カナメ先生
大事な資産を年5~7%で安全に増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(18)メリット(9)リスク(10)上級レッスン(67)BLOG(267)掲示板運営者紹介
SL事業者格付ランキング事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒
最新ファンド横断比較Pick本当の利回り計算機New資産運用シミュレーター

レンデックス(LENDEX)の2018年12月期決算は1,407万円の赤字

投稿日:2019年7月16日 | 執筆者:カナメ先生
社長交代で信頼度を落としているLENDEX(レンデックス)の財務面をチェックしてみたいと思います。

当期は1,407万円の赤字

当期純損失は1,407万円です。
前期は2,076万円の利益(黒字)を上げていました。

ファンド運用額(短期貸付金)が約5.9億円なので、手数料収入が2.0%だとすると約1,180万円です。3.0%だとしても1,770万円です。ここから販売費・一般管理費を引いて、さらに従業員7名(役員含む)の給与を払うと完全に赤字です。

こういった事情もあり先月はファンド販売額3.98億円と奮起しています。
これらの案件がデフォルトを起こさなければ良い傾向です。

純資産1億円は少しだけ安心材料

非常に先行きの心配なLENDEXですが、純資産1億円は少しだけ安心材料になります。現預金から投資家預り金を引いた金額が7,391万円ほどあります。

カナメ先生の見解

投資家にとっては「様子見」の状態が続いています。
7月は社長交代の影響もあるのか16日の時点でファンド募集0件です。
ファンドを完売にするだけの力はあるので安定的なファンド募集を期待しています。

評価B+LENDEX(レンデックス)の公式ホームページ

関連記事:LENDEX(レンデックス)

LENDEX(レンデックス)の評価と評判
筧悦生さんの経歴・評判 | LENDEX
深澤克己さんの経歴・評判 | LENDEX(レンデックス)
田川徳彦さんの経歴・評判 | LENDEX(レンデックス)
LENDEX(レンデックス)社長交代の意味を完全解説
LENDEX(レンデックス)がわずか4ヶ月で2度目の社長交代
LENDEXの高利回り不動産担保付きローンファンドの徹底解説
LENDEXの不動産担保査定は東急リバブルから変わったのか?
LENDEXのローリスク型ファンドが残り7,900万円!利回り7%でLTV53%以下
LENDEXの高利回り10%ファンドの担保評価額や危険性を徹底分析
LENDEX(レンデックス)の口座開設手順

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディングへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ

08/23
NEW!
クラウドバンクの600億円突破キャンペーンはキャッシュバックと抽選のダブル特典
08/22
NEW!
絶好調のクラウドバンクから不動産担保型ローンファンドが登場
08/20 老後資金2000万円を貯める方法
08/19 続報!クラウドクレジット・ペルー小口債務者支援プロジェクトファンドの返済状況
08/19 LCホールディングス・2020年3月期 第1四半期決算から期失の可能性を考える
08/17 SBIソーシャルレンディングが匿名化解除後に募集したファンドの相関図
08/15 LCホールディングスがソーシャルレンディングにおける資金調達停止の問題を報告
08/13 クラウドバンクが関東エリアでテレビCMを放送開始!その意図と効果は?
08/12 maneoファミリーの運用状況(貸付額・完済額・延滞額)を全掲載
08/10 Funds(ファンズ)が約7億円の資金調達でサービス拡大を加速
全記事の一覧
一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
ソーシャルレンディング格付けランキング
SBIソーシャルレンディング
Twitter