カナメ先生
大事な資産を年3~5%で増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
ブログ(1025)掲示板SL事業者ランキングファンド検索運営者紹介ふどクラ研究所

Rimple運営のプロパティエージェントが上場廃止!ミガロホールディングスとは?

投稿日:2023年10月4日 | 執筆:カナメ先生
(本記事はアフィリエイトURLを含みます)
ミガロホールディングス

Rimpleを運営するプロパティエージェントが2023年9月28日をもって上場廃止となりました。

その後、2023年10月2日の株主移転により完全親会社「ミガロホールディングス」を設立し、同日に東証プライムへ新規上場しました。

つまり、不動産クラファン投資家にとって「Rimpleは上場企業グループが運営している」という認識を変えなくても良さそうです。

ミガロホールディングス設立の目的は?

ミガロホールディングスの事業

プロパティエージェントでは「投資用マンション開発販売事業」が売上のほとんどを占めていました。

しかし、今後の拡大のためには「DX不動産事業」と「DX推進事業」を並列に置く必要があると考えていました。

そのための組織再編がミガロホールディングスの設立です。

投資用不動産開発販売会社から不動産テック企業への移行に本腰を入れはじめたということです。

カナメ先生の見解

一概に上場企業グループだから安心という訳ではありませんが、それでも上場企業グループであることは信頼性の目安となります。

そういった意味でRImpleの運営会社が非上場企業にならなくて安心しています。

不動産テック業界(不動産クラファン含む)がどんどん盛り上がっていきそうで楽しみです。

評価ARimple(リンプル)の公式ホームページ

関連記事:Rimple(リンプル)

Rimple(リンプル)の評価と評判
Rimpleの初回ファンドは驚きの高利回り!1万人突破&初回案件のダブルボーナス
Rimpleの大注目初回ファンドが募集開始!開始から19時間で900%突破
Rimpleの落選者限定キャンペーンが超豪華!1,000円プレゼント&限定ファンド
残り11日!セゾンカードの永久不滅ポイント所有者は4,000円得できるチャンス
注目のRimpleから第3弾ファンドが登場!利回り4.6%×6ヶ月の好条件をキープ
利回り4.7%!東証1部プロパティ―エージェントが組成する不動産投資ファンド
今は住居系投資が手堅い!Rimple(リンプル)の大人気ファンド第6弾が募集開始
Rimpleの第9弾ファンドで墨田区、新宿区、渋谷区のマンションに分散投資しよう
あいかわらずRimpleはオススメ!応募倍率500~700%の抽選をどう攻略する?
Rimpleを運営するプロパティエージェントの2022年3月期決算!今期も増収増益
Rimple(リンプル)掲示板

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴23年。ソーシャルレンディング歴9年。運用資産4億円以上。
IT会社経営、薬局経営、新築アパート投資、株式投資、REIT投資、クラファン投資などの幅広い経験が武器であり、「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
ブログの同カテゴリ記事一覧

東証STD上場企業が運営するB-Den(ビデン)を徹底分析!面白味のなさが魅力
Fundsの新機能「ファンド予約機能」って便利なの?メリット・デメリットを解説
高利回りの注目事業者「ヤマワケエステート」を徹底分析!利回り8.0~15.4%
COZUCHIの京都ANAクラウンプラザホテルに訴状!償還に影響はあるのか?
Rimpleのプロパティエージェントが上場廃止!ミガロホールディングスとは?
全記事の一覧

一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
ソーシャルレンディング格付けランキング
Twitter