カナメ先生
大事な資産を年5~7%で安全に増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(18)メリット(9)リスク(8)投資力向上(128)ブログ(545)掲示板運営者紹介
SL事業者ランキング人気事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒確定申告
最新ファンド横断比較Pick資産運用シミュレーター本当の利回り計算機事業者お知らせ

SBIグループの出資によりクラウドクレジットの信頼度が大幅アップ

投稿日:2018年12月3日 | 執筆:カナメ先生
クラウドクレジットといえば魅力的な海外投資案件を提供してくれる大手ソーシャルレンディングサービスです。私も非常に期待しているサービスで現在392万円ほど投資しています。

大企業が期待するクラウドクレジット

社長の杉山智行さんは東京大学法学部卒でロイズ銀行に勤めていた超エリートです。

加えてクラウドクレジットには

・伊藤忠商事
・第一生命保険
・三菱UFJキャピタル
・LINE Ventures
・マネックスベンチャーズ
などの錚々たる大企業が出資しています。

クラウドクレジットの株主(企業ロゴ)

個人的には心配な点もありました

盤石に見えるクラウドクレジットですが、個人的には少し心配な点もありました。

(1) 海外投資(融資先を監視しづらい)
(2) 杉山智行社長の情熱

(1)はさておき、(2)に関しては個人的感覚として「淡々としている人のほうが安心できる」ということです。もちろん、杉山社長のように熱い人は大好きなのですが、サービス利用者としては少し心配でした。

SBIグループ出資の意味は大きい

2018年11月30日の発表では既存出資者の「マネックスベンチャーズ」に加えて、

・SBIインベストメント
・YJキャピタル(Yahoo!グループ)
・SONYフィナンシャルベンチャーズ
の4社から総額7.5億円の出資を受けたとあります。

SBIインベストメントはSBISLと同じSBISLグループですから、ソーシャルレンディング業界の内部事情にかなり詳しいはずです。そのSBIインベストメントが出資するということは「クラウドクレジットの将来性や信頼性に高い自信を持っている」ということです。

しかも、ソフトバンク系列のYJキャピタルまで投資しています。これによりクラウドクレジットは孫正義氏(ソフトバンク)と北尾吉孝氏(SBI)という日本トップクラスの経営者2人と繋がりを持ったことになります。

出資金用途

クラウドクレジットの発表では「マーケティング、システムセキュリティ、コーポレートガバナンスの強化等に充てられる」とのことです。これだけの出資者が揃ったということは、数年以内に上場を睨んでいるのかもしれません。

評価Aクラウドクレジットの公式ホームページ

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディングへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ

ブログの同カテゴリ記事一覧

NEW!
詐欺注意!ソーシャルレンディング事業者の名を謳ったコピーサイトが増えています
クラウドクレジットが約7億円の資金調達!個人投資家にとって朗報か?
4月のソーシャルレンディング募集額は前月比64.5%減少!5月はどうなる?
SBIソーシャルレンディングが登録数50,000人突破!累計実績をまとめてみた
個人投資家がコロナ被害企業を助ける!クラウドバンクの融資支援プログラム
全記事の一覧

一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
ソーシャルレンディング格付けランキング
SBIソーシャルレンディング
Twitter