カナメ先生
大事な資産を年3~5%で増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(17)メリット(9)リスク(8)投資力向上(189)ブログ(901)掲示板運営者紹介
SL事業者ランキング人気事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒確定申告
最新ファンド横断比較Pick資産運用シミュレーター利回り計算機ふどクラ研究所姉妹サイト

おすすめ2位!オーナーズブックに投資する6つの理由

投稿日:2019年1月28日 | 執筆:カナメ先生
オーナーズブックはソーシャルレンディング業界で最も信頼されている事業者の1つです。利回りはおすすめ1位の「SBIソーシャルレンディング」に劣りますが、安全性を重視する賢明な投資家には最もおすすめできる事業者です。

評価A+オーナーズブックの公式ホームページ

理由1 : 信頼度が業界トップクラス

ソーシャルレンディング投資において何よりも優先して考えるべき要素が「事業者リスク」です。悪意のある事業者や、あまりにも低レベルな事業者を選んでしまうと、ソーシャルレンディング投資で利益を上げることは不可能です。

オーナーズブックの運営会社であるロードスターキャピタルは東証マザーズ上場企業です。下の表はロードスターキャピタルの2018年12月期第3四半期決算情報です。
利益も純資産額も他のソーシャルレンディング事業者を圧倒しています。

売上78.1億円
営業利益21.4億円
純利益12.6億円
純資産57.2億円

代表の岩野達志さんの素晴らしい経歴を合わせると、ソーシャルレンディング事業者の中でもトップクラスの信頼度だと言えるでしょう。

理由2 : 低めの利回り

オーナーズブックのファンドは4.0~5.0%の利回りが中心です。

ソーシャルレンディング業界では高利回りの事業者が次々にトラブル(貸し倒れ)を起こしています。単純に考えて金利15.0%でお金を借りなければいけない企業と、金利6.0~7.0%程度でお金を借りられる企業では返済率が雲泥の差です。

担保の有り無し以前の問題として、トラブル遭遇率を下げたい人はオーナーズブックのような低利回りファンドに投資するべきです。オーナーズブックは2014年9月のサービス開始から今までデフォルトどころか延滞も0件です。

理由3 : 全てのファンドが信頼性の高い不動産担保付き

オーナーズブックは全てのファンドに都心の不動産担保が付いていることが特徴です。しかも、オーナーズブックは不動産のプロ集団であるため、査定額の信頼性には定評があります。下記表のようにローン内訳が把握しやすい点にも好感が持てます。

オーナーズブックの不動産担保・メザニンローン

オーナーズブックの不動産担保・シニアローン

理由4 : ファンドの運用期間が長い

ソーシャルレンディングでは運用期間1年以内のファンドが多いのですが、オーナーズブックの平均運用期間は2年程度になります。

運用期間の長さには賛否両論ありますが、私は以下の理由から「安全性の高い長期ファンド」を推奨しています。

(1) 運用していない期間のロスが少ない
(2) 投資家の手間が少ない
(3) ソーシャルレンディング事業者や借り手の手間が少ない(コスト削減)

理由5 : ファンド募集件数が安定している

オーナーズブックは毎月5~10件ほどのファンドを募集してます。募集額の小さなファンドは一瞬で完売してしまいますが、これだけの募集件数があればいずれかのファンドには投資することができます。

いくら魅力的なファンドを提供していようとも、募集頻度が月1回程度ではメインの投資先として不適切です。

理由6 : 不動産投資型よりもリスクが低い

オーナーズブックは「不動産投資」を全面に押し出していますが、実際には融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)が中心のサービスです。

不動産投資型クラウドファンディングには、CREALFANTASRenosyなどがあります。これらはオーナーズブックのライバルと言えるサービスです。

私は同じ利回りであれば不動産投資型より融資型(オーナーズブック)を優先します。なぜなら、投資型では投資した物件の価値が下がれば投資家が損を被ります。しかし、融資型であればどんな状況であれ相手には完済する責任があるためです。

ただし、不動産投資型には「物件の番地まで分かる」という特徴があるため、オーナーズブックを信用できない人は不動産投資型を選ぶメリットがあります。

まとめ

以上の6つが「私がオーナーズブックに投資する主な理由」です。

一般人向け投資サービスを提供するうえでお高くとまるのは問題外ですが、過度なサービスは全体のコストを上げるだけです。

・妥当な利回り(4.0~5.0%)
・運用期間が長い(期間ロスが少ない)
・ファンド手数料が明確(2%が上限)
・金利は年4回の支払い(毎月払いではない)
・出金手数料がかかる(300円)

このようにオーナーズブックではロスの少ない平等なシステムを選択しています。

多くのサービスがユーザーに媚びすぎている中で、共に利益を追求していく合理性に気持ちの良さを感じます。

評価A+オーナーズブックの公式ホームページ

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴21年。ソーシャルレンディング歴6年。運用資産3.5億円以上。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ

オーナーズブック

ブログの同カテゴリ記事一覧

クラウドクレジットの現状!パフォーマンス推移やウクライナ侵攻の影響を解説
不動産クラファンの投資物件に根抵当権が設定されていても大丈夫なのか?
不動産ファンド投資家なら学ぶべき!日本エスコンによるJ-REITの不祥事
日銀が利上げした場合のソーシャルレンディング&不動産クラファン投資戦略
SAMURAI FUNDがJトラストグループから外れた影響を詳しく解説
全記事の一覧

一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
ソーシャルレンディング格付けランキング
Twitter