カナメ先生
大事な資産を年5~7%で安全に増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(17)メリット(9)リスク(10)上級レッスン(41)BLOG(116)掲示板運営者紹介
会社格付ランキング各社データ比較最新ファンド一覧経営者分析延滞・貸倒評判

SBIソーシャルレンディングに延滞しているのはトウキョウ運河

投稿日:2018年7月26日 | 執筆者:カナメ先生
Twitterで「有名物件の謄本」を公開しているbot「ルノアール君」が、SBIソーシャルレンディングの情報を公開していました。2018年7月19日に差し押さえをしています。

SBIソーシャルレンディング・トウキョウ運河の不動産登記簿

日付順に説明すると以下のようになります。

2018年7月6日トウキョウ運河の本社はすでに退去済み。連絡が取れない状態。
2018年7月9日SBIソーシャルレンディングから投資家に分配不能のお知らせ。
2018年7月19日SBIソーシャルレンディングが該当物件の差し押さえ。

トウキョウ運河社長の怪しい経歴

(株)トウキョウ運河の代表を務める佐藤哲也氏は、2015年7月まで(株)スマートデイズの代表を務めていました。

大きなニュースとなっているのでご存知の方も多いかと思いますが、スマートデイズは2018年5月に経営破綻をしており、個人投資家に1500億円以上の被害を与えたと推定されています。

被害対象となった投資案件は「かぼちゃの馬車」という商品名の女性向けシェアハウスで、家賃保証システム(サブリース)の安心感から、人気を集めていました。

この件に関しては「スルガ銀行の不正融資問題」「黒幕と言われる佐藤太治」など、次々に怪しい情報が出てきますが、「SBIソーシャルレンディングの延滞」という趣旨から外れてしまうため詳しくは書きません。

関連記事:SBIソーシャルレンディングの延滞・分配不能

SBIソーシャルレンディングの安全性と評価
SBIソーシャルレンディングから分配不能のお知らせ
SBIソーシャルレンディングの延滞中元本額の一覧
SBIソーシャルレンディングに延滞金の回収プランを聞いてみました
[回収進捗] SBISL不動産バイヤーズローンファンド16号の延滞債権
SBISL不動産バイヤーズローンファンドの延滞金回収状況 2018年9月
[朗報] SBISLが5.52億円を回収!17号と18号は完済となりました
SBISL不動産バイヤーズローンファンドの延滞債権回収と貸し倒れの確定
ソーシャルレンディング業界初の貸し倒れ確定はトップ企業の勲章
知らないと危険!SBIソーシャルレンディングはLTVを公開していないという事実
SBISLの証券担保ローンファンドが遅延を起こした理由と返済予定

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディングへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
12/08
NEW!
アマネク浅草吾妻橋スカイに投資するべきか?
12/08
NEW!
トラストレンディングが嘘の説明で投資勧誘していたとNHKが報道
12/08
更新!
maneo手数料の実態を調査
12/07 SBIソーシャルレンディングが業界1位に!融資残高300憶円突破
12/06 ラッキーバンク事件は詐欺なのか?被害額33億円の時系列まとめ
12/06 ラッキーバンクが債権譲渡!投資家は約7割の損失
12/05 maneoの遅延率が12.8%!ガイアセレクトファンドで20.5億円の遅延発生
12/04 すっきり明解!CREALの横田社長からサービスの強みを聞いてきました
12/03 SBIグループの出資によりクラウドクレジットの信頼度が大幅アップ
12/03 テイクオーバーホールディングスの調整お見舞金を受け取った方から情報提供
全記事の一覧
一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
ソーシャルレンディング格付けランキング
SBIソーシャルレンディング
Twitter