カナメ先生
大事な資産を年5~7%で安全に増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(18)メリット(9)リスク(10)上級レッスン(58)BLOG(170)掲示板運営者紹介
SL事業者格付ランキング事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒
最新ファンド横断比較Pick本当の利回り計算機New資産運用シミュレーター

クラウドリースの評判・口コミ

投稿日:2018年12月15日 | 執筆者:トモキ
クラウドリースの評判と口コミについてまとめました。
ユーザー投票による人気ランキング推移

2019年03月 2019年02月 2019年01月 2018年12月 2018年11月
13位 9位 14位 6位 7位

※当サイトのTOPページで募集しているアンケートを集計したものです。
良い評判・良い口コミ
利回りが高い。

クラウドリースの利回りは10%~13%と業界トップレベルの高さです。

クラウドリースのファンド一覧
クラウドリースのファンド一覧

クラウドリースの貸付先事業者Fは更にその先の事業者に対し、融資ではなく割賦販売をするため、上限金利の制限を受けずに収益を得ることができます。

これが高い利回りを実現できる理由のようです。

クラウドリースのスキーム図
クラウドリースのスキーム図
ファンドの内容が特徴的。

クラウドリースはその名の通り動産をリースする事業者へ融資を行います。

動産のリース先はアミューズメント事業(パチンコ・スロット・ゲームセンターなど)や飲食店を展開する企業なので、この場合の動産とはパチンコ台やゲーム機になります。

保全についてはリースする動産に動産所有権移転の留保を適用し、支払いが滞った場合は対象動産を売却して返済原資とします。

不動産担保が多いソーシャルレンディング業界では特徴的なファンドなので事業者の分散として有効かもしれません。

これまでに貸し倒れは無い。

クラウドリースは過去に延滞、貸し倒れ、共に1件も起きていません。

少額から投資可能。

投資資金の少ない人でも始めやすい2万円から投資可能です。

担保や保証が多い。

各案件詳細ページの保全を見ると、約束手形徴収、動産所有権移転の留保、第三者連帯保証・代表者連帯保証・LLP連帯保証など複数の保全が取られています。

案件詳細ページの「保全」の内容
案件詳細ページの「保全」の内容
短い運用期間が選べるから再投資に回しやすい。

高利回りであることに加え、短期の運用案件が多いことがクラウドリースの人気の理由です。

平均6.6ヶ月と業界でもかなり短い運用期間です。

クラウドリースの案件一覧(運用期間)
クラウドリースの案件一覧(運用期間)

小刻みに利益を確定させて再投資していける安心感と楽しさがあります。

じっくり調べながら投資できる。

高利回りの案件はすぐに満額になってしまうことが多いのですが、クラウドリースはリリースされる案件数が多くユーザー数も大手に比べると少ないので、じっくり調べながら投資することができます。

社長が経験豊富で貸出先事業を見る目が養われてそう。

クラウドリースの武谷社長は割賦事業に20年以上たずさわり、飲食店経験も豊富です。

クラウドリースのビジネスでもリース先企業の現場を社長が熟知しているというのは安心感が持てます。

悪い評判・悪い口コミ
企業信頼性が低い。

社歴の浅さ、公開情報の少なさ、パチンコをはじめとしたアミューズメント事業へのイメージが信頼を得にくい要因となっています。

また、グループ会社や出資者に上場企業がいる他のソーシャルレンディング事業者と比べてしまうと、クラウドリースは完全なるベンチャー企業です。

クラウドリースのみでは分散投資がしにくい。

クラウドリースでは投資先のほとんどがアミューズメント事業を営む企業なので、複数の案件に分けて投資しても完全な分散にはなりません。

アミューズメント事業に抵抗がある。

単純にパチンコはギャンブルだからなんとなく良くないというイメージが先行してしまうものです。

しかし、ビジネスをする側として見た場合にはとてつもない規模の市場です。クラウドリースで高金利のファンドがどんどん完済されている実績を見る限り、リスクを取りに行く価値はありそうです。

振込手数料と払戻手数料がかかる。

クラウドリースは投資資金を預けておくデポジット口座があります。

デポジット口座への入出金にはそれぞれ手数料がかかります。

クラウドリースの払い戻し手数料
クラウドリースの払い戻し手数料

入出金の回数は最小限に抑えるようにしましょう。

担保や保証の価値が分かりにくい。

保全については複数の手段をとるものの、それぞれの換価性が分かりにくいものが多いです。

担保があっても価値がなければ投資家としては意味がありません。

パチンコ業界縮小の影響が心配。

法律や条例による規制が厳しくなるに連れ、パチンコなどのアミューズメント市場は縮小していくと予想されています。

しかし、そんな今だからこそ一部の旧型遊技台の価値が上昇しリース事業が儲かるのだそうです。 短期的に見れば高利回り案件をねらえるチャンスなのかもしれません。

クラウドリースは短期運用の案件が多いので、あまり長期的な市場の動向を気にせずに済みます。

まとめ

高利回りの短期運用案件、アミューズメント事業投資、多彩な保全策とソーシャルレンディング業界でも際立った特徴を持っている事業者です。

多少リスクを取っても高利回りの投資がしたい人にとって、クラウドリースは有効な選択肢になりそうです。

トモキ
この記事を書いた人
大きな買い物(マイホームなど)は終わったので、あとは「息子の学費」や「老後」のためにコツコツ堅実に運用したいと思いソーシャルレンディングをやってます。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ
1 SBIソーシャルレンディングの評判・口コミ
2 オーナーズブックの評判・口コミ
3 クラウドクレジットの評判・口コミ
4 LCレンディングの評判・口コミ
5 LENDEX(レンデックス)の評判・口コミ
6 maneo(マネオ)の評判・口コミ
7 SAMURAI(サムライ)の評判・口コミ
8 クラウドリースの評判・口コミ
9 トラストレンディングの評判・口コミ
一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
ソーシャルレンディング格付けランキング
SBIソーシャルレンディング
Twitter