カナメ先生
大事な資産を年3~5%で増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(17)メリット(9)リスク(8)投資力向上(189)ブログ(902)掲示板運営者紹介
SL事業者ランキング人気事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒確定申告
最新ファンド横断比較Pick資産運用シミュレーター利回り計算機ふどクラ研究所姉妹サイト

プロパティプラスの委託商品は危ないのか?委託元AIP社の信頼性を徹底分析

投稿日:2022年8月2日 | 執筆:カナメ先生
プロパティプラスの委託商品

プロパティプラスで募集している委託商品の安全性について解説します。
結論としては「ほぼ問題なし」です。

委託商品を募集している不動産クラファン

サービス名2号事業者(募集)1号事業者(運用)
CREALクリアル株式会社クリアル株式会社
COZUCHILAETOLI株式会社株式会社TRIAD(ほとんど)
bitREALTYビットリアルティ株式会社SPC(倒産隔離)
TSON株式会社TSON株式会社TSON
Rimpleプロパティエージェント株式会社プロパティエージェント株式会社
property+株式会社リビングコーポレーション株式会社AIP

委託商品に該当するのは「COZUCHI」と「property+」です。

2号事業者(募集)の信頼性は無意味なのか?

無意味ではありません。

プロパティプラスはトップページで「東証一部上場の飯田グループのサービスなので安心してご利用いただけます」と明言しているため、トラブルがあった場合は企業の信頼を損なうことになります。

楽天市場や銀行が取扱商品に責任を持っているのと同様です。

しかし、投資家たるもの「自分の身は自分で守る」のが鉄則です。
1号事業者についても丁寧に調べる必要があります。

AIP社(アセット・インベスト・パートナーズ)とは

AIP社はアセットリードグループにおいて「投資事業、ファンド事業、AM事業」などを担当する会社です。グループの代表は北田理氏です。

基本情報
社名株式会社アセットリード
所在地東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル9F
設立2000年3月
役員 代表取締役社長:北田 理
取締役会長:飯塚 良治
常務取締役:野澤 拓也
執行役員:石郷岡 崇
常勤監査役:井村 正和
WEBhttps://assetlead.co.jp/

グループ企業
・アセットリード(代表:北田理)不動産販売、従業員80名程度
・アセットナビ(代表:野澤拓也)リーシング、都内4店舗
・アセットコミュニティ(代表:北田理)建物管理
・アセット建設(代表:竹島秀樹、取締役:北田理)建設
・アセット・インベスト・パートナー(代表:瀧本太平)AM

決算情報
株式会社アセットリードの決算公示

株主資本35.20億円、当期純利益2.38億円の優良企業です。
上場企業に劣らない財務力です。

まとめ
・20年間の社歴
・非上場企業ではカナリ大きな会社(株主資本35.20億円)
・自社ブランドの不動産を開発(AXAS、ARKMARKなど)
・毎年しっかりと決算公示を行っている(決算公示一覧
・経営者の北田理氏が顔出しをしている(Youtube
・クリアソン新宿のスポンサー(サッカーチーム)

カナメ先生の見解

現時点で募集している投資物件「Branche桜山Ⅲ」は、リビングコーポレーションが開発したものをAIP社が2021年に購入しています。

・上場企業グループのリビングコーポレーションが募集
・非上場ながら信頼性の高いアセットリードグループがファンド運用
・投資物件はリビングコーポレーションが開発したもの

総合的に考えて「十分に信頼性の高いサービス」だと判断します。

もちろん、投資なのでリスクはあります。

劣後出資比率(4%程度)が低いまま運用期間が長くなっていくのは懸念材料です。

property+(プロパティプラス)の公式サイト

関連記事:プロパティプラス

大本命の不動産クラファン「プロパティプラス」を徹底分析!飯田グループが運営
利回り10%!プロパティプラスのキャンペーンファンド4本目が登場
プロパティプラス掲示板

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴21年。ソーシャルレンディング歴6年。運用資産3.5億円以上。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ

オーナーズブック

ブログの同カテゴリ記事一覧

クラウドクレジットの現状!パフォーマンス推移やウクライナ侵攻の影響を解説
不動産クラファンの投資物件に根抵当権が設定されていても大丈夫なのか?
不動産ファンド投資家なら学ぶべき!日本エスコンによるJ-REITの不祥事
日銀が利上げした場合のソーシャルレンディング&不動産クラファン投資戦略
SAMURAI FUNDがJトラストグループから外れた影響を詳しく解説
全記事の一覧

一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
[5146] no name(2022-08-06 12:55:55)
カナメ先生
分析ありがとうございます。
一部の不動産クラファンよりも、万が一の際の体力があると理解できました。
当方が考えているよりも安全性が高いと判断できましたので、投資先に加えてみます。
ソーシャルレンディング格付けランキング
Twitter