カナメ先生
大事な資産を年3~5%で増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(17)メリット(9)リスク(8)投資力向上(189)ブログ(901)掲示板運営者紹介
SL事業者ランキング人気事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒確定申告
最新ファンド横断比較Pick資産運用シミュレーター利回り計算機ふどクラ研究所姉妹サイト

LANDNET Funding(ランドネットファンディング)の評判・安全性

投稿日:2019年4月15日 | 執筆:カナメ先生
2019年4月1日にリリースされたLANDNET Funding(ランドネットファンディング)の評判や安全性について解説します。まだ、案件数が少ないため「ソーシャルレンディング事業者格付けランキング」には加えません。

LANDNET FundingのTOP画面

LANDNET Fundingってどんなサービス?

ソーシャルレンディング投資家にはすっかりおなじみの「不動産クラウドファンディング」です。他社と同様に優先劣後方式を採用しており、CREAL(10%)、FANTAS(20%)に比べると高い劣後比率(30%)となっています。

つまり、30%までの評価損はソーシャルレンディング事業者(ランドネット)が負担してくれるので、投資家の安全性が高くなります。

4月15日に募集開始された第1号案件は、利回り8.0%(募集額1425万円)と高利回りですが、3ヶ月という運用期間の短さと抽選式である点がネックとなっています。

運営元の株式会社ランドネットってどんな会社?

設立1999年9月
代表榮 章博
従業員358名
売上223億円(2018年7月)
財務 現金・預金:13.9億円
短期借入金:13.4億円
株主資本:22.0億円
資本比率:38.3%
事業投資用不動産の売買仲介。
8~9割はワンルームマンション。東京23区の物件が中心。
特徴不動産オーナーから直接買い取り、リフォームをして不動産販売事業者に卸す。オーナーからの直接買い取りなので安く仕入れることができ、個人ではなく事業者に卸すことでスムーズな資金回転率を実現。

Renosyを運営しているGA technologies(マザーズ上場)の業績が売上201億円、自己資本24.3億円なので同程度の規模です。「優秀な人間が不動産業界に入るとこれほどの結果が出せるのか」という印象です。

経営者「榮 章博(さかえあきひろ)」さんの経歴と評判

榮 章博さんの顔写真

1960年大阪府に生まれる
-大阪府立北野高校卒業
-中央大学法学部卒業(弁護士を志すも挫折)
1987年大京リアルド入社(AccessとSQLサーバーに出会う)
1999年株式会社ランドネットを設立
2019年LANDNET Fundingを開始

TwitterやFacebookの発言を読むと「おおらかで安定した人」というイメージです。

カナメ先生の見解

現時点で事業者としての信頼性は高いです。

しかし、不動産クラウドファンディング事業を大きく成長させたいという意思を感じられません。まるで2018年8月~12月の間に7案件(合計1.29億円)を募集して音沙汰がなくなってしまったRenosyのようです。

Renosyは7案件とも「利回り8.0% / 運用期間3ヶ月 / 抽選式」という条件でした。
LANDNET Fundingの第1号案件と同じです。

この条件ですと「自社の宣伝効果に最適化」していることが明らかです。

今のところ不動産クラウドファンディングでおすすめできる事業者は「CREAL」と「FANTAS」のみです。LANDNET Fundingがこれら2社のように安定してファンドを募集し続けてくれることを願っています。

累計募集額が3億円を超えたら口座開設を検討しようと思います。

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴21年。ソーシャルレンディング歴6年。運用資産3.5億円以上。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ

オーナーズブック

ブログの同カテゴリ記事一覧

クラウドクレジットの現状!パフォーマンス推移やウクライナ侵攻の影響を解説
不動産クラファンの投資物件に根抵当権が設定されていても大丈夫なのか?
不動産ファンド投資家なら学ぶべき!日本エスコンによるJ-REITの不祥事
日銀が利上げした場合のソーシャルレンディング&不動産クラファン投資戦略
SAMURAI FUNDがJトラストグループから外れた影響を詳しく解説
全記事の一覧

一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
ソーシャルレンディング格付けランキング
Twitter