カナメ先生
大事な資産を年5~7%で安全に増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(18)メリット(9)リスク(8)投資力向上(123)ブログ(487)掲示板運営者紹介
SL事業者ランキング人気事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒確定申告
最新ファンド横断比較Pick資産運用シミュレーター本当の利回り計算機事業者お知らせ

利回り11.6%!J-REIT市場の大暴落から不動産市場の動向を把握する

投稿日:2020年3月14日 | 執筆:カナメ先生
東証REIT指数の推移グラフ

株式市場と同じくJ-REIT市場も大暴落しています。しかし、詳細を見ていくとタイプごとに大暴落している銘柄とそうでない銘柄が存在します。これらを分析することで、今後の不動産市況やソーシャルレンディングの投資方針を考えてみます。

データは JAPAN-REIT.COM さんを参考にさせていただきました。

J-REITにおけるタイプ別の変動率・平均利回り・平均時価総額

タイプ変動率平均利回り平均時価総額
ホテル型-42.9%8.7%862億円
商業施設型-31.0%6.6%2,434億円
オフィス型-12.9%4.7%2,937億円
ヘルスケア型-10.2%6.0%206億円
住居型-10.1%4.9%1,726億円
物流型5.7%4.6%2,250億円

変動率1位はホテル型です。コロナの影響による観光客の激減、オリンピック(東京五輪)の中止懸念が要因です。ソーシャルレンディングにおいてもホテル開発系のファンドが心配になります。

下落率2位は商業施設型です。商業施設とはショッピングモールや百貨店を指します。売上に応じてテナント料が変動するシステムを採用しているケースもあるため、コロナによる来客減少&営業時間短縮などが影響しています。

3位以下は-10%程度です。日経平均の下落率に比べると小幅となっています。

タイプ別のJ-REIT銘柄詳細(利回り順)

ホテル型
コードファンド名利回り変動率時価総額
8963インヴィンシブル投資法人11.6%-41.5%1,823億円
8985ジャパン・ホテル・リート投資法人8.8%-50.2%1,905億円
3472大江戸温泉リート投資法人8.6%-35.1%127億円
3478森トラスト・ホテルリート投資法人8.1%-37.2%423億円
3287星野リゾート・リート投資法人7.9%-38.0%740億円
3463いちごホテルリート投資法人7.4%-55.0%152億円

商業施設型
コードファンド名利回り変動率時価総額
8964フロンティア不動産投資法人7.1%-35.5%1,552億円
3292イオンリート投資法人6.5%-25.3%1,795億円
8953日本リテールファンド投資法人6.1%-32.1%3,956億円

オフィス型
コードファンド名利回り変動率時価総額
3290Oneリート投資法人6.3%-9.9%583億円
8975いちごオフィスリート投資法人5.8%-27.9%1,131億円
3227MCUBS MidCity投資法人5.4%-22.8%1,345億円
2972サンケイリアルエステート投資法人5.3%-12.4%318億円
3298インベスコ・オフィス投資法人5.2%-7.0%1,346億円
8958グローバル・ワン不動産投資法人4.9%-23.9%928億円
8987ジャパンエクセレント投資法人4.6%-17.8%1,758億円
8972ケネディクス・オフィス投資法人4.5%-17.0%2,674億円
8976大和証券オフィス投資法人4.3%-18.3%3,074億円
3234森ヒルズリート投資法人4.1%-2.0%2,614億円
8952ジャパンリアルエステイト投資法人3.1%3.1%9,156億円
8951日本ビルファンド投資法人2.9%0.7%10,322億円

ヘルスケア型
コードファンド名利回り変動率時価総額
3455ヘルスケア&メディカル投資法人6.8%-16.6%290億円
3308日本ヘルスケア投資法人5.2%-3.8%122億円

住居型
コードファンド名利回り変動率時価総額
3459サムティ・レジデンシャル投資法人7.1%-22.2%448億円
8979スターツプロシード投資法人5.5%-5.2%411億円
8986日本賃貸住宅投資法人5.1%-8.8%1,325億円
3269アドバンス・レジデンス投資法人4.2%-11.8%3,727億円
3282コンフォリア・レジデンシャル投資法人3.9%-6.9%1,819億円
3226日本アコモデーションファンド投資法人3.6%-5.6%2,626億円

