先生
大事な資産を確実に増やす技術を習得しよう
ソーシャルレンディング投資の学校
生徒たち
基本編(17)メリット(9)リスク(10)発展編(6)用語集(7)maneo分析ツール(12)
会社の格付ランキング(11)経営者分析(11)BLOG(41)掲示板運営者紹介

世界のソーシャルレンディングの歴史

投稿日:2018年5月21日 | 執筆者:カナメ先生
重要度 ★★★★★
ここがポイント!
  • イギリスのZOPAが世界初のソーシャルレンディングサービス。
  • アメリカのLending Clubの規模はmaneoの50倍以上。
  • 今後は特化型のソーシャルレンディングサービスが増えていく。

2005年:世界初のソーシャルレンディングサービスが登場

2005年にイギリスのZOPA(ゾーパ)が個人間で小口融資が行えるマーケット型ソーシャルレンディングサービスを開始しました。

2006~2007年:アメリカでProsperとLending Clubが登場

アメリカでは2006年にProsper(プロスパー)、2007年にLending Club(レンディングクラブ)がオークション型ソーシャルレンディングサービスを開始しました。

2008年:日本でもmaneoがサービス開始

2008年には日本でもmaneo(マネオ)がソーシャルレンディングサービスをスタートしました。当初は欧米のサービスと同様に個人間融資を行っていましたが、10%を超える貸し倒れが原因で、2011年には個人向け融資から撤退しています。

2011年:特化型のSoFiが登場

2011年にはアメリカで学生ローンに特化したSoFi(ソーファイ)が登場しました。高学歴・高収入の層に特化し、デフォルト(貸し倒れ)のリスクを最小限に抑えることで急成長を続けています。現在は教育ローンだけでなく、モーゲージや個人ローンへとビジネスを拡大しています。2015年9月にソフトバンクが出資したことで日本での知名度もグンと上がりました。

2016年:Lending Clubの融資残高が2兆円突破

2014年にNY市場に上場を果たしたLending Clubですが、2016年6月には融資残高2兆円を突破しました。日本最大であるmaneoの融資残高が347億円(2018年5月)であることを考えると、ものすごい規模です。

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディンへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
1 効率的な学習の進め方 ★★★★★
2 ソーシャルレンディングとは? ★★★★★
3 7%という利回りの衝撃 ★★★★
4 どれぐらい儲かるのか? ★★★★
5 おすすめの会社紹介 ★★★★★
6 ソーシャルレンディングの3つのタイプ ★★★★★
7 世界のソーシャルレンディングの歴史 ★★★★★
8 日本のソーシャルレンディングの歴史 ★★★★★
9 どんな人に向いているのか? ★★★★★
10 どんな会社がお金を借りているのか? ★★★★★
11 なぜ貸し倒れ率が低いのか? ★★★★★
12 投資案件の選び方&見方 ★★★★★
13 口座開設の手順 ★★★★★
14 実際に投資するまでの手順 ★★★★★
15 自分で判断するのが苦手な人の戦略 ★★★★★
16 最適な分散投資のやり方 ★★★★★
17 源泉徴収と確定申告 ★★★★★
一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
ソーシャルレンディング格付けランキング