カナメ先生
大事な資産を年3~5%で増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(17)メリット(9)リスク(8)投資力向上(190)ブログ(905)掲示板運営者紹介
SL事業者ランキング人気事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒確定申告
最新ファンド横断比較Pick資産運用シミュレーター利回り計算機ふどクラ研究所姉妹サイト

SBISL不動産ディベロッパーズローンファンド6号についての見解

投稿日:2018年7月23日 | 執筆:カナメ先生
案件の条件

募集開始2018年7月23日(月) 10時~
ファンド名SBISL不動産ディベロッパーズローンファンド 6号
利回り7.0%
手数料率1.3%(貸付金利8.3%)
期間24ヶ月
募集額6億1,100万円
融資割合 100%
※加えて「借手1の出資持分」の全部に質権を設定
保証 (1) 借手1、2の相互の連帯保証。
(2) 建築事業者の親会社による連帯保証。
借手用途 不動産関連事業における、土地の購入及び建物の建築プロジェクト資金の一部。

応募状況&感想

経過時間応募総額投資家数1人あたり
投資額
30秒後0.32億円52名62.8万円
60秒後2.05億円272名78.2万円
5分後5.64億円681名87.9万円
30分後6.11億円759名62.2万円

募集開始から何分後に完売になったかは確認していませんが、5分間で92%の応募が完了していました。

今回は以下の保全が取られています。

(1) 借手1の出資持分の全部に質権を設定。
(2) 借手2社が相互に連帯保証。
(3) 建築事業者の親会社が連帯保証。

延滞発生後でも堅調

SBISL不動産バイヤーズローンファンドは2018年7月9日に約15億円の延滞発生を発表しましたが、SBIソーシャルレンディングへの信頼度は落ちていなかったようです。

募集額6.11億円はSBISLにしては控えめですが、運用期間2年間の案件が即完売となるのは「さすが」の一言です。

今回は購入を見送りました

今回は購入を見送りました。
実際のところ、これだけの対策が講じられていれば、安全性は高いと思います。

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴21年。ソーシャルレンディング歴6年。運用資産3.5億円以上。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ

オーナーズブック

ブログの同カテゴリ記事一覧

NEW!
COZUCHIの渋谷区広尾底地プロジェクトが2年目に突入!計画や進捗を解説
利回り7.0%!CAMPFIRE Owners×COZUCHIの協働ファンド第1号
SOLSの第3弾は優良ファンド!アマギフ5千円分が貰えるキャンペーンも開始
利回り4.3%!オーナーズブックの新ファンドは高級低層マンションが担保
COZUCHIの下赤塚ファンドはなぜ年利14.5%となったのか?売却活動をチェック
全記事の一覧

一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
ソーシャルレンディング格付けランキング
Twitter