カナメ先生
大事な資産を年3~5%で増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
ブログ(1024)掲示板SL事業者ランキングファンド検索運営者紹介ふどクラ研究所

CRE Fundingの評価と評判

投稿日:2020年5月12日 | 執筆:カナメ先生
(本記事はアフィリエイトURLを含みます)

東証1部上場企業の保証付きファンドに投資できる

CRE Fundingのトップ画面

基本情報

運営 株式会社シーアールイー
FUEL株式会社(プラットフォーム運営)
設立2009年12月(サービス開始は2020年2月)
住所東京都港区虎ノ門2-10-1 虎ノ門ツインビルディング 東棟19階
株主 京橋興産(45.6%)
ゴールドマン・サックス(17.1%)
ケネディクス(14.3%)
役員 [会長] 山下 修平
[社長] 亀山 忠秀
貸し倒れなし

特徴(1) 東証一部上場企業の保証付きという大きな安心

CRE Fundingの一番の特徴は東証一部上場企業である株式会社シーアールイーの保証付きファンドである点です。

株式会社シーアールイーは売上239.4億円、営業利益16.5億円、自己資本174.7億円を誇る企業で、デフォルトの可能性は非常に低いと考えられます。J-REITや私募ファンドの運用にも圧倒的な実績があります。

また、ゴールドマンサックスやケネディクスが大株主である点も見逃せません。

CREグループの圧倒的な実績

特徴(2) 安定した利回り&運用期間

CRE Fundingは過去に4本のファンドを募集していますが、利回り、募集額、募集ペースの全てが安定します。投資計画を立てるうえで安定的にファンドが供給されることはプラス要素となります。

CRE Fundingのファンド一覧

特徴(3) 物流不動産という魅力的な投資先

ネットショッピングの普及にともない物流不動産の需要も毎年拡大しています。国内J-REIT資産規模における物流不動産は、オフィスビル、商業施設に次ぐ3位となっており、住宅やホテルを超える注目カテゴリとなっています。

国内EC市場規模推移グラフ(BtoC)

特徴(4) プラットフォームはFUELを利用

ソーシャルレンディングサービスの提供には「FUEL」のプラットフォームを利用しています。自前のシステム開発も可能だったはずですが、コストとスピードの面からFUELを採用したのだと考えられます。

ソーシャルレンディング業界のプラットフォームというとmaneoの悪いイメージがありますが、本来はAmazonや楽天のように信頼性を高める仕組みです。

特徴(5) CREの狙いは認知度アップなので安全性が高い

CRE Fundingは「お金集め」ではなく、「個人投資家や地主に対する認知度アップ」が目的となっています。認知度アップを目的としたソーシャルレンディングサービスは「募集額が小さい代わりに安全性が高い」という傾向があるため、安全性重視の投資家には狙い目のサービスとなります。

CREの金融商品ラインナップ

カナメ先生の見解

・利回り3.0%程度
・運用期間9~12ヶ月
・東証1部上場企業の保証付き
・担保設定なしでコスト削減
・物流不動産という魅力的な投資対象

これらを考慮すると安全性重視派には申し分のないサービスです。
老後の親にも積極的に勧められる数少ない投資商品の1つです。

唯一の欠点は募集ファンドの少なさです。今のところそれほど注目を集めていないので投資可能ですが、投資家数が増えると需給バランスが悪くなるかもしれません。

そのあたりもCREの力をもってすればあっさり解決して、さらに良いサービスに進化していく可能性もあります。

最新キャンペーン情報

CRE Fundingの利用しているシステム「FUEL」では、サービス第2弾として、様々なタイプのファンドを取り扱う 「FUELオンラインファンド」を立ち上げました。

FUELの口座は「CRE Funding」「FUELオンラインファンド」のどちらからでも開設が可能で、1つの口座から「CRE Funding」と「FUELオンラインファンド」の両サイトで扱うファンドに分散投資が可能となっています。

現在、オープン記念キャンペーンを実施中!
口座開設完了で1,000円が貰えます。

関連記事:CRE Funding

山下修平さんの経歴・評判 | CRE Funding
CRE Fundingにインタビュー!ソーシャルレンディング参入の狙いは?
CREから魅力的なファンドが登場!利回り3.0%で上場企業保証+不動産担保
大人気「CRE Funding」が0.5%キャッシュバックキャンペーン開始!
CRE Fundingから過去最大のファンドが登場!キャッシュバックキャンペーン
CRE Fundingの第7弾!利回り3.0%×東証一部上場企業の保証付きファンド
CRE Fundingから2億3,000万円のファンドが登場!新規登録は今が狙い目
CRE Fundingのピンチが投資家にとって「チャンス」になる理由
過去最大2.55億円!CRE Fundingの第9号ファンド募集は1月27日から
CRE Fundingから過去最大3億円ファンドが登場!余裕資金の短期間運用向き
CRE Fundingの延滞&貸し倒れ案件まとめ
CRE Funding掲示板

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴23年。ソーシャルレンディング歴9年。運用資産4億円以上。
IT会社経営、薬局経営、新築アパート投資、株式投資、REIT投資、クラファン投資などの幅広い経験が武器であり、「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
ブログの同カテゴリ記事一覧

東証STD上場企業が運営するB-Den(ビデン)を徹底分析!面白味のなさが魅力
Fundsの新機能「ファンド予約機能」って便利なの?メリット・デメリットを解説
高利回りの注目事業者「ヤマワケエステート」を徹底分析!利回り8.0~15.4%
COZUCHIの京都ANAクラウンプラザホテルに訴状!償還に影響はあるのか?
Rimpleのプロパティエージェントが上場廃止!ミガロホールディングスとは?
全記事の一覧

一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
ソーシャルレンディング格付けランキング
Twitter