カナメ先生
大事な資産を年5~7%で安全に増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(18)メリット(9)リスク(10)上級レッスン(55)BLOG(156)掲示板運営者紹介
SL事業者格付ランキング事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒
最新ファンド横断比較Pick本当の利回り計算機New資産運用シミュレーター

JC証券の登録取り消し処分!グリーンインフラレンディングへの影響は?

投稿日:2018年7月25日 | 執筆者:カナメ先生
2018年7月24日(火)、グリーンインフラレンディングのグループ会社であるJC証券(代表:中久保正巳)が、金融庁から金融商品取引業者の登録を取り消す処分を受けました。登録処分は行政処分において最も重い処分にあたります。

関東財務局発表の「3つの問題」を要約&補足

原因1 2017年10月に親会社(JCサービス)から2億5,684万円の増資払い込みを受けた際、会社法上必要とされる取締役会及び株主総会を開催しなかった。また、取締役会及び株主総会が開催されたとの虚偽の記載がされた議事録を作成している。さらに、本件増資金額の大半を、自社の業務に用いることなく親会社に貸し付けている。
原因2 2017年10月に個人への貸付の名目で金銭の交付を行っている。この貸付は与信能力などの実質的な審査・検討がされずに実施されている。さらに、貸付に対して「金銭消費貸借契約書」を作成しておらず、利息支払い催促も一定期間行っていない。この貸付のうち5000万円が細野豪志氏(元環境大臣)に渡ったと考えられている。
原因3 金融庁より増資についての報告書を求められた際、嘘の報告書を提出している。内容は「増資の事前に取締役会が行われたとされる議事録」「貸付の事前に作成されたとされる金銭消費貸借契約書」の2点。これらの書類が嘘であることはJC証券自身が認めるに至っている。

そもそもJC証券とは?

2007年2007年5月18日に設立(キャタリスト証券)。日本証券業協会グリーンシート制度の主幹事業務を主に行っており、本社は沖縄県那覇市。代表取締役は田村敦史氏。取締役は大平敏行氏。
2008年第一種金融商品取引業者の登録を受ける。代表の田村敦史氏は25歳であり、史上最年少の証券会社社長となる。
2012年社長の佐藤修一氏が詐欺容疑(無登録で未公開株勧誘)で逮捕される。
2016年NVF証券株式会社に商号変更。
2017年5月。JCサービスが買収(代表:中久保正己氏)。JC証券株式会社に商号変更。業務内容にクラウドファンディングの構築が含まれる。

ようするに「トラブルのあった証券会社を、2017年にJCサービス(代表:中久保氏)が買収した」ということです。

また、キャリスト証券(現JC証券)創業者の田村敦史氏は、日本クラウド証券の前身である「ディー・ブレイン証券」で働いていたことがありました。「グリーンシート界隈には色々な繋がりがあるのだな」と感じました。

グリーンインフラレンディングに対する影響は?

JC証券自体に価値はなく、グリーンインフラレンディングの今後は「バイオマス発電施設がどれだけ売れるか?」という考え方もありますが、「環境省から補助金の全額返還命令」「金融庁から金融商品取引業者の取消し処分」などの問題発覚が続いていくと、中久保氏に「まともな会社のまともな対応」を期待するのは楽観的過ぎると思います。

グリーンインフラレンディングに財務的ダメージはありませんが、中久保氏の人間性・信頼性に対する影響は大きく、すでに「僅かでも信用しよう」というレベルは超えています。

関連記事:グリーンインフラレンディング&maneo問題

中久保正己さんの経歴・評判 | グリーンインフラレンディング
グリーンインフラレンディングの返済発表を徹底解説
maneoが望むグリーンインフラレンディング返済の大きな流れ
グリーンインフラレンディングの募集停止とNHK報道の完全解説
グリーンインフラレンディング遅延ファンドの金額とスキーム図の一覧
グリーンインフラレンディングが元本返済!?
JCサービスは破産申立を受けていた
JCサービスが銀行口座の仮差押えを受けている
JCサービスの決算情報の純利益3億2,006万円は本当なのか?
JCサービスに補助金の全額返還命令
[寄稿1] グリーンインフラレンディングの案件考察
[寄稿2] maneoの太陽光案件の考察
[寄稿3] JCサービスに対する補助金返還命令の詳細情報と投資判断のポイント
[寄稿4] maneoとグリーンインフラレンディングの怪しい関係
[寄稿5] グリーンインフラレンディング東北メガソーラー案件の詳細調査
[寄稿6] 最近のJCサービスの動き(社員解雇・給与・案件売却)
[寄稿7] JCサービスの近況(売却進捗・給与・バイオマス)
[寄稿8] JCサービスのFIT名義が変更されている件
[寄稿9] maneoがJCサービス関連案件を募集
[寄稿10] クラウドバンクの太陽光案件はGIL投資家にとって朗報なのか?
[Aさんの回答1] JCサービスと反社会的勢力・バイオマス発電の売却状況について
[寄稿B1] JCサービスが大樹総研グループに5億円以上の業務委託
maneoによるグリーンインフラレンディング投資家説明会の5chまとめ
maneoによる第2回グリーンインフラレンディング投資家説明会
maneoマーケットに行政処分勧告
maneoマーケットの行政処分(業務改善命令)に対する見解
maneoマーケットが業務改善命令に基づく改善対応策を提出
maneoが業務改善計画の概要を報告!投資家はどうするべきか?
maneo掲示板
グリフラ掲示板

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディングへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ
02/22
NEW!
期間ロスを意識してソーシャルレンディングの実質利回りを上げよう
02/18 投資信託やロボアドの本当のコストを理解することで投資成績を向上できる
02/16 ソーシャルレンディング投資家の平均投資額や年齢など [2019年2月版]
02/15 SBIソーシャルレンディングが振込手数料無料のクイック入金サービスを開始
02/15 iDeCoの運用商品を変更しました!SBI証券でおすすめの商品を紹介
02/14 オーナーズブックの売上2.2億円ってどういう意味?
02/12 オーナーズブックの運営元ロードスターキャピタルの2018年12月期決算解説
02/12 LCホールディングス・2019年3月期 第3四半期決算の解説
02/11 ウェルスナビのキャンペーン情報!最大10万円がキャッシュバック
02/11 Funds・デュアルタップ第2弾は利回り4.5%×12ヶ月の手堅い案件
全記事の一覧
一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
ソーシャルレンディング格付けランキング
SBIソーシャルレンディング
Twitter