カナメ先生
大事な資産を年5~7%で安全に増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(18)メリット(9)リスク(10)上級レッスン(67)BLOG(287)掲示板運営者紹介
SL事業者格付ランキング事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒
最新ファンド横断比較Pick本当の利回り計算機資産運用シミュレーター

LENDEX(レンデックス)の評判・口コミ

投稿日:2018年12月25日 | 執筆者:トモキ
LENDEX(レンデックス)の評判と口コミについてまとめました。
ユーザー投票による人気ランキング推移

2019年09月 2019年08月 2019年07月 2019年06月 2019年05月
5位 9位 6位 8位 11位

※当サイトのTOPページで募集しているアンケートを集計したものです。
良い評判・良い口コミ
利回りが高い。

LENDEXの利回りは7%~9%と不動産担保付きローンファンドの中ではトップレベルの利回りです。

LENDEXの案件一覧
LENDEXの案件一覧
全案件が不動産担保付き。

LENDEXの案件は全てに不動産担保がついています。

融資先の事業者が返済ができなくなった場合でも、担保物件を売却することで元本を回収します。(全額返ってくるとは限りません)

担保査定で東急リバブルと業務提携している。

東急リバブルは東証一部上場企業である東急不動産ホールディングスの子会社で、不動産流通の超大手企業です。

そんな東急リバブルと担保物権の査定において業務提携しています。

LENDEXのトップページに掲載されている東急リバブルとの業務提携
LENDEXのトップページに掲載されている東急リバブルとの業務提携

LENDEXは自社の担保評価額と東急リバブルなど第三者からの査定価格を比較し、いずれか低い方を担保評価額として採用しています。

不動産担保において評価額の信頼性は重要です。

LTVは80%以下。

全案件において担保評価額の80%までを募集額としています。

これにより、売却時の担保評価額が当初評価額から20%下落してしまったとしても元本を守ることができます。

同じ案件でハイリスク型とローリスク型を選べる。

LENDEXは同じ案件を第1順位の抵当権を取得しているローリスク型と第2順位の抵当権を取得しているハイリスク型に分けて募集しています。

抵当権順位によってリスクが違うHIGH & LOW案件
抵当権順位によってリスクが違うHIGH & LOW案件

LENDEXの信頼が高まっているせいかハイリスク型の方が人気が高く、いつもローリスク型よりも早く募集額に達してしまいます。

運用期間が1年以内だから安心。

LENDEXの案件はどれも12ヶ月以内で、短いものだと5ヶ月の案件もあります。

LENDEXの案件一覧(運用期間)
LENDEXの案件一覧(運用期間)

期間が短いことで、不動産担保の評価額の変動リスクを限定することができます。

これまでに貸し倒れは無い。

SAMURAIは過去に延滞、貸し倒れ、共に1件も起きていません。

ただし、リスク商品である以上「貸し倒れ0件だから安心」と考えず、「まだ貸し倒れが起きていない」程度に捉えておくべきです。

少額から投資できる。

投資資金の少ない人でも始めやすい2万円から投資可能です。

デポジット口座からの出金手数料が無料。

LENDEXは投資資金を預けておくデポジット口座があります。

デポジット口座からの投資や残高の出金は手数料がかかりません。

デポジット口座があって出金手数料がかからないのはクラウドバンクとLENDEXだけです。しかもLENDEXは最低出金金額の制限もありません。

悪い評判・悪い口コミ
経営者が過去に行政処分を受けている。

LENDEXの代表である筧悦生さんはかつて自信が設立した清和監査法人で1年間の一部業務停止命令という重い行政処分を受けたことがあります。

しかし、行政処分を受けた経験がプラスに働く可能性もあるので飽くまでも判断材料として受け止めておきましょう。

ファンドが少ない。

LENDEXの案件リリースは1ヶ月平均1.3件とソーシャルレンディング業界ではかなり少ないです。

公開されている情報が少ない。

セミナーやブログで情報発信している事業者が多い中でLENDEXは何も情報発信がありません。

投資家にとっては判断材料が少なく不安になります。

会社の信頼性が低い。

親会社が上場企業だったり、大企業が株主に名を連ねている他社と比較するとLENDEXは完全なベンチャー企業です。

東急リバブルと業務提携しているものの、資本関係があるわけではありません。

東急リバブルの表記が消えている。

2018年7月の25号案件から案件詳細ページ内の東急リバブルの表記が無くなりました。

LENDEXの案件詳細ページから東急リバブルの表記が消えた
LENDEXの案件詳細ページから東急リバブルの表記が消えた

理由としては「東急リバブルとの協議の結果、内部利用目的の査定内容を第三者に開示することは控える。」というものです。トラブルや不正があったということでは無いようです。

東急リバブルの査定はLENDEXの最大の特徴ですが、表記が無くなった以上東急リバブル以外の第三者評価機関を利用する可能性も考慮するべきでしょう。

まとめ

担保評価の信頼性が高く利回りも高いという魅力的な事業者です。

今後のLENDEXからの積極的な情報発信や案件数の増加を期待したいところです。

トモキ
この記事を書いた人
大きな買い物(マイホームなど)は終わったので、あとは「息子の学費」や「老後」のためにコツコツ堅実に運用したいと思いソーシャルレンディングをやってます。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ

1 SBIソーシャルレンディングの評判・口コミ
2 オーナーズブックの評判・口コミ
3 クラウドクレジットの評判・口コミ
4 SAMURAI(サムライ)の評判・口コミ
5 LENDEX(レンデックス)の評判・口コミ
6 LCレンディングの評判・口コミ
7 maneo(マネオ)の評判・口コミ
8 クラウドリースの評判・口コミ
9 トラストレンディングの評判・口コミ
一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
ソーシャルレンディング格付けランキング
SBIソーシャルレンディング
Twitter