カナメ先生
大事な資産を年3~5%で増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(17)メリット(9)リスク(8)投資力向上(190)ブログ(905)掲示板運営者紹介
SL事業者ランキング人気事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒確定申告
最新ファンド横断比較Pick資産運用シミュレーター利回り計算機ふどクラ研究所姉妹サイト

SBISLメガソーラーブリッジローンファンド19号は7.0%×9ヶ月の良案件

投稿日:2018年12月14日 | 執筆:カナメ先生
SBISLメガソーラーブリッジローンファンド19号のスキーム図
案件の募集情報

募集開始2018年12月14日 10:00~
利回り7.0%
運用期間9ヶ月(2018年12月下旬~2019年9月末)
募集額12億円
評価額22億4,000万円
完成時の事業評価額であり、担保評価額ではありません。
エリア東京電力の管轄エリア

特徴1:玄海インベストメントアドバイザーとの協業ファンド

SBISLが提供する再生可能エネルギーファンドと言えば、もちろん玄海インベストメントアドバイザーとの協業ファンドです。2018年8月15日時点では約70億円だった元本返済実績は91億円超まで伸びています。

SBISLメガソーラーブリッジローンファンドは2016年7月4日に1号の募集を開始して以来、貸し倒れや遅延は1件もありません。

[参考] SBISLかけはしシリーズの玄海インベストメントアドバイザーを徹底解説

特徴2:林地開発許可取得済みなので開発期間が短い

ファンド利回り運用期間募集額募集開始日備考
16号7.0%18ヶ月18億円2018年09月12日-
17号8.0%24ヶ月16.8億円2018年11月08日-
18号9.0%24ヶ月8.7億円2018年11月20日17号の劣後出資
19号7.0%9ヶ月18億円2018年12月14日今回の案件

上の表で過去案件と比較すると一目瞭然ですが、今回募集の19号は運用期間が短くなっています。すでに「林地開発許可を取得している」ことが理由です。これは太陽光発電所開発のリスクを下げる要因になります。

特徴3:東京電力の管轄エリア

太陽光発電案件というと「九州電力の出力抑制」が心配になるところですが、本案件は東京電力の管轄エリアです。東京電力は過去に出力抑制をしたことはありません。

私の見解

現時点(開始35分)での申込金額は2.7億円です。SBISLにしてはゆったりしたペースです。再生可能エネルギー案件はグリフラ問題によりイメージが悪くなっていることが原因だと思います。

私は「太陽光発電は儲かるビジネス(今のところ)」だと考えています。
SBISLと玄海インベストメントアドバイザーが信用に値すると思うのであれば投資するべきです。特に今回の案件は運用期間が短いので投資しやすい案件です。

評価休止SBIソーシャルレンディングの公式ホームページ

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴21年。ソーシャルレンディング歴6年。運用資産3.5億円以上。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ

オーナーズブック

ブログの同カテゴリ記事一覧

NEW!
COZUCHIの渋谷区広尾底地プロジェクトが2年目に突入!計画や進捗を解説
利回り7.0%!CAMPFIRE Owners×COZUCHIの協働ファンド第1号
SOLSの第3弾は優良ファンド!アマギフ5千円分が貰えるキャンペーンも開始
利回り4.3%!オーナーズブックの新ファンドは高級低層マンションが担保
COZUCHIの下赤塚ファンドはなぜ年利14.5%となったのか?売却活動をチェック
全記事の一覧

一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
ソーシャルレンディング格付けランキング
Twitter