カナメ先生
大事な資産を年5~7%で安全に増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(18)メリット(9)リスク(8)投資力向上(117)ブログ(461)掲示板運営者紹介
SL事業者ランキング人気事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒
最新ファンド横断比較Pick資産運用シミュレーター本当の利回り計算機事業者お知らせNew

利回り6.0%!SBISL不動産担保ローン事業者ファンドNeo 9号が登場

投稿日:2020年1月16日 | 執筆:カナメ先生
SBISL不動産担保ローン事業者ファンドNeoの一覧

本日(2020年1月16日)の10時からSBIソーシャルレンディングによるSBISL不動産担保ローン事業者ファンドNeo 9号が募集開始されます。

今回の募集額は5億円なので即完売が予想されます。

ファンド概要

ファンド名SBISL不動産担保ローン事業者ファンドNeo 9号
利回り6.0%
管理手数料1.0%(貸付金利7.0%)
運用期間12ヶ月
募集額5億円
募集開始2020年1月16日 10:00
資金使途借手が行う不動産担保ローン事業における事業資金
(借手の顧客に対する貸付金)

借手について

SBISL不動産担保ローン事業者ファンドNeoは1号から9号までの借手が同一のB社となっております。これに関しては良い悪いを議論するものではなく、「不動産担保ローン事業者ファンドNeo = B社」と認識しておいたほうが良さそうです。

保全性について

SBISL不動産担保ローン事業者ファンドNeoのスキーム図

LTV85%までの貸付けを上限としています。抵当権順位については分かりません。不動産価値の算定をSBIソーシャルレンディングが行っている点がプラス要素です。

カナメ先生の見解

以前は借手が同一であることに不満もありましたが、考え方によっては「利回り&リスクを高めにシフトしたオーナーズブック案件」のようなものなので悪くないファンドです。

利回り6.0%を維持してくれている点も好印象です。

評価A+SBIソーシャルレンディングの公式ホームページ

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディングへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ

ブログの最新記事一覧

NEW!
クラウドクレジットが大手証券会社の資金運用を開始!プロが認める投資商品
NEW!
クラウドクレジットのファンド全17種類の人気チェック [2020年2月後期]
日本のソーシャルレンディング市場規模調査 2019年!大幅縮小の原因は何か?
米大手ソーシャルレンディング会社がネット銀行を約200億円で買収
SBISL不動産バイヤーズローンファンド35号を徹底分析!LTV246%って平気?
ロードスターキャピタルの決算説明資料からオーナーズブックの強さを知る
クラウドリース遅延事件を完全解説&時系列まとめ
JR東日本が不動産ファンドビジネスへ参画!個人投資家に関係はあるのか?
不動産特定共同事業者と小規模不動産特定共同事業者の違いを分かりやすく解説
ソーシャルレンディングの確定申告のやり方をかんたん解説 [2020年版]
全記事の一覧

一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
ソーシャルレンディング格付けランキング
SBIソーシャルレンディング
Twitter