先生
大事な資産を確実に増やす技術を習得しよう
ソーシャルレンディング投資の学校
生徒たち
基本編(17)メリット(9)リスク(10)発展編(6)用語集(7)maneo分析ツール(12)
会社の格付ランキング(11)経営者分析(11)BLOG(41)掲示板運営者紹介

ソーシャルレンディング 7%という利回りの衝撃

投稿日:2018年5月18日 | 更新日:2018年8月9日 | 執筆者:カナメ先生
重要度 ★★★★
ここがポイント!
  • ソーシャルレンディングの金利は異常事態と言えるほどの衝撃。
  • 普通の人でも生涯収入を数千万円増やすことが可能。
  • 普通の人でも貯金1億円達成することが可能。
私は21歳のときから株式投資をはじめ、今年で投資家としてのキャリアは17年になります。ベテランと言っても差支えはないでしょう。

その私が「ソーシャルレンディングの金利は7%程度ある」と聞いた時、最初に思い浮かんだことは「まぁ、裏があるんだろうな」という考えでした。

それほど「金利7%」とは簡単には信じられない異常事態なのです。
以下の比較例を見ていただければ納得していただけると思います。

・住信SBIネット銀行は 0.02%
・変動10年の個人向け国債は 0.06%
・株価変動リスクが大きいJ-REITは 3.5~4.5%
・詐欺まがいの商法で破綻した安愚楽牧場でさえ 3.0~4.0%

唯一匹敵するのがバブル全盛期の定期預金 約6.0% です。リスクが極めて小さい定期預金と単純に比較はできませんが、個人的に「ソーシャルレンディングは数十年に1度のビッグチャンス」だと考えています。

複利7%で回した場合の衝撃

天才物理学者「アルベルト・アインシュタイン」が複利運用を指して「人類最大の発明」や「宇宙で最強の力」と言ったことは有名な話です。

例えば複利5.6%(金利7%から税金20%を引いた数値)で運用すると、10年後には1.72倍、20年後には2.97倍、30年後には5.13倍、40年後には8.84倍になります。

単利で運用すると5.6%×40年=2.24倍なので、その差は歴然です。複利では僅かな利回り差で結果が大きく異なります。例えば税引後7%で運用できれば、40年後には14.97倍になります。

あまりに長期間なのでピンとこない人も多いかもしれません。簡単に言うと、
普通の人でも「生涯収入が数千万円増える」「貯金が1億円に達する」ことが可能
になる力を秘めているのです。

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディンへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
1 効率的な学習の進め方 ★★★★★
2 ソーシャルレンディングとは? ★★★★★
3 7%という利回りの衝撃 ★★★★
4 どれぐらい儲かるのか? ★★★★
5 おすすめの会社紹介 ★★★★★
6 ソーシャルレンディングの3つのタイプ ★★★★★
7 世界のソーシャルレンディングの歴史 ★★★★★
8 日本のソーシャルレンディングの歴史 ★★★★★
9 どんな人に向いているのか? ★★★★★
10 どんな会社がお金を借りているのか? ★★★★★
11 なぜ貸し倒れ率が低いのか? ★★★★★
12 投資案件の選び方&見方 ★★★★★
13 口座開設の手順 ★★★★★
14 実際に投資するまでの手順 ★★★★★
15 自分で判断するのが苦手な人の戦略 ★★★★★
16 最適な分散投資のやり方 ★★★★★
17 源泉徴収と確定申告 ★★★★★
一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
ソーシャルレンディング格付けランキング