カナメ先生
大事な資産を年3~5%で増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(17)メリット(9)リスク(8)投資力向上(189)ブログ(901)掲示板運営者紹介
SL事業者ランキング人気事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒確定申告
最新ファンド横断比較Pick資産運用シミュレーター利回り計算機ふどクラ研究所姉妹サイト

SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus18号についての見解

投稿日:2018年7月21日 | 執筆:カナメ先生
案件の条件

ファンド名SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus 18号
利回り6.5%
手数料率1.0%(貸付金利7.5%)
期間12ヶ月
募集額18億円
募集開始2018年7月21日(木) 10時~
貸付先 不動産を担保にローン事業を営む事業者。
担保不動産の評価額の70%を上限としている。
「SBISL不動産担保ローン事業者ファンド」の借手と同一。

≪以下の条件を満たしている≫
① 資本金5千万円以上の企業
② 直近6年間の累積貸倒れ件数2件以内かつ、2千万円以内
③ 利息制限法改正に伴う過払金の発生無し
④ 貸金業の業歴7年以上

応募状況&感想

経過時間応募総額投資家数1人あたり
投資額
2分後5.0億円--
5分後9.3億円991名93.8万円
10分後9.6億円1134名21.0万円
1時間後12.0億円1504名64.9万円
3時間後13.7億円1849名49.3万円
5時間後14.5億円1975名63.5万円
7時間後15.1億円2058名72.3万円
24時間後17.6億円2522名53.9万円

SBIソーシャルレンディングによる延滞発表後、初の募集ということで注目を集めた案件でした。ちなみに延滞があったのは「不動産バイヤーズローンファンド」です。

前回(17号)は6.8億円が約2分間で完売していましたが、今回もほぼ同じペース(2分間で5億円)でした。SBIソーシャルレンディング登録者のキャパシティが「約10億円までなら即完売」ということなのでしょう。

SBISL不動産担保ローン事業者ファンドとしては過去最大規模ということもあり、即完売というわけにはいきませんでしたが、18億円を約24時間で売り切ったことから、「SBIソーシャルレンディングの信頼度は健在」と言えます。

ただし、前回に比べると「僅かながら勢いは落ちている」とも感じました。

不動産担保ローン事業者ファンドはSBIの屋台骨

「SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus」の借り手は、SBIが常に募集している「不動産担保ローン事業者ファンド」と同じ企業です。つまり、SBIとしてはカナリの信頼を置いている相手ということです。

私は40万円分だけ買いました

今回は購入予定は無かったのですが、情報収集のため40万円分だけ購入しました。

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴21年。ソーシャルレンディング歴6年。運用資産3.5億円以上。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ

オーナーズブック

ブログの同カテゴリ記事一覧

SOLSの第3弾は超優良ファンド!アマギフ5千円分が貰えるキャンペーンも開始
利回り4.3%!オーナーズブックの新ファンドは高級低層マンションが担保
COZUCHIの下赤塚ファンドはなぜ年利14.5%となったのか?売却活動をチェック
利回り10%+会員登録で2,000円!利回り不動産のゴルフスタジオ開発ファンド
COZUCHIから2ファンド同時公開!新橋事業用地Ⅰ・Ⅱのどちらに投資すべき?
全記事の一覧

一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
ソーシャルレンディング格付けランキング
Twitter