カナメ先生
大事な資産を年5~7%で安全に増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(18)メリット(9)リスク(10)上級レッスン(60)BLOG(171)掲示板運営者紹介
SL事業者格付ランキング事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒
最新ファンド横断比較Pick本当の利回り計算機New資産運用シミュレーター

SBISL不動産バイヤーズローンファンドのLTV全一覧

投稿日:2018年7月10日 | 執筆者:カナメ先生

不動産バイヤーズローンファンドのLTV全一覧 2018年7月10日時点

案件借手
件数
貸付総額返還元本貸付残高担保評価額現在
LTV
16号3社952,000,00092,000,000860,000,0001,292,000,00066.5%
17号4社585,000,000515,000,00070,000,000783,000,0008.9%
18号2社160,000,00038,000,000122,000,000227,000,00053.7%
19号3社311,000,0000311,000,000410,000,00075.8%
20号2社191,500,00052,000,000139,500,000240,000,00058.1%
21号4社670,000,0000670,000,0001,022,000,00065.5%
22号2社320,000,0000320,000,000434,000,00073.7%

LTVとは?

LTV(loan to value)は「貸出残高÷担保評価額」で求められる指標です。この指標が低いほど安全性(担保売却により全額回収できる可能性)が高くなります。

担保として抵当権設定をしている不動産を売却する場合、評価額通りの価格で売却できることは稀なため、この指標(LTV)が重要になってきます。例えばLTVが70%であれば「評価額の70%の金額で売却しても全額回収できる」ということになります。

ソーシャルレンディング業界では70~80%程度の案件が多いようです。

補足:ごめんなさい。間違えていました。

ここで表示している「現在LTV」は意味のない数値でした。

案件「17号」で考えると、借手件数は4社で、貸付残高が7,000万円です。今回の延滞は1社が対象となるものなので、担保も1社のものしか売却することはできません。

ソーシャルレンディングは「元本一括返済」を採用しているので、基本的に運用期間と共にLTVが下がっていくことはありません。
つまり、全案件のLTVは約75%程度です。

備考

私は「23号・24号」の2案件にも投資していますが、今のところ「分配不能のお知らせ」は来ていません。

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディングへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ
03/22
NEW!
LENDEXがキャッシュバックキャンペーンを実施中!利回り8.0%案件にも注目
03/18 ポケットファンディングが上場企業との資本提携により信頼性アップ
03/16 LENDEX(レンデックス)社長交代の意味を完全解説
03/15 SBISLメガソーラーブリリアントローンファンド(利回り3.0%)の狙いは?
03/15 CREAL(クリアル)の資産運用応援キャンペーンを最大限活用する方法
03/15 ラッキーバンク事件は詐欺なのか?被害額33億円の時系列まとめ
03/14 金融庁がソーシャルレンディング業者に貸付先の情報開示を促す
03/12 SBISLのファンド募集は増えていくのか?利回りは維持できるのか?
03/11 SBISLの人気が凄い!10分で12億円のファンドが完売
03/11 maneoファミリーの運用状況(貸付額・完済額・延滞額)を全掲載
全記事の一覧
一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
ソーシャルレンディング格付けランキング
SBIソーシャルレンディング
Twitter