カナメ先生
大事な資産を年3~5%で増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(18)メリット(9)リスク(8)投資力向上(160)ブログ(733)掲示板運営者紹介
SL事業者ランキング人気事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒確定申告
最新ファンド横断比較Pick資産運用シミュレーター利回り計算機ふどクラ研究所姉妹サイト

TSON FUNDINGを徹底分析!新築物件で利回り6.7%は実現可能なのか?

投稿日:2021年7月27日 | 執筆:カナメ先生
TSON FUNDINGの公式サイト

新築物件で利回り6.7%という好条件ファンドを募集しているTSON FUNDING(ティーソン・ファンディング)の特徴や信頼性について徹底的に分析します。

TOPページに書かれている「ファンド運用数No.1」「取扱ファンド総額No.1」という表記に驚きましたが、その下に小さく「TSON独自調査に基づく中部地方実績値」と書かれていました。

基本情報

名称TSON FUNDING(ティーソン・ファンディング)
運営株式会社TSON
設立2008年8月(サービス開始は2020年12月)
住所愛知県名古屋市中村区名駅3丁目22番8号 大東海ビル2階
株主 深川 堅治(78.23%)
役員 [代表取締役社長] 荒木 健次
利回り6.7%(目安)
入金銀行GMOあおぞらネット銀行

特徴(1) 魅力的な新築一戸建てや新築賃貸住宅への投資

TSON FUNDINGの投資対象は自社開発の新築一戸建や新築賃貸住宅です。
一戸建てはキャピタルゲイン型、賃貸住宅はインカムゲイン型となっています。
インカムゲイン型は全期間家賃固定型の空室保証付きです。

TSON FUNDINGの賃貸住宅タイプ(1)TSON FUNDINGの一戸建タイプ(1)

TSON FUNDINGの一戸建タイプ(2)TSON FUNDINGの賃貸住宅タイプ(2)

特徴(2) 不動産AIを活用して物件を選定

TSONでは独自開発の不動産AIを活用して物件選定を行っています。
不動産AIは「勝率一番」をいうサービス名で外部に有償提供されています。

不動産AIの解説図

特徴(3) 定期借地権を活用して投資効率アップ

TSON FUNDINGでは定期借地権を活用することで投資効率を大幅にアップ(新築にも関わらず利回り6%以上)しています。

借地を利用することで土地探しの選択肢を大幅に増やし、地価暴落リスクも抑えることができます。

借地型不動産投資物件の説明

特徴(4) 優先劣後方式の採用でリスクを抑える

不動産クラファンでは珍しくありませんが、TSON FUNDINGでも優先劣後方式を採用しています。

劣後出資を行うことで、売却時に損失が発生した場合でも、劣後出資の範囲内であれば投資家の元本が減少しない仕組みとなっています。

優先劣後方式の説明

信頼調査(1) 株式会社TSONとTOKYO PRO Marketについて

株式会社TSONの上場している「TOKYO PRO Market」は、東京証券取引所が運営する株式市場です。プロ向けの株式市場という位置付けで、一般市場よりも柔軟な上場基準となっています。

監査された決算情報を見ることができるため信頼性は非常に高くなります。

株式会社TSONの決算情報(2020年6月期)
売上高16.97億円
営業利益0.37億円
純利益0.22億円
株主資本4.85億円
株主資本比率39.70%

株式会社TSONの最新IR情報

信頼調査(2) 大株主の深川堅治氏とは?

・ハウスメーカー「東新住建」の創業者(本社:愛知県稲沢市)
・1976年に「東新住建」を設立
・1998年にジャスダックで株式公開
・2009年にリーマンショックの影響で経営破綻(負債総額 約491億円)
・経営破綻後は民事再生を申請し、わずか3年で売上250億円までV字回復
・東新住建レスリング部には「土性沙羅選手」「登坂絵莉選手」が所属

TSON FUNDINGのファンド募集実績

募集年月日 方式 利回り 運用期間 募集金額 劣後出資
2020年12月10日抽選6.7%365日4,050万円20%
2021年01月20日抽選6.7%303日2,450万円20%
2021年02月10日抽選6.7%306日3,050万円20%
2021年03月01日抽選6.7%244日4,460万円10%
2021年04月02日抽選6.7%365日3,150万円10%
2021年05月20日抽選6.7%245日5,080万円10%

カナメ先生の見解

高利回りの資産運用を目指すのであれば積極的に活用したいサービスです。

①都心以外で不動産投資(主に愛知県)
②自社開発の物件
③定期借地権の活用

これらの戦略で6.7%という高い利回りを実現しています。

コンスタントに毎月ファンド募集を行っている点もプラス要素です。

信頼性の面では東証一部上場の飯田グループやプロパティ―エージェントには及びませんが、「TOKYO PRO Marketに上場」「黒字経営で株主資本4.85億円」といった要素から投資適格だと判断します。

しかも、優先劣後方式で安全性を高めています。

これほどの好条件だと「自分で実物不動産投資をするより良いのでは?」と思えてきます。美味い話には裏があると言いますので、運営会社の経営状態監視を怠らないように注意してください。

また、TSON FUNDINGでは先着2,000名に新規会員登録でAmazonギフト券1,000円分をプレゼントするキャンペーンを実施中です。

TSON FUNDINGの公式サイト

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディングへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ

オーナーズブック

Funds(ファンズ)

ブログの同カテゴリ記事一覧

不動産クラファン徹底比較サイト「ふどクラ研究所」プレオープン!40社を掲載
不動産クラファン「利回り不動産」ってどうなの?利回り・特徴・評判など
新社名はLAETOLI(ラエトリ)!WARASHIBEの運営が社名変更&経営陣刷新
TSON FUNDINGを徹底分析!新築物件で利回り6.7%は実現可能なのか?
FUELの初回ファンドが出揃った!DL、高島屋、シノケンの利回りや運用期間は?
全記事の一覧

一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
[4995] no name(2021-07-29 17:14:13)
地元名古屋在住なので、地元企業を応援する意味でもTSONに投資しています。
利回りもいいので突っ込み過ぎないように投資していきたいと思っています。
ソーシャルレンディング格付けランキング
Twitter