カナメ先生
大事な資産を年5~7%で安全に増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(18)メリット(9)リスク(10)上級レッスン(60)BLOG(171)掲示板運営者紹介
SL事業者格付ランキング事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒
最新ファンド横断比較Pick本当の利回り計算機New資産運用シミュレーター

SBISL不動産バイヤーズローンファンドの延滞債権回収と貸し倒れの確定

投稿日:2018年11月1日 | 執筆者:カナメ先生
SBIソーシャルレンディングから延滞債権回収の進捗情報が届きました。ほとんどの債権は債権回収会社(サービサー)に売却し、22号以外は決着がつきました。

法人向けファンドの貸し倒れが確定したのは国内ソーシャルレンディング業界で初の出来事です。みんなのクレジットは例外です。

SBIソーシャルレンディングから延滞債権回収の進捗報告

弊社は、SBISL不動産バイヤーズローンファンドの延滞債権の一部について、債権回収会社(サービサー)に譲渡し、303,513,000円の回収を行いました。

本債権譲渡に伴い、SBISL不動産バイヤーズローンファンド16号、17号、18号、21号につきましては、全運用期間を通じての分配額および償還額の総額が当初出資額を上回ることが予想されます。

誠に遺憾ながら、SBISL不動産バイヤーズローンファンド19号、20号、22号につきましては、分配額と償還額の総額が当初出資額を下回ることが予想され、投資家の皆様にはお詫び申し上げます。

【SBIソーシャルレンディングからのメッセージより抜粋】

全ファンドの損失確定額と運用中残高

案件名出資総額償還済額元本損失確定額運用中残高損失率
16号952,000,000929,824,000▲22,176,0000-2.3%
17号585,000,000585,000,000-0-
18号160,000,000160,000,000-0-
19号311,000,000136,490,000▲44,510,000130,000,000-14.3%
20号191,500,000157,248,000▲34,252,0000-17.9%
21号670,000,000195,300,000▲24,700,000450,000,000-3.7%
22号320,000,00022,651,000▲4,349,000293,000,000
(延滞中2.7億)
-

17号・18号は全額回収です。16号・21号はマイナス(元本損失)となっていますが、今までに振り込まれた分配金があるため最終的にはプラスになります。

19号、20号、22号は残念ながらマイナスが確定してしまいました。
22号に関してはまだ担保処理が済んでいないため最終的な損失額が心配です。

最終的に16~21号(22号は除く)の合計では、元本2,869,500,000円中、損失額125,638,000円で、元本損失率4.38%となりました。

不動産バイヤーズローンファンド16号の回収詳細

私は16号に3,000,000円の投資をしています。元本損失は69,882円ですが、過去12回の分配で150,729円の利息収入を得ているため、現時点で80,846円のプラスとなりました。

11月15日に最後の分配があり、11月20日あたりに分配金詳細の連絡が来ます。

ソーシャルレンディング会社と借手の関係性は重要な要素

「延滞が発生したらすぐに担保の競売申立てを行いながら、他の回収手段を探っていく」というソーシャルレンディング会社が求められる当然の仕事をしたことで、SBISLに対する投資家からの評価は上がっています。

7月9日の延滞発生連絡から約4ヶ月のスピード解決でした。
途中の進捗報告メールも素晴らしかったと思います。

やはり、ソーシャルレンディング事業者と借り手に利害関係や資本関係があると、回収が上手く進まない可能性が高くなります。

グリーンインフラレンディング、ラッキーバンクなどが典型的な例です。

本来であれば容赦なく担保売却を進める場面であっても、立場が上の人や親密な人に「ちょっと待って欲しい」と頼まれれば断るのは困難です。

そういった要素を加味するとLCレンディングやSAMURAIの「上場企業の連帯保証付きファンド」も過信は禁物です。

関連記事:SBIソーシャルレンディングの延滞・分配不能

SBIソーシャルレンディングの安全性と評価
SBIソーシャルレンディングから分配不能のお知らせ
SBIソーシャルレンディングの延滞中元本額の一覧
SBIソーシャルレンディングに延滞金の回収プランを聞いてみました
SBIソーシャルレンディングに延滞しているのはトウキョウ運河
[回収進捗] SBISL不動産バイヤーズローンファンド16号の延滞債権
SBISL不動産バイヤーズローンファンドの延滞金回収状況 2018年9月
[朗報] SBISLが5.52億円を回収!17号と18号は完済となりました
ソーシャルレンディング業界初の貸し倒れ確定はトップ企業の勲章
知らないと危険!SBIソーシャルレンディングはLTVを公開していないという事実
SBISLの証券担保ローンファンドが遅延を起こした理由と返済予定

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディングへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ
03/22
NEW!
LENDEXがキャッシュバックキャンペーンを実施中!利回り8.0%案件にも注目
03/18 ポケットファンディングが上場企業との資本提携により信頼性アップ
03/16 LENDEX(レンデックス)社長交代の意味を完全解説
03/15 SBISLメガソーラーブリリアントローンファンド(利回り3.0%)の狙いは?
03/15 CREAL(クリアル)の資産運用応援キャンペーンを最大限活用する方法
03/15 ラッキーバンク事件は詐欺なのか?被害額33億円の時系列まとめ
03/14 金融庁がソーシャルレンディング業者に貸付先の情報開示を促す
03/12 SBISLのファンド募集は増えていくのか?利回りは維持できるのか?
03/11 SBISLの人気が凄い!10分で12億円のファンドが完売
03/11 maneoファミリーの運用状況(貸付額・完済額・延滞額)を全掲載
全記事の一覧
一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
ソーシャルレンディング格付けランキング
SBIソーシャルレンディング
Twitter