カナメ先生
大事な資産を年5~7%で安全に増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(18)メリット(9)リスク(10)上級レッスン(66)BLOG(209)掲示板運営者紹介
SL事業者格付ランキング事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒
最新ファンド横断比較Pick本当の利回り計算機New資産運用シミュレーター

住信SBIネット銀行は本当に便利!5つのメリット+αを解説

投稿日:2019年5月9日 | 執筆者:カナメ先生
住信SBIネット銀行のTOPページ

ソーシャルレンディングをはじめるうえで、ソーシャルレンディング事業者の口座を開くよりも先に作るべき銀行口座が住信SBIネット銀行です。今回は「まだ住信SBIネット銀行の口座開設を躊躇している人」に向けてメリットを解説いたします。

ソーシャルレンディングをやっていない人にとっても圧倒的オススメ1位のネット銀行であることに間違いありません。

ちなみに私とネット銀行の関係は、17年前(2002年)にソニー銀行を利用しはじめてから、ジャパンネット銀行、イーバンク銀行(現・楽天銀行)、新生銀行と口座を開設し、今はほとんどの取引を住信SBIネット銀行で行っています。

まずは基本となるスマプロランクを知りましょう

住信SBIネット銀行にはスマプロランクと呼ばれるランクシステムがあります。ランクは1~4まであり、段階に応じて得られるメリットが変わってきます。

私はランクを上げることは意識していませんが、ほとんどランク2になっています。ランク2の条件は以下のどれかを満たしていればOKです。外貨預金とハイブリッド預金に少しだけお金を入れておくことで、ランク2を維持する人が多いようです。

住信SBIネット銀行のランク2条件

(1) ATM引出手数料が月5回無料&振込手数料が月3回無料!

ランク2であれば、ATM引出手数料が月5回無料、振込手数料が月3回無料です。これだけの無料枠があればSBIネット銀行に手数料を払うことはほぼありません。また、無料の範囲を超えても、ATMは1回108円、振込手数料は1回154円なので安心です。

また、SBIネット銀行同士であれば何回でも振込無料です。

ちなみに口座開設の当月と翌月は自動的にランク2からのスタートなので、最初から無料サービスを利用することができます。

(2) SBIソーシャルレンディングでクイック入金サービスが使える

住信SBIネット銀行のランク別手数料

住信SBIネット銀行の口座をもっていれば、SBIソーシャルレンディングでクイック入金サービスを利用することができます。クイック入金サービスには以下のようなメリットがあります。

(1) 振込手数料が無料(無料枠を消費しない)
(2) 365日24時間・即時入金が可能
(3) 振込先口座情報を入力する必要がないので簡単&安心
(4) 振込金額を入力する必要がないので簡単&安心

私はソーシャルレンディング投資においてSBIソーシャルレンディングをメインにしているので、非常に便利なサービスだと感じています。

(3) 預金金利や住宅ローン金利が好条件

私は何の金融サービスを利用する場合でもSBIグループより高いか低いかを基準とします。それほどSBIグループのサービスに信頼があります。もちろん住宅ローン以外の各種ローンも業界最低水準となっています。

(4) 定額自動入金で給与の移動も手数料無料

そもそも給与受取口座を住信SBIネット銀行に変更すればよいのですが、会社によっては指定の銀行があります。そのような場合には定額自動入金サービスを利用することで手数料無料で住信SBIネット銀行に預金を移動することができます。

大手銀行はもちろんのこと全国の地銀や信用金庫にも対応しています。
私が給与受取口座に利用している群馬銀行もありました。

(5) もちろんセキュリティも業界最高クラス

住信SBIネット銀行が採用しているスマホを利用したスマート認証は、利便性を損なわずにセキュリティを大幅強化できるので非常に気に入っています。

また、24時間365日体制の振込モニタリングをしており、第三者が操作した可能性があると思われる取引は一時的に取り扱いを停止し、電話やメールで連絡をくれるようです。

番外編 : 住信SBIネット銀行のカードローンは超便利

カードローンに関しては向き不向きがあるので万人におすすめできるわけではありませんが、個人的には非常に便利だと感じています。しっかり借入の自己管理ができる人は登録だけでもしておくと、もしものときに安心です。

上記は私のカードローン利用履歴です。1日単位で借入や返済が行えます。
私の利用条件は借入限度額400万円、年利率4.49%です。
借入限度額と年利率は各自の収入などに応じて異なります。

住信SBIネット銀行の口座開設はこちら

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディングへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ
05/25
NEW!
SAMURAI&J PARTNERSの2019年1月期決算を徹底解説
05/25
更新!
FANTAS Technologyの2018年11月期決算を徹底解説
05/24 配当利回り4.5%以上の株式は208銘柄!積水ハウス、SUBARUなど
05/21 SBISLも実質的な貸付金利が10%を超えていることがあるという事実
05/20 ソーシャルレンディングのクリック合戦で勝つにはPCの時計を使ってはダメ
05/18 SBISLの延滞は回収率94%で決着!トウキョウ運河と知れば避けられたのか?
05/17 SBIソーシャルレンディングが借手情報を開示したことで及ぼす影響
05/16 オーナーズブックの5%案件!世田谷区マンション素地底地1号を徹底分析
05/14 不動産投資型クラウドファンディングの本質は目利きへの相乗り投資
05/13 maneoファミリーの運用状況(貸付額・完済額・延滞額)を全掲載
全記事の一覧
一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
ソーシャルレンディング格付けランキング
SBIソーシャルレンディング
情報共有のお願い