物流型
コードファンド名利回り変動率時価総額
3487CREロジスティクスファンド投資法人6.5%-9.1%338億円
3493伊藤忠アドバンスロジスティクス投資法人5.6%-3.0%420億円
3281GLP投資法人4.7%-5.2%4,221億円
8967日本ロジスティクスファンド投資法人4.6%-8.3%1,891億円
3466ラサールロジポート投資法人4.3%23.4%1,786億円
3481三菱地所物流リート投資法人4.0%18.8%904億円
3471三井不動産ロジスティクスパーク投資法人3.7%12.5%1,693億円
3283日本プロロジスリート投資法人3.4%17.0%6,747億円

カナメ先生の見解

これだけ利回りが高いと色々なファンドが気になってしまいます。

[11.6%] インヴィンシブル投資法人(ホテルマイステイズ、シェラトン etc)
[7.9%] 星野リゾート・リート投資法人(星野リゾート)
[7.1%] フロンティア不動産投資法人(イオン名古屋、ららぽーと新三郷 etc)
[6.5%] CREロジスティクスファンド投資法人(物流系)
[5.5%] スターツプロシード投資法人(住居系・プロシード)

インヴィンシブルの利回り11.6%は凄いですね。
しかし、今の時期にホテル系はリスクが高いことも事実です。
CREは「CRE Funding」だと2.5%なので2.6倍の利回りです。

今回のコロナ騒動で「オフィス、住居、ヘルスケア、物流」は底堅い需要に支えられていることが分かりました。

評価A+SBIソーシャルレンディングの公式ホームページ

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディングへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ

ブログの最新記事一覧

NEW!
日経ビジュアルデータが本当に便利!素のデータを見ることで判断力を鍛える
クラウドクレジットの情報発信から今後の投資可否を判断できるのか?
CREALが第9弾大型ファンドの募集を発表!今回は保育園開発プロジェクト
おすすめソーシャルレンディング事業者のランキング [2020年4月版]
クラウドクレジットのファンド全18種類の人気チェック [2020年3月後期]
ブリッジローンとは?ブリッジローンの仕組みや需要を解説
残り11日!セゾンカードの永久不滅ポイント所有者は4,000円得できるチャンス
Rimpleの落選者限定キャンペーンが超豪華!1,000円プレゼント&限定ファンド
クラウドクレジットがbitFlyerとキャンペーン!50万円の投資で3.0%の還元率
LENDEXの顧問にダイビル元社長の玉井克実氏が就任!その狙いは?
全記事の一覧

一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
[7499] カナメ先生(2020-03-16 09:43:34)
> 7155さん
大幅に下落した銘柄ほど(株価が下がったことにより)結果として利回りが高くなっています。
また、現物不動産投資をしていると「新築」「駅近」の物件ほど、利回りが低い代わりに安全性が高い傾向があるので、そういった理由だと思われます。
[7196] no name(2020-03-15 09:01:52)
不動産価格も下がるから資産も減るよ、だから売られてるんだよ。
[7194] no name(2020-03-15 08:58:30)
減配するので今の利回りはあてにならないよ
[7184] no name(2020-03-14 23:17:27)
インヴィンシブルやジャパンホテルリートなど半値近くまで下がっており、解散したとしたら今の株価以上にならないのかと素人目に思ってしまいます。
NAV倍率など0.6くらい。現状のホテルに今の評価額を当てはめて良いのかわかりませんが、試し買いしてみようかなあ。
[7155] no name(2020-03-14 19:41:59)
ここでもやっぱり利回りが高いものほどリスク(下落率)が高い、という風に見えます。
自然とそうなるのでしょうが、なぜ「自然とそうなる」のか?に興味が沸きます。
[7122] カナメ先生(2020-03-14 16:36:07)
たしかにその通りです。
ご指摘ありがとうございます。
出先ですので月曜日に修正いたします。
[7101] no name(2020-03-14 13:37:57)
意味はわかりますが、下落率がマイナスだとプラスになっているように思いえてしまいます
ね。
[7097] no name(2020-03-14 12:25:17)
ありがとうございます。勉強になりました。
ソーシャルレンディング格付けランキング
SBIソーシャルレンディング
Twitter