カナメ先生
大事な資産を年3~5%で増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(17)メリット(9)リスク(8)投資力向上(189)ブログ(901)掲示板運営者紹介
SL事業者ランキング人気事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒確定申告
最新ファンド横断比較Pick資産運用シミュレーター利回り計算機ふどクラ研究所姉妹サイト

期間ロスを意識してソーシャルレンディングの実質利回りを上げよう

投稿日:2019年2月22日 | 執筆:カナメ先生
まずは4種類の「利回り」について説明します。

表面利回り案件に表示されている利回りです。貸出期間の利回りを表します。
実質利回り表面利回りの期間を「募集開始日~返済完了日」で再計算したものです。
期待利回り貸し倒れなどの可能性を差し引いた利回りです。
税引後利回り税金を差し引いた利回りです。

今回は 本当の利回り計算機 を参考にして、各SL事業者の特徴を解説します。
大きな延滞を起こしている事業者(maneo、クラウドリース)は解説から省きます。

各ソーシャルレンディング事業者の本当の利回り

12ヶ月案件ならどのソーシャルレンディング事業者がロスが少ないのか?

LENDEX(0.96)、SBIソーシャルレンディング(0.93)、オーナーズブック(0.93)は期間ロスが少ない事業者です。

Funds(0.89)とCREAL(0.89)は期間ロスの大きい事業者です。
今後の改善が期待されます。

各SL事業者の代表的なファンド(案件)を比較

SL事業者 代表的な案件 期間 表面
利回り
実質
利回り
Crowdcredit[ヘッジあり] 東欧金融事業者支援ファンド102号13ヶ月7.7%6.9%
FANTASFANTAS repro(空き家再生) PJ 第10号7ヶ月8.0%6.6%
クラウドバンク太陽光発電ファンド第625号13ヶ月6.9%6.3%
SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus 25号12ヶ月6.5%6.0%
LCレンディングLCGF530号 6か月運用型6ヶ月6.0%5.2%
RenosyRenosy キャピタル重視型 第7号ファンド3ヶ月8.0%5.2%
オーナーズブック中野区新築マンション第2号ファンド第1回21ヶ月4.5%4.2%
Funds台東区XEBECファンド#112ヶ月4.5%4.0%
CREALルーブル旗の台12ヶ月4.0%3.6%

なかなか興味深い結果になりました。

SBISLを基準にして、利回りを上げたいのであればCrowdcredit、FANTAS、クラウドバンクの投資額を増やします。安全性を上げたいのであればオーナーズブックの投資額を増やします。

LCレンディングとFundsは特徴的なので判断が難しいところです。
CREALはキャンペーン無しでは魅力に欠けてしまいます。

個人的にはCrowdcreditへの投資比率を上げようと思いました。
為替ヘッジありで実質利回り6.9%は魅力的です。

評価B+クラウドクレジットの公式ホームページ

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴21年。ソーシャルレンディング歴6年。運用資産3.5億円以上。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ

オーナーズブック

ブログの同カテゴリ記事一覧

クラウドクレジットの現状!パフォーマンス推移やウクライナ侵攻の影響を解説
不動産クラファンの投資物件に根抵当権が設定されていても大丈夫なのか?
不動産ファンド投資家なら学ぶべき!日本エスコンによるJ-REITの不祥事
日銀が利上げした場合のソーシャルレンディング&不動産クラファン投資戦略
SAMURAI FUNDがJトラストグループから外れた影響を詳しく解説
全記事の一覧

一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
ソーシャルレンディング格付けランキング
Twitter