カナメ先生
大事な資産を年5~7%で安全に増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(18)メリット(9)リスク(8)投資力向上(117)ブログ(461)掲示板運営者紹介
SL事業者ランキング人気事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒
最新ファンド横断比較Pick資産運用シミュレーター本当の利回り計算機事業者お知らせNew

[サイト方針] 高利回りよりも安全性を重視します

当サイトが提唱するソーシャルレンディング投資のスタイルは「安全性重視」です。
その理由について詳しく説明します。

なぜ利回りよりも安全性を重視するのか?

最も大きな理由は「複利の力を活かすため」です。

利回り年数元金最終資産利益倍率
5%20年300万円796万円496万円2.65倍
7%20年300万円1,161万円861万円3.87倍
10%20年300万円2,018万円1,718万円6.72倍

上の表は利回りと利益の関係を表しています。高利回り(10%)の結果に目を奪われてしまいますが、重要なのは5%でも2.65倍になるという点です。

実際に投資で496万円も稼げる人間はほとんどいません。
資産運用シミュレーターを使うとよく分かりますが、利回り5%でも複利の力を活かせばとてつもない資産を築くことができるのです。

利回りを考える際に見逃しがちなポイントは「高利回りを求めて大きなダメージを負ってしまえば複利の力を活かせる権利はほぼ無くなる」という点です。損をすればするほど取り返すために高利回り案件を狙ってしまうため、複利の力を二度と活かせなくなってしまうのです。

5%でもハイリスクだという認識を持ちましょう

本質的にリスクとリターンの相関関係にあります。それを踏まえたうえで考えると、ソーシャルレンディングにおける5%は決してローリスクではありません。期待値で考えれば「株式投資」「J-REIT」と大して変わりません。

優れた投資商品と言われている「個人向け国債・10年物」が表面利率0.09%であることからも、私たちがどれだけ大きなリスクを取っているかが分かります。

10%以上の案件はジャンク債(ガラクタ)と同様に極めて危険なものです。

リスクの高いファンドの可否を議論する必要はない

やはり、高利回り案件というのは気になるものです。10%越えの案件は投資家たちの議論の対象となりますが、私はそういった議論に加わる必要はないと考えています。

それらの案件で得をしようが損をしようが結果論(運)に過ぎないためです。自分の才覚を証明するために、豊かな将来を奪ってしまうリスクを負う必要はありません。

また、案件選択以上に注意したいのがソーシャルレンディング事業者の選択です。みんなのクレジットやラッキーバンクのような事業者で大きく投資してしまえば、全てが無意味になってしまいます。

正解は1つではない

最終的な利回りを決めるのは「表面利回り」「延滞被弾率」「弁済率」です。
5%を選ぶのも、7%を選ぶのも、10%を選ぶのも戦略次第です。

ただし、高利回り案件で担保が固い案件は少ないためリスク(損益の幅)が高くなってしまうことは否めません。以下にシミュレーションを並べてみましたので、自分の狙うラインをしっかりイメージしてください。

表面利回り延滞被弾率弁済率最終利回り
5%1%95%4.93%
5%2%50%3.95%
5%2%90%4.75%
5%3%80%4.33%
5%5%90%4.38%

表面利回り延滞被弾率弁済率最終利回り
7%5%50%4.33%
7%5%70%5.33%
7%5%80%5.83%
7%5%90%6.33%
7%10%50%1.65%
7%10%80%4.65%
7%10%90%5.65%

表面利回り延滞被弾率弁済率最終利回り
10%5%50%7.25%
10%10%50%4.50%
10%15%50%1.75%
10%15%60%3.25%
10%15%70%4.75%
10%15%80%6.25%
10%20%20%▲7.00%

※延滞被弾率は金額ベースです。
※期間ロス、税金は計算に入れません。
※平均半年で被弾したものとします。

ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ

運営者紹介の記事一覧

1 運営者とスタッフの紹介
2 情報共有・問い合わせ
3 サイト更新スケジュール
4 [方針] 安全性重視
5 [方針] 記事を書く指針
6 [方針] 事業者と会わない
7 [方針] 文句は書きません
8 2018年12月の分配金
9 トラブルにあったときの相談・連絡先一覧

一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
[992] no name(2018-11-11 20:54:41)
ある意味、マネオ瀧本憲治が私たちを目覚めさせてくれましたね。
お金を失うよりもビジネスでは信用を失うことのほうが怖い。
浮かび上がれませんから。詐○師の稼得収入はたかがしれています。
そういった意味でマネオや瀧本憲治は将来に向けてお金より大事なものを
失ったと思います。
瀧本憲治は本当に下手打ちました。
[958] no name(2018-11-10 12:10:01)
>5%でもすごい事ですもんね・・・・。

そうなんですよ。
SLは7~10%が当たり前みたいに思われてて、感覚が狂ってきてる。

[957] no name(2018-11-10 12:05:42)
5%でもすごい事ですもんね・・・・。
wealthナビでこの利回りを出そうとしたら、リスク許容度の設定は4か5ですし・・・。
ソーシャルレンディング格付けランキング
SBIソーシャルレンディング
Twitter