カナメ先生
大事な資産を年5~7%で安全に増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(18)メリット(9)リスク(10)上級レッスン(66)BLOG(222)掲示板運営者紹介
SL事業者格付ランキング事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒
最新ファンド横断比較Pick本当の利回り計算機New資産運用シミュレーター

ソーシャルレンディング業界初の貸し倒れ確定はトップ企業の勲章

投稿日:2018年11月23日 | 執筆者:カナメ先生
報告が遅れましたが、2018年11月15日にSBIソーシャルレンディングの貸倒損失を受けました。対象ファンドはSBISL不動産バイヤーズローンファンド 16号で、損失額は69,882円です。

SBIソーシャルレンディングの貸し倒れ確定額

最終的にはプラス収支

出資額3,000,000円
元本損失額-69,882円
利息分配額+147,587円
遅延損害金+3,142円
源泉徴収額-30,773円
最終損益+50,072円

元本に損失はあったものの、分配金が入っているため最終損益は+50,072円(税引前80,847円)となりました。

ソーシャルレンディング業界初の貸し倒れ確定

(1) 個人間融資時代の貸し倒れ(2012年まで)
(2) みんなのクレジットによるサービサー譲渡(詐欺まがい)

厳密には「SBISL不動産バイヤーズローンファンド 16号」以前にこれらの貸し倒れがありますが、法人向け融資でなおかつ詐欺まがいではない貸し倒れは業界初です。

SBISLが貸し倒れを確定させたことは、ソーシャルレンディング事業者として真摯に取り組んでいく意思の表れなのだと思います。

なぜ貸し倒れを迅速に確定させるべきなのか?

失敗を認めて融資審査能力向上などに役立てるためです。
不良債権の素早い処理(損失確定)は金融業者として当然の仕事です。

「延滞継続」「借り換え」で不良債権を先延ばし続けると失敗を認識できないため、サービス改善の機会を失ってしまいます。先延ばしの限界を迎えたときにはサービス終了&投資家に大損害を与える事態となってしまいます。

私は小さな会社を経営していますが、赤字事業の迅速な撤退判断は経営者の義務だと考えています。チームの思いや努力の結晶である事業を徹底するのは非常に苦しいことですが、これを怠れば会社が潰れてしまいます。

SBIソーシャルレンディングに問題は無かったのか?

2019年7月9日の分配不能のお知らせから約4ヶ月の迅速な処理でした。速度や丁寧な報告という面では高く評価できます。しかし、貸付先が問題のある会社(トウキョウ運河)であったことはSBISLの手落ちであったと考えられています。

また、16号~21号はサービサー譲渡となりましたが、22号の不動産担保は競売にかけられることになりました。このことから不動産評価額の査定に大きなミスがあったと思われます。

競売入札期間2019年1月10日~1月17日
売却決定期日2019年1月30日
売却許可決定確定日2019年2月7日

※裁判所からSBISLに配当されるのは売却許可決定から2ヶ月程度。

関連記事:SBIソーシャルレンディングの延滞・分配不能

SBIソーシャルレンディングの評価と評判
SBIソーシャルレンディングから分配不能のお知らせ
SBIソーシャルレンディングの延滞中元本額の一覧
SBIソーシャルレンディングに延滞金の回収プランを聞いてみました
SBIソーシャルレンディングに延滞しているのはトウキョウ運河
[回収進捗] SBISL不動産バイヤーズローンファンド16号の延滞債権
SBISL不動産バイヤーズローンファンドの延滞金回収状況 2018年9月
[朗報] SBISLが5.52億円を回収!17号と18号は完済となりました
SBISL不動産バイヤーズローンファンドの延滞債権回収と貸し倒れの確定
知らないと危険!SBIソーシャルレンディングはLTVを公開していないという事実
SBISLの証券担保ローンファンドが遅延を起こした理由と返済予定

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディングへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ
06/17
NEW!
SBISL不動産担保ローン事業者ファンドNeo 2号を徹底分析
06/17
更新!
クラウドクレジットのペルー小口債務者支援プロジェクトファンドで遅延発生
06/14 maneoファミリーの運用状況(貸付額・完済額・延滞額)を全掲載
06/13 太陽光発電の固定価格買い取り制度が終了(FIT終了)
06/11 maneoの担当者別で延滞額(期失額)一覧を作成してみました
06/08 CREAL(クリアル)が待望の大型案件リリース予定を発表
06/06 クラウドクレジットの第7期決算公示は5.6億円の赤字!黒字化はいつか?
06/04 ソーシャルレンディング投資の学校
06/03 オーナーズブックが情報開示の方針を発表!法人名や担保住所の開示を促す
06/01 クラウドバンクで1%還元の大型キャンペーン+新規口座開設でも2,000円
全記事の一覧
一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
ソーシャルレンディング格付けランキング
SBIソーシャルレンディング
Twitter