カナメ先生
大事な資産を年3~5%で増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(18)メリット(9)リスク(8)投資力向上(155)ブログ(683)掲示板運営者紹介
SL事業者ランキング人気事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒確定申告
最新ファンド横断比較Pick資産運用シミュレーター本当の利回り計算機事業者お知らせ

TECROWDの第4弾ファンドが登場!超好立地の海外レジデンスで利回り8.0%

投稿日:2021年5月11日 | 執筆:カナメ先生
TECROWD(テクラウド)のAmbassador Residence

注目の海外不動産クラファン「TECROWD」から第4弾ファンドが登場しました。
前回と同じモンゴルの「Ambassador Residence」が投資対象です。

[参考記事] TECROWDの特徴・運営会社・スタッフ・為替リスクについて

ファンド情報

ファンド名TECROWD 4号ファンドAmbassador Residence
利回り8.0%
運用期間24ヶ月
募集金額1,400万円
劣後出資10.5%
募集開始2021年5月17日(月) 20時
物件名称Ambassador Residence(605区画)
国・エリアモンゴル / ウランバートル

ポイント① 最高品質レジデンス
・2019年12月竣工済みの新築高級レジデンス(平均専有面積97.2㎡)
・日本企業であるTECRA株式会社が工事の監修を行い完成させた物件
・インテリアデザインは世界的な建築家「蔭山晶久」氏が担当
・Forbes Property Awardsで最優秀賞を受賞(Best Value Residential 部門)

ポイント② 超好立地&高い透明性
・超好立地(シャングリラホテル 200m、日本大使館 400m)
・投資物件の所在地だけでなく部屋番号も公開されている

ポイント③ 堅実な配当原資
・配当原資は家賃収入(インカムゲイン)を想定
・モンゴルの上場金融機関のグループ企業であるIP社との一括借り上げ契約
・IP社からの一括借り上げ家賃は円建てなので為替リスクが軽減

ポイント④ リスク対策
・優先劣後構造の採用で値下がりリスクを軽減
・物価と不動産価格は連動するので為替リスクが軽減

Ambassador Residenceの部屋・室内 Ambassador Residenceのエントランス Ambassador Residenceの外観 Ambassador Residenceのエレベーターホール

追加調査:投資用物件販売サイトを発見

InvesCoreの投資物件

InvesCoreというサイトで投資物件として販売されていました。

InvesCoreでは想定利回りが10%となっていますが、下記の理由からTECROWDで投資したほうがメリットが大きいと感じています。

TECROWDの有利ポイント
・価格が安い
・販売元がTECRA株式会社のほうが安心
・優先劣後方式を採用している
・IP社との一括借り上げ契約をしている
・不動産クラファンのほうが手続きが簡単
・運用期間が24ヶ月に定められている

追加調査:Googleのクチコミ

Ambassador ResidenceのGoogleクチコミ((口コミ)

Googleの口コミ情報でも高評価でした。

カナメ先生の見解

情報を整理してみると、とても魅力的な投資対象に感じます。
この品質&立地でこの物件価格は格安です。

成長期待国での不動産投資に興味が湧いてきました。

しかし、条件が良すぎて見落としが不安になります。
特に「利回り8.0%で安心」ということはありえません。
モンゴル国のカントリーリスクについて調査を進めていきます。

運営の規模や投資国を考えると決してリスクの低い投資先ではありません。
ポートフォリオ全体における投資比率は低めに抑えることをおすすめします。

TECROWD(テクラウド)の公式サイト

関連記事:不動産クラウドファンディング

不動産投資手法を比較!現物、J-REIT、私募REIT、私募ファンド、クラファン
不動産クラウドファンディングの真実!専門家に本音を語っていただきました
不動産投資型クラウドファンディングとJ-REITの違いは?どちらが有利なのか?
不動産クラウドファンディングの倒産や契約違反のリスクは?
ソーシャルレンディングより不動産クラファンの方が安全なのか?
TREC FUNDINGが面白い!東証一部企業が提供する不動産投資サービスを解説
利回り8.0%!新興国投資の不動産クラファン「TECROWD」を徹底分析
話題のWARASHIBE「利回り12%ファンド」ってどうなの?4月22日まで応募可
※不動産投資クラファン掲示板

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディングへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ

オーナーズブック

Funds(ファンズ)

ブログの同カテゴリ記事一覧

注目のファンドが続々登場!オナブ、Rimple、CREALのどれに投資する?
TECROWDの第4弾ファンドが登場!超好立地の海外レジデンスで利回り8.0%
FUELから大型案件が登場!上場企業子会社の保育園ファンドで利回り3.0%
本日3案件!オーナーズブックの利回り5.1%ファンドはどれを選ぶ?
利回り5.0%!CREALの超好立地レジデンス開発ファンドを分析
全記事の一覧

一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
[9177] no name(2021-05-13 20:45:55)
インタビュー記事を見つけたので貼っときます
TECROWDが中央アジアを扱う理由とは?
https://crowd-answer.com/articles/tecrowdのインタビュー取材
ソーシャルレンディング格付けランキング
Twitter