カナメ先生
大事な資産を年5~7%で安全に増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(19)メリット(9)リスク(8)投資力向上(107)BLOG(409)掲示板運営者紹介
SL事業者ランキング人気事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒
最新ファンド横断比較Pick資産運用シミュレーター本当の利回り計算機

おすすめソーシャルレンディング事業者のランキング [2019年9月版]

投稿日:2019年9月24日 | 執筆者:カナメ先生
2019年9月に集計した「おすすめソーシャルレンディング事業者ランキング」を発表します。投資家から注目を集めている事業者のタイムリーな情報です。

個々の事業者のついては、ソーシャルレンディングに約5,800万円を投資するカナメ先生が特徴や注意点を解説しています。過去のランキングはこちらを見てください。

1つの事業者だけに投資するのではなく、いくつかの事業者に分散投資したほうがリスクが小さくなります。多すぎても大変なので目安は3~5事業者です。

おすすめソーシャルレンディング事業者ランキング

※集計期間:2019年9月1日~2019年9月23日(23日間)
※有効データ数:1,635件

順位事業者名ポイント利回り目安
1位 SBIソーシャルレンディングのアイコン SBIソーシャルレンディング 294pt 6.0~8.0%
2位 Funds(ファンズ)のアイコン Funds(ファンズ) 244pt 1.5~5.0%
3位 FANTAS(ファンタス)のアイコン FANTAS(ファンタス) 208pt 4.0~8.0%
4位 クラウドバンクのアイコン クラウドバンク 203pt 6.0~7.0%
5位 クラウドクレジットのアイコン クラウドクレジット 171pt 6.0~13.0%
6位 オーナーズブックのアイコン オーナーズブック 162pt 3.7~5.0%
7位 SAMURAI(サムライ)のアイコン SAMURAI(サムライ) 102pt 6.5~10.0%
8位 ポケットファンディングのアイコン ポケットファンディング 84pt 5.0~7.5%
9位 CREAL(クリアル)のアイコン CREAL(クリアル) 73pt 4.0~4.5%
10位 LENDEX(レンデックス)のアイコン LENDEX(レンデックス) 56pt 7.0~9.0%
11位 COOL(クール)のアイコン COOL(クール) 38pt 4.5%

大規模延滞などのトラブルを起こしている事業者(maneo、トラストレンディングなど)や、案件募集の少ない事業者(Renosy)は省いてあります。

1位
SBIソーシャルレンディングのアイコン
SBIソーシャルレンディング

ソーシャルレンディング業界のリーディングカンパニー。私がもっとも多く投資している事業者です。人気ファンドのクリック合戦は避けられませんが、募集額が大きいので開始時間に準備が出来ていれば投資は難しくありません。

2019年5月からの匿名化解除により借手が把握できるようになりました。
投資先が偏らないように注意しましょう。

最近は最大6社に分散できて、いつでも投資できる「SBISL不動産担保ローン事業者ファンド(常時募集型)」が人気を集めています。

SBIソーシャルレンディング公式サイト

2位
Funds(ファンズ)のアイコン
Funds(ファンズ)

純粋な投資商品と言うより「上場企業の宣伝目的」といった色合いの強いサービスです。投資家にとっては上場企業への融資なのでリスクが低く、企業にとっては有望な投資家に自社サービスを知ってもらえるというメリットがあります。

新しく導入を発表した「抽選方式」は、多くの人に平等な機会を提供しつつ、企業の宣伝効果も高まるため、素晴らしい解決策として高評価を得ています。

現時点では募集ファンドの少なさが難点ですが、積極的な業務提携により解消に向かうことが予想されます。

Funds(ファンズ)公式サイト

3位
FANTAS(ファンタス)のアイコン
FANTAS(ファンタス)

2018年10月開始の新しいサービスながら、安定したファンド募集、高利回りファンド、投資物件が明確な不動産クラウドファンディングのスキームなどを武器に上位をキープしています。責任者の永井さんによる情報公開に積極的な点も好印象。

初の再生断念となった「空き家再生ファンド 第6号」が無事に元本回収したことで信頼性が高まりました。

ただし、ここ数ヶ月は利回りが4.0~5.0%に下がっており、FANTAS(ファンタス)で投資するメリットが減りつつあります。

FANTAS(ファンタス)公式サイト

4位
クラウドバンク(Crowd Bank)のアイコン
クラウドバンク(Crowd Bank)

ファンド募集が多いので「クリック合戦に不慣れなライトユーザー」からの人気を集めています。募集ファンドの大半を占める太陽光発電ファンド以外のファンドを増やすことが今後の注目点になります。

アプリのリリース&成海璃子さん主演のテレビCM開始など、今もっともイキオイのあるソーシャルレンディング事業者であるのと同時に、黎明期からSBIソーシャルレンディングと共にソーシャルレンディング業界を牽引してきた老舗でもあります。

現時点の実績と実力的には2位のFundsや3位のFANTASより格上です。

クラウドバンク(Crowd Bank)公式サイト

5位
クラウドクレジット(Crowdcredit)のアイコン
クラウドクレジット(Crowdcredit)

高利回りの海外案件を提供している貴重なソーシャルレンディング事業者です。上手くファンドを選べれば高利回りを実現できるため投資上級者に人気があります。

※クラウドクレジットはリスク分散のため「全張り」を推奨しています。

伊藤忠商事、第一生命、三菱UFJ、SBI、LINEなどの出資を受けている有望企業であり、2019年6月に初の単月黒字を発表したことで安心感がグッと高まりました。また、投資家からは業界No.1の透明性(情報公開力)だと評価されています。

