カナメ先生
大事な資産を年5~7%で安全に増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(18)メリット(9)リスク(10)上級レッスン(67)BLOG(248)掲示板運営者紹介
SL事業者格付ランキング事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒
最新ファンド横断比較Pick本当の利回り計算機New資産運用シミュレーター

Fundsのイントランス・バケーションズ 京町家ファンド#1を徹底分析

投稿日:2019年4月26日 | 執筆者:カナメ先生
鈴 花屋町の外観写真

Fundsから新ファンドが登場しました。募集開始は「5月9日 18:00」です。

イントランス・バケーションズ 京町家ファンド#1の基本情報

イントランス・バケーションズ 京町家ファンド#1のスキーム図

募集開始5月9日(木) 18:00
利回り4.5%
運用期間12ヶ月
募集額3,000万円
担保担保なし・保証なし
組成企業イントランスファンディング社
借り手イントランス社(マザーズ上場)

募集額(3,000万円)は「鈴 花屋町」(りん はなやちょう)という名称で4月26日にオープン予定の宿泊施設プロジェクトに使われます。ただし、当プロジェクトの成否に関係なく、イントランス社には返済義務があります。

借り手「イントランス社」の情報

設立1998年5月1日
上場マザーズ(2006年12月)
事業 中古不動産に付加価値化して売却する事業が主力
建物管理やハーブガーデンの運営も行う
代表濱谷 雄二
従業員連結29人(単独16人)
売上前期:26.2億円 / 2期前:27.4億円 / 3期前:23.2億円
利益前期:-0.74億円 / 2期前:2.84億円 / 3期前:2.02億円
四季報予想では2019年3月期は黒字回復
自己資本31.3億円(自己資本比率55.6%)
監査法人三優監査法人(世界5位のBDO Internationalと提携)

前期は赤字ですが、当期と来期は黒字が予想されています。また、自己資本比率55.6%&自己資本31.3億円は安心感を与えてくれる数値です。筆頭株主は実質49%を保有する麻生正紀氏です。経営者とオーナー(筆頭株主)が分離している点も安全性にはプラス要素です。

筆頭株主「麻生正紀」氏の経歴

麻生正紀氏の顔写真

1961年東京都目黒区に誕生
1982年東京デザイン専門学校卒 → 小林建築設計事務所入社
1984年父親の会社の借金を返済するために兄と2人で佐川急便で働く
1985年株式会社アソーを設立
2000年上毛撚糸株式会社の顧問就任
2001年上毛撚糸株式会社の代表取締役社長就任
2004年株式会社ASOの代表取締役就任
2004年株式会社イントランスの顧問就任
2004年株式会社イントランスの代表取締役就任
2018年株式会社イントランスの代表取締役を辞任

23歳の頃に父の作った借金を返済。24歳で起業。その後、上場企業2社(上毛撚糸・イントランス)を再生させた経歴を持ちます。その活躍は「常識を疑いなさい」「麻生正紀の誰も知らない上毛革命」などに書かれています。すごい人です。

イントランスの代表交代の理由は「体調不良により治療に専念するため」です。後任の濱谷雄二氏は2005年に同社に入社し、財務、経理、総務部門を歴任した人物です。

非常に安全性の高い案件

イントランスの時価総額は49.3億円です。この企業が倒産するということは、麻生正紀氏が24.1億円の資産を失うということになります。

1年でそのような事態に陥る可能性は極めて低いと思われます。

カナメ先生の見解

財務状況の良い上場企業に「利回り4.5%×1年間」の条件で融資を行えるのは非常に魅力的な提案です。リスクを含めた期待り利回りで考えるとトップクラスの好条件だと思います。

ただ、デュアルタップや明豊エンタープライズのように「自社投資商品の宣伝が本当の目的」というわけではないのでイントランスの意図が見えてきません。

評価A+Funds(ファンズ)の公式ホームページ

関連記事:Funds(ファンズ)

Funds(ファンズ)の評価と評判
藤田雄一郎さんの経歴・評判 | Funds
Funds(ファンズ)の口座開設手順
Funds・ファンド組成企業「アイフル」の安全性を徹底調査
Funds・ファンド組成企業「フィルまちづくりファンディング」の安全性を徹底調査
Funds・ファンド組成企業「デュアルタップ」の安全性を徹底調査
Funds・ファンド組成企業「明豊エンタープライズ」の安全性を徹底調査
Funds・ファンド組成企業「LENDY(レンディ)」の安全性を徹底調査
Fundsの世田谷区MIJASファンド#1は上場企業に5.0%で融資できる優良ファンド
Funds(ファンズ)のセミナー情報 2019年1月~2月
Funds・デュアルタップ第2弾は利回り4.5%×12ヶ月の手堅い案件
Funds(ファンズ)のおすすめファンドを徹底解説
Fundsが「抽選での投資申込機能」をリリース!投資家のメリットとデメリット
Funds「リースバック事業あんばいファンド#2」の倍率と私の抽選結果
Funds掲示板

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディングへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ

07/23
NEW!
おすすめソーシャルレンディング事業者のランキング [2019年7月版]
07/22
NEW!
信頼度アップ!クラウドバンクが主要メンバーの顔写真を公開
07/20 SBISL不動産バイヤーズローンファンド33号とST社を徹底調査
07/18 住信SBIネット銀行の定額自動入金サービスで手数料無料&毎月30円ゲット
07/16 レンデックス(LENDEX)の2018年12月期決算は1,407万円の赤字
07/15 クラウドバンク(CrowdBank)の2019年3月期決算は5.2億円の大幅黒字
07/13 maneoファミリーの運用状況(貸付額・完済額・延滞額)を全掲載
07/12 CREALの大型案件第4弾「リノ西落合」を徹底分析!投資するべきか?
07/11 Funds「リースバック事業あんばいファンド#2」の倍率と私の抽選結果
07/09 SBIソーシャルレンディングが累計融資額1,000億円を突破
全記事の一覧
一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
[4638] カナメ先生(2019-04-27 13:50:41)
そうですね。株価対策にもなりますし。
明豊エンタープライズのときも上がっていましたね。
[4635] Akky(2019-04-27 12:30:37)
株やらない人は知らない会社だろうし、やはり宣伝効果も狙ってるんだと思います。
ちょっとだけ株価も上がった。投資予定です。
ソーシャルレンディング格付けランキング
SBIソーシャルレンディング
情報共有のお願い