カナメ先生
大事な資産を年3~5%で増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(17)メリット(9)リスク(8)投資力向上(190)ブログ(905)掲示板運営者紹介
SL事業者ランキング人気事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒確定申告
最新ファンド横断比較Pick資産運用シミュレーター利回り計算機ふどクラ研究所姉妹サイト

利回り6.0%!SBISL不動産担保ローン事業者ファンドNeo 9号が登場

投稿日:2020年1月16日 | 執筆:カナメ先生
SBISL不動産担保ローン事業者ファンドNeoの一覧

本日(2020年1月16日)の10時からSBIソーシャルレンディングによるSBISL不動産担保ローン事業者ファンドNeo 9号が募集開始されます。

今回の募集額は5億円なので即完売が予想されます。

ファンド概要

ファンド名SBISL不動産担保ローン事業者ファンドNeo 9号
利回り6.0%
管理手数料1.0%(貸付金利7.0%)
運用期間12ヶ月
募集額5億円
募集開始2020年1月16日 10:00
資金使途借手が行う不動産担保ローン事業における事業資金
(借手の顧客に対する貸付金)

借手について

SBISL不動産担保ローン事業者ファンドNeoは1号から9号までの借手が同一のB社となっております。これに関しては良い悪いを議論するものではなく、「不動産担保ローン事業者ファンドNeo = B社」と認識しておいたほうが良さそうです。

保全性について

SBISL不動産担保ローン事業者ファンドNeoのスキーム図

LTV85%までの貸付けを上限としています。抵当権順位については分かりません。不動産価値の算定をSBIソーシャルレンディングが行っている点がプラス要素です。

カナメ先生の見解

以前は借手が同一であることに不満もありましたが、考え方によっては「利回り&リスクを高めにシフトしたオーナーズブック案件」のようなものなので悪くないファンドです。

利回り6.0%を維持してくれている点も好印象です。

評価休止SBIソーシャルレンディングの公式ホームページ

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴21年。ソーシャルレンディング歴6年。運用資産3.5億円以上。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ

オーナーズブック

ブログの同カテゴリ記事一覧

三井物産グループのALTERNA(オルタナ)とは?利回り、運用期間、特徴など
新しい不動産クラファン「ダーウィンファンディング」は序盤に投資妙味あり
新しい不動産クラファン SOLS(ソルス)を徹底分析!2号は劣後出資比率87.9%
Fundsのファンドが楽天証券で買える!どちらで買うほうが得なのか?
SBISLとの合併によりバンカーズはどう変化した?募集額、利回り、決算情報など
全記事の一覧

一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
ソーシャルレンディング格付けランキング
Twitter