サービスへの乗り換え打診などが進んでいるはずです。

なにやらマネーゲームに巻き込まれている気がします。

個人的にはソーシャルレンディングで貸したお金が返ってくるとしても、海千山千である金子修社長と関わるのは避けたいと考えています。

評価休止LCレンディングの公式ホームページ

関連記事:LCレンディング

LCレンディングの評価と評判
山中健司さんの経歴・評判 | LCレンディング
金子修さんの経歴・評判 | LCレンディング
LCレンディングス親会社・2019年3月期 第1四半期決算の解説
LCレンディングス親会社・2019年3月期 第2四半期決算の解説
LCホールディングス・2019年3月期 第3四半期決算の解説
LCレンディングがファンド募集休止!maneoファミリー脱退か?
LCホールディングス・2020年3月期 第1四半期決算から期失の可能性を考える
LCレンディングの評判・口コミ
LCレンディング掲示板

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴21年。ソーシャルレンディング歴6年。運用資産3.5億円以上。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ

オーナーズブック

ブログの同カテゴリ記事一覧

三井物産グループのALTERNA(オルタナ)とは?利回り、運用期間、特徴など
新しい不動産クラファン「ダーウィンファンディング」は序盤に投資妙味あり
新しい不動産クラファン SOLS(ソルス)を徹底分析!2号は劣後出資比率87.9%
Fundsのファンドが楽天証券で買える!どちらで買うほうが得なのか?
SBISLとの合併によりバンカーズはどう変化した?募集額、利回り、決算情報など
全記事の一覧

一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
[7021] カナメ先生(2019-08-16 09:29:18)
かなり不安な状況ですよね。
決算書を調べて本日中に記事にします。
[6966] no name(2019-08-15 18:07:36)
カナメ先生
LCレンディングの記事ありがとうございます、
かなり不安なのですが、
当面は手元のキャッシュを使用して期失は避けられそうとの認識でよろしいでしょうか?
ソーシャルレンディング格付けランキング
Twitter