カナメ先生
大事な資産を年5~7%で安全に増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(18)メリット(9)リスク(10)上級レッスン(55)BLOG(156)掲示板運営者紹介
SL事業者格付ランキング事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒
最新ファンド横断比較Pick本当の利回り計算機New資産運用シミュレーター

LCホールディングス・2019年3月期 第3四半期決算の解説

投稿日:2019年2月12日 | 執筆者:カナメ先生
2019年2月8日(金)にLCレンディングの親会社であるLCホールディングスの「2019年3月期第3四半期決算」が発表されました。

時期(単位:億円)売上営利純利益純資産自己資本比率
2019年3月期第3四半期136.5414.2912.5164.5129.0%
2018年3月期第3四半期115.1712.591.4952.8816.7%

セグメント売上営業利益
①不動産賃貸関連事業69.226.89
②不動産ファンド事業8.30-0.02
③病院関連事業5.94-0.28
④SPC関連事業53.149.90
⑤その他事業4.413.12

注目ポイント

・株式会社ロジコムを連結から除外
・負債の大幅圧縮 260億 → 158億
・固定資産の大幅圧縮 313億 → 222億
・自己資本比率の改善 16.7% → 29.0%

私の見解 - 順調だが油断は禁物

先々のビジネスが上手くいくかどうかは分かりませんが、着々とバランスシート(資産/負債)のスリム化が進んでいます。ソーシャルレンディング投資家にとって非常に好ましいことです。

純資産も10億円以上積み増されて、64.51億円になりました。

ただし、営業利益14.29億円(経常利益18.53億円)に対する、匿名組合損益分配額11.48億円は非常に大きな割合を占めるため今後も油断はできません。

評価ALCレンディングの公式ホームページ

関連記事:LCレンディング

LCレンディングの安全性と評価
山中健司さんの経歴・評判 | LCレンディング
金子修さんの経歴・評判 | LCレンディング
LCレンディングス親会社・2019年3月期 第1四半期決算の解説
LCレンディングス親会社・2019年3月期 第2四半期決算の解説
LCレンディングの評判・口コミ
LCレンディング掲示板

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディングへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ
02/22
NEW!
期間ロスを意識してソーシャルレンディングの実質利回りを上げよう
02/18 投資信託やロボアドの本当のコストを理解することで投資成績を向上できる
02/16 ソーシャルレンディング投資家の平均投資額や年齢など [2019年2月版]
02/15 SBIソーシャルレンディングが振込手数料無料のクイック入金サービスを開始
02/15 iDeCoの運用商品を変更しました!SBI証券でおすすめの商品を紹介
02/14 オーナーズブックの売上2.2億円ってどういう意味?
02/12 オーナーズブックの運営元ロードスターキャピタルの2018年12月期決算解説
02/12 LCホールディングス・2019年3月期 第3四半期決算の解説
02/11 ウェルスナビのキャンペーン情報!最大10万円がキャッシュバック
02/11 Funds・デュアルタップ第2弾は利回り4.5%×12ヶ月の手堅い案件
全記事の一覧
一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
[3387] カナメ先生(2019-02-12 14:10:50)
> LC投資家さん

情報ありがとうございます。たしかに匿名組合損益分配額の推移を調べていくと第1四半期に集中していました。今後は落ち着いていくということですね。

[第1四半期] 9.44億円
[第2四半期] 10.51億円
[第3四半期] 11.48億円

LCレンディングの金利分に関しては65億円×5.5%で約3.57億円です。

[3384] LC投資家(2019-02-12 12:03:13)
14.3億のうち10億近くは第1四半期分で金沢のホテル売却に伴う分配です。
一時要因ですので問題無いと思います。
ソーシャルレンディング格付けランキング
SBIソーシャルレンディング
Twitter