カナメ先生
大事な資産を年3~5%で増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(17)メリット(9)リスク(8)投資力向上(189)ブログ(901)掲示板運営者紹介
SL事業者ランキング人気事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒確定申告
最新ファンド横断比較Pick資産運用シミュレーター利回り計算機ふどクラ研究所姉妹サイト

Fundsのリースバック事業あんばいファンド#5が登場!投資先として魅力的なのか?

投稿日:2020年1月17日 | 執筆:カナメ先生
インテリックスのリースバック「あんばい」

Fundsから新たなファンドが登場しました。
主力ファンドとなっている「あんばいファンド」の第5号です。

ファンド詳細

リースバック事業「あんばい」ファンド#5のスキーム図

ファンド名リースバック事業「あんばい」ファンド#5
利回り2.0%
運用期間12ヶ月
募集金額1.93億円
募集開始2020年1月23日(水) 19:00
担保担保なし・保証なし
借手株式会社インテリックス(東証1部上場)
資金使途リースバック事業「あんばい」での不動産取得資金

コーポレートファイナンスなので借手の安全性が投資可否の焦点となります。

インテリックスの業績と安全性

中古マンションのリフォーム事例(1)中古マンションのリフォーム事例(2)

社名株式会社インテリックス
設立1995年7月
上場2005年4月
社長山本 卓也
従業員数215人(単独) / 308人(連結)
事業 中古マンションの再生販売専業の最大手。
アフターサービスや高品質内装が強み。
2017年開始のリースバック事業が拡大中。

設立25年、柱の事業が業界最大手、新規事業(リースバック)も順調なようです。
次に業績をチェックします。

項目2019年5月期2018年5月期2017年5月期2016年5月期
売上369億円435億円414億円389億円
純利益8.3億円8.0億円8.9億円9.7億円
自己資本106億円101億円94億円88億円
自己資本比率29.0%31.6%26.6%27.7%

人員増やIT開発投資が重く、来期以降の利益は減少傾向にあります。
今のところ十分な利益と自己資本があるので、運用期間12ヶ月のファンドであれば問題ないと思われます。

利回り減少傾向

NO募集開始日利回り運用期間募集金額
#12019年06月06日3.5%9ヶ月1.00億円
#22019年07月04日3.0%11ヶ月2.44億円
#32019年09月09日2.5%11ヶ月0.56億円
#42019年11月22日2.0%11ヶ月0.97億円
#52020年01月23日2.0%12ヶ月1.93億円

利回りは確実な減少傾向にあります。

カナメ先生の見解

個人的には魅力的に感じませんが、利回り1.0~2.0%の安定運用を目標にしている人にとっては悪くないファンドです。

今回のファンドが何時間で完売するのか注目しています。

評価AFunds(ファンズ)の公式ホームページ

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴21年。ソーシャルレンディング歴6年。運用資産3.5億円以上。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ

オーナーズブック

ブログの同カテゴリ記事一覧

SOLSの第3弾は超優良ファンド!アマギフ5千円分が貰えるキャンペーンも開始
利回り4.3%!オーナーズブックの新ファンドは高級低層マンションが担保
COZUCHIの下赤塚ファンドはなぜ年利14.5%となったのか?売却活動をチェック
利回り10%+会員登録で2,000円!利回り不動産のゴルフスタジオ開発ファンド
COZUCHIから2ファンド同時公開!新橋事業用地Ⅰ・Ⅱのどちらに投資すべき?
全記事の一覧

一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
[9765] no name(2020-01-23 07:12:04)
皆さん、クリック合戦頑張って下さい。
[9241] no name(2020-01-19 12:18:51)
fundsはここへの依存度が非常に高く、逆にここ以外はリピートのファンドがない。業績も悪化してきており、注意が必要だと思う。銀行から借り入れ出来なくてクラウドファンディングに頼る典型例。
ソーシャルレンディング格付けランキング
Twitter