カナメ先生
大事な資産を年5~7%で安全に増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(18)メリット(9)リスク(8)投資力向上(138)ブログ(617)掲示板運営者紹介
SL事業者ランキング人気事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒確定申告
最新ファンド横断比較Pick資産運用シミュレーター本当の利回り計算機事業者お知らせ

SAMURAIから利回り8.0%の5.5億円ファンドが登場!危険性はないのか?

投稿日:2020年3月6日 | 執筆:カナメ先生
SAMURAI FUNDの1万人突破記念キャンペーンファンド

SAMURAI FUNDから登録ユーザー1万人突破記念キャンペーンファンドの募集が発表されました。保証付きで利回り8.0%のとても魅力的な案件です。

募集開始は2020年3月9日(月)です。

ファンド情報

ファンド名1万人突破記念キャンペーンファンド
募集開始2020年3月9日
利回り8.0%
運用期間6ヶ月
募集額5.5億円
保証あり(日本保証)
担保あり(評価額:6億180万円)
融資先不動産事業者C(3期連続黒字)
資金使途借り換え資金(対象不動産の購入資金)
返済原資対象不動産の売却資金または金融機関等からの借り換え資金
(対象不動産をマンション開発業者に売却することを計画)

1万人突破記念キャンペーンファンドのスキーム図

投資家が意識することは、

・不動産事業者Cが返済する
・日本保証が返済する
・最終的には不動産担保がある
という仕組みです。かなりの保全が効いています。

日本保証の保証に不安はないのか?

まずは日本保証の業績を確認します(Annual Report 2019より)。
2019年3月31日に終了した1年間のデータです。

貸借対照表
総資産383.8億円
総負債206.5億円
資本177.2億円
貸倒引当金20.2億円

損益計算書
営業収益92.6億円
営業利益33.9億円
税引前利益34.2億円
当期利益17.2億円

想像以上に好業績です。特に自己資本(177.2億円)と貸倒引当金(20.2億円)の手厚さが目立ちます。ただし、2019年11月発表のデータによると合計債務保証残高は2,082億円もあるということですので、債務保証の審査が甘ければ大きな打撃を受ける可能性はあります。

現時点では保証会社として機能していると判断できます。

営業者報酬と保証料について

営業者報酬年率3.5%
保証料年利3.5%

カナメ先生の見解

既存のソーシャルレンディング案件の常識とは全く異なる驚異のファンドです。
国内ではNGとされる元本保証を裏技で実現しています。

・高い利回り(8.0%)
・運用期間の短さ(6ヶ月)
・募集額の大きさ(5.5億円)
・三重の保全(借手、保証会社、不動産担保)

これらを考慮すると、買わない理由がない無敵のファンドですが、個人的に好みではありません。

(1) 同グループ会社による保証付きスキームが不自然
(2) 手数料が高い(営業者報酬+保証料で7.0%)
(3) 上手い話は存在しない(リスクとリターンの関係は絶対)

以上が理由です。

あくまで好みの問題ですので、長期的に堅実な投資を貫くスタイルも、目の前の美味しい案件を探し続けるスタイルも個人の判断で問題ありません。

評価ASAMURAI FUNDの公式ホームページ

関連記事:SAMURAI FUND

SAMURAI(サムライ)の評価と評判
中山幹之さんの経歴・評判 | SAMURAI FUND
澤田聖陽さんの経歴・評判 | SAMURAI FUND
SAMURAI FUNDのオータムキャンペーンファンドが募集キャンセル!理由は?
SAMURAIから好条件の大型ファンドが登場!利回り7.0%×12ヶ月×日本保証付き
SAMURAI FUNDから第1弾ファンドが登場!利回り7.0%×保証付きの好条件
SAMURAI FUNDがリニューアル記念ファンド2号を発表!2020年2月上旬予定
SAMURAIから利回り4.0~8.0%の魅力的なファンドが続々と登場
SAMURAIの親会社はJトラスト藤澤信義氏が筆頭株主
SAMURAI&J PARTNERSが上場廃止の猶予期間に!SAMURAI FUNDは大丈夫?
SAMURAI FUND運営親会社の2019年12月期決算情報!今期はマイナス3.03億円
SAMURAIで新規口座を作るだけでギフト券500円分が貰えるキャンペーン実施中
SAMURAIの新規会員登録キャンペーン!Amazonギフト券が全員もらえる
SAMURAI FUNDの「在宅応援!新規登録キャンペーン」で1,000円が貰える
SAMURAI FUNDの夏の新規口座開設キャンペーン!もれなく500円が貰える
SAMURAI FUND掲示板

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディングへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ

オーナーズブック

ブログの同カテゴリ記事一覧

NEW!
過去最大2.55億円!CRE Fundingの第9号ファンド募集は1月27日から
オーナーズブックのファンドに2つも空きあり!銀座と西蒲田のオフィス案件
バンカーズの第2弾ファンドは保険料を担保にした地域医療機関支援ファンド
Fundsが無借金経営の上場企業「ライトアップ」への融資ファンドを募集
クラクレの新ファンド「ペルー女性事業主向け協同組合支援ファンド」を徹底分析
全記事の一覧

一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
[4879] カナメ先生(2020-06-29 11:26:40)
> 4851さん

日本保証の保証付きと言えば無限にお金を集められてしまう点です。上手くいっている間はそれで問題ありませんが、歯車が狂い始めると一気に全てが破綻する可能性を懸念しています。

本来であれば1件1件のファンドの「融資先企業の信頼性」や「不動産担保の妥当性」に重きを置くべきだと考えています。

[4851] no name(2020-06-28 22:08:32)
SAMURAI に「日本保証頼みの仕組みに若干の不安を覚える」とありますが、どのあたりに不安がありますか?
日本保証がある物件は、信用して出資して問題ありませんか?
[5971] カナメ先生(2020-03-07 10:35:20)
借手のC社と日本保証はグループ会社ではないので、通常時であれば保証はしっかり機能すると考えられます。
[5877] no name(2020-03-06 12:15:17)
SAMURAIの親会社はJトラスト藤澤信義氏が筆頭株主なんですよね
日本保証はJトラストの子会社(記事ではその点にも触れてほしかった)ですから、事実上の同一グループ内での保証というのは、債権が焦げ付いた際にどの程度期待できるものなのでしょうか。
ソーシャルレンディング格付けランキング
クラウドクレジット
Twitter