カナメ先生
大事な資産を年3~5%で増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(17)メリット(9)リスク(8)投資力向上(186)ブログ(880)掲示板運営者紹介
SL事業者ランキング人気事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒確定申告
最新ファンド横断比較Pick資産運用シミュレーター利回り計算機ふどクラ研究所姉妹サイト

初心者におすすめのソーシャルレンディング事業者ランキング!ベスト6

初回:2018年5月19日 | 更新:2022年6月14日 | 執筆:カナメ先生
ここがポイント!
  • 複数のソーシャルレンディング事業者への分散投資が基本。
  • 主軸はオーナーズブック、CREAL、Fundsあたりが無難。
  • 注目度ナンバーワンはアップサイド報酬のあるCOZUCHI。

※不動産クラウドファンディングも含みます。

おすすめソーシャルレンディング事業者ランキング

1位
オーナーズブックのアイコン
オーナーズブック

利回り4.0~5.0%
開始2014年12月
代表岩野 達志
株主東証プライム上場
種類ソーシャルレンディング

好業績の上場企業「ロードスターキャピタル」が運営するソーシャルレンディングです。不動産のプロフェッショナルが評価する不動産担保付きファンドが人気です。

先着方式と抽選方式を併用しているため、クリック合戦に勝てなくても投資できるチャンスがあります。

私がポートフォリオの主軸にしている事業者です。

オーナーズブック公式サイト

2位
CREALのアイコン
CREAL(クリアル)

利回り4.0~6.0%
開始2018年11月
代表横田 大造
株主東証グロース上場
種類不動産クラウドファンディング

利回り、安全性、投資しやすさのバランスが良いファンドが特徴の人気事業者です。2022年4月に上場したことにより信頼性が大幅にアップしました。

人気事業者にも関わらず応募に余裕がある点が初心者におすすめの一番の理由です。

CREAL公式サイト

3位
Funds(ファンズ)のアイコン
Funds(ファンズ)

利回り1.0~3.0%
開始2019年1月
代表藤田 雄一郎
株主みずほキャピタル、日本郵政キャピタル、伊藤忠 etc
種類ソーシャルレンディング

上場企業のサービスPRと資金調達を兼ねた独自性の強いソーシャルレンディングサービスです。投資家にとっては上場企業への融資なのでリスクが低く、企業にとっては有望な投資家に自社サービスを知ってもらえるというメリットがあります。

今までに融資を行った企業には「メルカリ、三菱UFJ銀行、福岡銀行、アイフル、サントリーコミュニケーションズ、ユーグレナ」などがあります。

利回りは低めですが、安全にソーシャルレンディングの仕組みや面白さを学ぶにはうってつけの事業者です。

Funds(ファンズ)公式サイト

4位
COZUCHI(こづち)のアイコン
COZUCHI(こづち)

利回り4.0~20.0%
開始2019年7月
代表武藤 弥
株主武藤 弥、LAETOLI社の役職員
種類不動産クラウドファンディング

ソーシャルレンディング投資家が熱狂している事業者です。

アップサイド報酬を採用しており、キャピタルゲインの25%程度を上限なしに分配してくれます。そのおかげで年利10%を超えるリターンを連続して達成してます。

納得感のある売買シナリオ、魅力的な分配システム、投資家目線の対応などで注目度ナンバーワンのサービスです。

経営陣の実績から信頼性はそれなりに高いと考えていますが、非上場企業なことに加えてファンド運用額拡大のペースが速いためリスクは高めだと考えてください。

COZUCHI(こづち)公式サイト

5位
クラウドバンクのアイコン
クラウドバンク

利回り4.2~6.2%
開始2013年12月
代表金田 創
株主 Aaron Asset Management株式会社
株式会社コンサバティブホールディングス
八木 圭介、佐護 勝紀、平澤 創
種類ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディング最大手の事業者です。

分散型先進国ローンファンド、海外不動産ローンファンド、香港中小企業支援型ローンファンド、太陽光発電ファンド、バイオマス発電ファンド、風力発電ファンドなどを募集しています。

利回りが高めで募集ファンドも多いのですが、海外不動産や再生可能エネルギーなどは初心者には難しいと判断したため5位となりました。

クラウドバンク公式サイト

6位
Rimple(リンプル)のアイコン
Rimple(リンプル)

利回り2.8~3.4%
開始2020年2月
代表中西 聖
株主東証プライム上場
種類不動産クラウドファンディング

好業績の上場企業「プロパティエージェント」が、自社開発&自社管理の高品質マンションでファンドを組成しています。

好立地&高品質物件への投資で、なおかつ劣後出資が3割あるため、多くの不動産クラファンのなかで安全性はトップクラスと言えます。

毎回応募倍率が4~6倍程度ありますが、応募は無料なので気長にエントリーし続けることをおすすめします。

Rimple(リンプル)公式サイト

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴21年。ソーシャルレンディング歴6年。運用資産3.5億円以上。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ

オーナーズブック

Funds(ファンズ)

基本編の記事一覧

1 ソーシャルレンディングとは?
2 利回り7.0%という衝撃
3 どれぐらい儲かるのか?
4 初心者におすすめのSL事業者
5 どんな人に向いているのか?
6 どんな会社がお金を借りているのか?
7 ソーシャルレンディング業界の貸し倒れ実態
8 3種類のファンドタイプ
9 ファンドの選び方&チェックポイント
10 投資や分析が苦手な人のためのSL戦略
11 最適な分散投資のやり方
12 ソーシャルレンディングの税金
13 世界のソーシャルレンディングの歴史
14 日本のソーシャルレンディングの歴史
15 会員登録の手順や注意点
16 実際に投資するまでの手順
17 ソーシャルレンディングの3つのタイプ

一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
ソーシャルレンディング格付けランキング
Twitter