カナメ先生
大事な資産を年3~5%で増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(17)メリット(9)リスク(8)投資力向上(189)ブログ(901)掲示板運営者紹介
SL事業者ランキング人気事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒確定申告
最新ファンド横断比較Pick資産運用シミュレーター利回り計算機ふどクラ研究所姉妹サイト

クラウドクレジットが過去最高のファンド販売額を達成!単月で16.8億円

投稿日:2020年1月7日 | 執筆:カナメ先生
2020年1月6日、クラウドクレジットCFOの坂本さんから投資家に「足元の業績について」というメールが届きました。

坂本隆宣(さかもとたかのぶ)

坂本CFOと言えばTwitterの猫写真が印象的なこの方ですね。

メール内容

当社は皆様のおかげで、2018年2月に記録した単月でのファンド販売額「12.9億円」を、2019年12月25日をもって塗り替え、当該月のファンド販売額は「16.8億円」に達しました。

前回は「ガイアの夜明け」出演によるものでしたが、今回は、

・分散投資環境を推進するためのファンド供給キャパシティの増加
・複数のキャンペーンによる新規獲得/償還分の再投資促進効果
・匿名化解除を含む、継続的な情報発信による皆様からの信頼獲得

など、複合的な要因が背景であるものと理解しております。

【坂本隆宣さんのメールより引用】

・前回:2018年02月:12.9億円(ガイアの夜明け効果)
・今回:2019年12月:16.8億円

ガイアの夜明け出演の反響はもの凄いものだったようなので、それを大幅に上回るファンド販売額達成は「凄い」の一言です。

カナメ先生の見解

2019年の匿名化解除以降の人気上昇ぶりは目を見張るものがありました。さらに全ソーシャルレンディング事業者の課題となっているファンド供給量の増加に対応できたことも大きな勝因です。

2020年も素晴らしい運営が続くことを期待しています。

評価B+クラウドクレジットの公式ホームページ

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴21年。ソーシャルレンディング歴6年。運用資産3.5億円以上。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ

オーナーズブック

ブログの同カテゴリ記事一覧

三井物産グループのALTERNA(オルタナ)とは?利回り、運用期間、特徴など
新しい不動産クラファン「ダーウィンファンディング」は序盤に投資妙味あり
新しい不動産クラファン SOLS(ソルス)を徹底分析!2号は劣後出資比率87.9%
Fundsのファンドが楽天証券で買える!どちらで買うほうが得なのか?
SBISLとの合併によりバンカーズはどう変化した?募集額、利回り、決算情報など
全記事の一覧

一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
[8423] no name(2020-01-11 11:18:17)
実際、他の業者さんはこれが出来なくてクリック合戦になっているのかと。
海外投資案件だから、以外にも理由は多くあるでしょうから少し興味あります。
[8421] no name(2020-01-11 11:04:20)
>8406 クラクレは貸付先を財務情報含めて開示しているので、貸付額が増えても大丈夫か金融関係の方ならわかるのじゃないでしょうか。どなたか、解説してくれないかな
[8406] no name(2020-01-11 10:06:56)
ファンド1本毎の募集額が半年前の5倍以上になってますもんね。。。
人気が出てきたからクリック合戦になると思いましたが、
こんなにすぐに募集額を増やせるものだったんですね。
どこかに歪みが来ないものなのかな?とも思いますが、
杉山社長のやることですし、大丈夫なのでしょうね。
[8080] no name(2020-01-08 09:05:10)
他社のクリック合戦環境はますます厳しくなる中、クラクレへの期待は高まりますね。
[8033] no name(2020-01-07 19:11:13)
いつもファンドがあるのは魅力的ですよねー
ソーシャルレンディング格付けランキング
Twitter