海外案件という敷居の高さゆえ5位に甘んじていますが、実質的にはトップクラスの魅力を誇る事業者だと思います。

クラウドクレジット(Crowdcredit)公式サイト

6位
オーナーズブック(OwnersBook)のアイコン
オーナーズブック(OwnersBook)

手堅い不動産担保付きファンドと運営元(上場企業)&経営者の信頼性で人気を集めるソーシャルレンディング事業者です。当サイト公開当初から「初心者から上級者までオススメできる事業者」として紹介してきました。

最近は「デポジット口座の利便性の悪さ(出金手数料あり)」が大きなネックとなり人気を落としていますが、じきに問題を改善して人気を取り戻すと思います。

オーナーズブック(OwnersBook)公式サイト

7位
SAMURAI(サムライ)のアイコン
SAMURAI(サムライ)

募集ファンドが少なく、個人的にはあまり注目していない事業者ですが、順位を上げてきました。2019年6月の社長交代や、9月のmaneoのグループ会社化(Jトラストグループ)で注目を集めているのかもしれません。

Jトラストはアジア各国の銀行を所有する非常に大きな金融グループなので今後の展開が楽しみです。

SAMURAI(サムライ)公式サイト

8位
ポケットファンディング(Pocket Funding)のアイコン
ポケットファンディング(Pocket Funding)

地道に実績を積み上げている小規模なソーシャルレンディング事業者です。インバウンド需要で成長を続けている「沖縄」の企業に融資することができます。

2019年3月に上場企業ジェイホールディングスと資本・業務提携したことにより、東京不動産ファンドの募集も開始しました。

ポケットファンディング(Pocket Funding)公式サイト

9位
CREAL(クリアル)のアイコン
CREAL(クリアル)

利回り、安全性、投資しやすさのバランスが良い大型ファンドが特徴の人気事業者です。積極的にキャンペーンを行っているので、投資検討中の方はチャンスを逃さないようにしましょう。

8月9日以降は大型ファンドの募集が無いので、一時的に人気を落としています。

CREAL(クリアル)公式サイト

10位
LENDEX(レンデックス)のアイコン
LENDEX(レンデックス)

東急リバブルの査定を利用した不動産担保ファンドで根強い人気を集めている小規模なソーシャルレンディング事業者です。

2019年7月に深沢克己氏が新社長就任してから、Youtube動画による方針発表、事務所移転&人員増強、LENDEX初となるセミナー開催、超高利回り×短期ファンドの募集など積極的な動きが見られます。

LENDEX(レンデックス)公式サイト

11位
COOL(クール)のアイコン
COOL(クール)

「在日外国人によるアジアビジネス案件への融資」と言う珍しいファンドを扱う事業者です。今のところ「利回りと安全性」を鑑みると、わざわざCOOLを選ぶ必要性は感じられませんが、コツコツと実績を積み重ねてほしいと思います。

COOL(クール)公式サイト

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディングへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ

12/14
NEW!
SBISLコーポラティブハウスローンファンド21号を徹底分析!投資するべきか?
12/12 SBIソーシャルレンディングから不動産担保ローン事業者ファンドNeo 8号が登場
12/10 クラウドクレジット人気No.2!東欧金融事業者支援ファンドの利回り実績を分析
12/09 残り約3,000万円!CREAL「SOLA沖縄学園ファンド」の完売が迫っています
12/07 FANTASがファンド8本(合計1.49億円)を同時募集!利回りは3.0~4.0%
12/06 2019年「ふるさと納税」のポイント解説!今年も金券・商品券が熱いのか?
12/05 ソーシャルレンディングセミナー情報!Fundsは12月・オーナーズブックは1月
12/03 おすすめソーシャルレンディング事業者のランキング [2019年12月版]
12/02 クラウドクレジット人気No.1!ユーラシア金融事業者ファンドの利回り実績を分析
11/30 利回り3.0%!Fundsの「底地くんファンド#1」を徹底分析
全記事の一覧
一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
[34] no name(2019-09-28 17:13:47)
格付けのほうはクラクレが4位に。実績の点では順番は置いといて、1-4位の4社が抜けているのでまあ良し。引き続きクリアルやFANTASがジョイントやfundsより下なのは違和感あります。
[9749] no name(2019-09-24 18:25:27)
fundsの位置がおかしい。実感値では圏外。
[9739] no name(2019-09-24 13:09:20)
しばらく実際に投資している感覚からすると
FundsなんてLENDEXより下ダゼとか思ったりしますが
何も知らない新人さんがこれ見て始めるって観点からは
安全性の高いはずのFundsは上位で妥当なのかもしれません
(多分一度も投資せずに撤退すると思いますが)
至近では色々提携とかやってるようなので案件増えると良いですね

それよりもアフィブロガー人気ではFANTASとCREALってほぼ同等なのに
CREALのランキングが低いのが気になる
(募集が無くてランキングが落ちるならFundsなんてどん底)

[9734] no name(2019-09-24 12:20:56)
全くファンドの出ない業者が上位とか違和感がありますねー
ソーシャルレンディング格付けランキング
SBIソーシャルレンディング
Twitter