カナメ先生
大事な資産を年5~7%で安全に増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(19)メリット(9)リスク(10)上級レッスン(67)BLOG(321)掲示板運営者紹介
SL事業者格付ランキング事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒
最新ファンド横断比較Pick本当の利回り計算機資産運用シミュレーター

おすすめのソーシャルレンディング事業者ランキング

初回:2018年5月19日 | 更新日:2019年9月24日 | 執筆者:カナメ先生
重要度 ★★★★★
ここがポイント!
  • SBIソーシャルレンディングとクラウドバンクの2社が最有力。
  • オーナーズブック、Funds、CREALは手堅いところ。
  • 海外ファンドへの高利回り投資がしたいならクラウドクレジット。

おすすめソーシャルレンディング事業者ランキング

1位
SBIソーシャルレンディングのアイコン
SBIソーシャルレンディング

安全性A+
利回り6.0~8.0%
開始2011年3月
代表織田 貴行
株主SBIファイナンシャルサービシーズ

ソーシャルレンディング業界のリーディングカンパニー。私がもっとも多く投資している事業者です。人気ファンドのクリック合戦は避けられませんが、募集額が大きいので開始時間に準備が出来ていれば投資は難しくありません。

最近は最大6社に分散できて、いつでも投資できる「SBISL不動産担保ローン事業者ファンド(常時募集型)」が人気を集めています。

SBIソーシャルレンディング公式サイト

2位
クラウドバンクのアイコン
クラウドバンク

安全性A
利回り5.0~7.0%
開始2013年12月
代表金田 創
株主-

ファンド募集が多いので「クリック合戦に不慣れなライトユーザー」からの人気を集めています。募集ファンドの大半を占める太陽光発電ファンドに投資先が集中しないように注意しましょう。

アプリのリリース&成海璃子さん主演のテレビCM開始など、今もっともイキオイのあるソーシャルレンディング事業者であるのと同時に、黎明期からSBIソーシャルレンディングと共にソーシャルレンディング業界を牽引してきた老舗でもあります。

クラウドバンク公式サイト

3位
オーナーズブックのアイコン
オーナーズブック

安全性A+
利回り3.8~5.0%
開始2014年12月
代表岩野 達志
株主RenrenLianheホールディングス、野村證券、カカクコム

手堅い不動産担保付きファンドと上場企業運営&経営者の信頼性で人気を集めるソーシャルレンディング事業者です。当サイト公開当初から「初心者から上級者までオススメできる事業者」として紹介しています。

先着方式と抽選方式を併用しているため、クリック合戦に勝てなくても投資できるチャンスがあります。

オーナーズブック公式サイト

4位
クラウドクレジットのアイコン
クラウドクレジット

安全性A
利回り6.0~12.0%
開始2014年6月
代表杉山 智行
株主伊藤忠商事、三菱UFJ、第一生命、SBIインベストメント

高利回りの海外案件を提供している貴重なソーシャルレンディング事業者です。上手くファンドを選べれば高利回りを実現できるため投資上級者に人気があります。

※クラウドクレジットはリスク分散のため「全張り」を推奨しています。

伊藤忠商事、第一生命、三菱UFJ、SBI、LINEなどの出資を受けている有望企業であり、2019年6月に初の単月黒字を発表したことで安心感がグッと高まりました。また、投資家からは業界No.1の透明性(情報公開力)だと評価されています。

非常に魅力的な事業者ですが、「為替リスク」と「不動産担保がない点」を忘れずに、慎重に投資してください。

クラウドクレジット公式サイト

5位
Funds(ファンズ)のアイコン
Funds(ファンズ)

安全性A+
利回り1.8~5.0%
開始2019年1月
代表藤田 雄一郎
株主みずほキャピタル、AGキャピタル、B Dash Ventures

純粋な投資商品と言うより「上場企業の宣伝目的」といった色合いの強いサービスです。投資家にとっては上場企業への融資なのでリスクが低く、企業にとっては有望な投資家に自社サービスを知ってもらえるというメリットがあります。

募集ファンドの少なさが原因で人気を落としていますが、安全性を重視する際には外せない事業者です。

Funds(ファンズ)公式サイト

6位
CREAL(クリアル)のアイコン
CREAL(クリアル)

安全性A
利回り3.4~4.5%
開始2018年11月
代表横田 大造
株主-

利回り、安全性、投資しやすさのバランスが良い大型ファンドが特徴の人気事業者です。正確にはソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)ではなく、不動産投資型クラウドファンディングです。

投資物件が明確である点と、投資成否の責任を投資家が背負う点が他事業者との違いですが、優先劣後方式により10~20%程度(ファンドごとに異なる)はCREALが損失を負担する仕組みになっています。

CREAL(クリアル)公式サイト

最新情報は「ソーシャルレンディング会社の格付けランキング」をご覧ください。

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディングへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ

1 効率的な学習の進め方 ★★★★★
2 ソーシャルレンディングとは? ★★★★★
3 利回り7.0%という衝撃 ★★★★
4 どれぐらい儲かるのか? ★★★★
5 おすすめのSL事業者 ★★★★★
6 どんな人に向いているのか? ★★★★
7 どんな会社がお金を借りているのか? ★★★★★
8 ソーシャルレンディングの貸し倒れ率 ★★★★★
9 3種類のファンドタイプ ★★★★★
10 ファンドの選び方&チェックポイント ★★★★★
11 投資や分析が苦手な人のためのSL戦略 ★★★★★
12 最適な分散投資のやり方 ★★★★★
13 ソーシャルレンディングの税金 ★★★★★
14 確定申告のやり方をかんたん解説 ★★★★★
15 世界のソーシャルレンディングの歴史 ★★★★★
16 日本のソーシャルレンディングの歴史 ★★★★★
17 口座開設の手順 ★★★★★
18 実際に投資するまでの手順 ★★★★★
19 ソーシャルレンディングの3つのタイプ ★★★★
一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
ソーシャルレンディング格付けランキング
SBIソーシャルレンディング
Twitter