カナメ先生
大事な資産を年5~7%で安全に増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(18)メリット(9)リスク(8)投資力向上(127)ブログ(510)掲示板運営者紹介
SL事業者ランキング人気事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒確定申告
最新ファンド横断比較Pick資産運用シミュレーター本当の利回り計算機事業者お知らせ

SBIソーシャルレンディングが融資残高400億円突破!登録投資家数は47,256人

投稿日:2020年3月13日 | 執筆:カナメ先生
SBIソーシャルレンディングの融資残高&登録完了数グラフ

SBIソーシャルレンディングが2020年2月末における融資残高が400億円を突破したことを発表しました。正確には425億円です。また、2月の投資家登録数は2,113人と過去最高人数となっています。

SBIソーシャルレンディングとは

ソーシャルレンディング業界最大の運用額を誇るサービスです。巨大金融グループSBI(CEO・北尾吉孝) の経営理念である「顧客中心主義」を貫いており、投資家が納得する魅力的なファンドを提供し続けています。

基本データの過去3ヶ月間の平均値は以下の通りです。

平均利回り5.66%
平均運用期間18.6ヶ月
平均募集額27.7億円/月
平均募集件数3.7件/月

投資家登録数の推移

投資家登録数の推移グラフ

現在の登録数は47,256人です。
2017年頃から急速に登録者数を伸ばしています。
ちなみに当サイトの公開は2018年5月です。

累計融資額の推移

累計融資額の推移グラフ

現在の累計融資額は1,302億円です。内オーダーメード型が964億円、不動産担保ローン事業者ファンドが279億円で全体の約95.5%を占めています。

現在の融資残高は415億円なので約887億円が償還済みとなっています。

名目利回りの推移

名目利回りの推移グラフ

コーポラティブハウスローンファンド(4.0~5.0%)やカンボジア・モビリティローンファンド(3.8%)が平均値を下げているので、主力のファンドを選んでいけば6.0%以上の利回りを確保することは十分に可能です。

管理手数料の推移

管理手数料の推移グラフ

業界最低水準の管理手数料です。
1.0%~1.5%の間で下げ止まったようです。

ファンドの種類(融資残高の構成)

融資残高におけるファンドの割合

利回りや募集額だけでなく「ファンド種類の豊富さ」もSBIソーシャルレンディングの魅力です。しかも、種類の豊富さだけでなく融資残高における構成のバランスの良さにも驚きました。

カナメ先生の見解

派手なキャンペーンや宣伝費にお金をかけずに、淡々と「魅力的なファンド&分かりやすい情報」を提供し続けるSBIソーシャルレンディングの姿勢には非常に好感を持っています。

運用額415億円ということは毎年22.8億円程度(利回り5.5%で計算)の投資家利益を生み出すということです。凄いサービスです。

今のところ主力であるオーダーメード型のデフォルトはバイヤーズローン(16号・19号・20号・21号・22号)の約1.3億円(5ファンド合計)となっています。

平均6.0%近い高利回りファンドなので、一定確率でデフォルトが発生することを前提として丁寧な分散投資を続けていきたいと思います。

評価A+SBIソーシャルレンディングの公式ホームページ

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディングへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ

ブログの最新記事一覧

NEW!
ソーシャルレンディング8社の決算情報を徹底比較!黒字5社・赤字3社
シーラファンディングから第4号ファンドが登場!利回り5.08%の好条件
応募殺到確実!利回り8.0%のSBISLメガソーラーブリッジローンファンド28号
注目のRimpleから第3弾ファンドが登場!利回り4.6%×6ヶ月の好条件をキープ
クラウドクレジットが約7億円の資金調達!個人投資家にとって朗報か?
はじめての新築アパート投資のデータを大公開!利回り、土地、銀行融資など
4月のソーシャルレンディング募集額は前月比64.5%減少!5月はどうなる?
FANTAS fundingから空き家再生ファンドが2本登場!利回り7.0%の好条件
おすすめソーシャルレンディング事業者のランキング [2020年5月版]
SBIソーシャルレンディングが登録数50,000人突破!累計実績をまとめてみた
全記事の一覧

一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
[8055] カナメ先生(2020-03-21 09:25:37)
> 7050さん
返信が遅くなってしまい申し訳ありません。

・不動産市況の暴落
・プロジェクトが失敗した場合
・関連企業の倒産
・詐欺まがいの業者に融資してしまった場合

などが考えられます。銀行融資でも貸し倒れは起きているので、一定の確率でのデフォルトを想定したうえで投資戦略を立てることをおすすめします。

[7050] no name(2020-03-13 22:00:06)
カナメ先生は、今後もバイヤーズローンでデフォルトが発生するのはどういった理由から想定されていますでしょうか。勉強として教えていただきたいです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
SBIソーシャルレンディング
Twitter